野球部

2014.09.10

夏季オープン戦 9月7日 早大東伏見グラウンド

オープン戦を白星で締めくくる

TEAM
神奈川大
早大

 前日に惨敗を喫した早大は秋季リーグ戦前最後の実戦となる神奈川大戦に挑んだ。春の全日本大学選手権で準優勝を飾った強豪相手に3回に先制すると、中盤以降も効果的に加点。守っても5投手の完封リレーで相手を寄せ付けず、6−0で快勝した。

 立ち上がりに苦しむ大学日本代表左腕を捕えたのは3回だった。2回まで5四球を得ながら無得点の早大は1死三塁の好機をつくると、打席には武藤風行(スポ4=石川・金沢泉丘)。相手投手と共に代表で戦った主砲が、6球目をはじき返し先制する。続く4、5回にも適時打と暴投で追加点を挙げ、神奈川大を突き離す。投手が代わった8回には道端俊輔(スポ3=智弁和歌山)が2点本塁打を放ち、ダメ押し点を挙げた。

ダメ押しの2点本塁打を放った道端

 先発の大竹耕太郎(スポ1=熊本・済々黌)がこれまで同様、長所を遺憾なく発揮した。1、2回と安打を2本ずつ許しいきなり苦しい場面を迎える。しかしここで持ち味の打たせて取る投球がさえた。いずれも併殺でピンチの芽を摘み取り、相手に流れを渡さず。以降は落ち着きを取り戻し、4回まで安打を1本も許さないまま救援陣にマウンドを譲った。

 前日の悪い流れを引きずることなく、夏季オープン戦を勝利で締めくくることができた。しかし攻撃面では不安も残る。序盤の好機を生かしきれず、接戦となる試合が少なくなかった。好機での集中力————。一つの大きな課題を1週間の準備期間で解消し、勝負の秋へ挑みたいところだ。

(記事 盛岡信太郎、写真 川口真由)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。