野球部

2014.09.10

夏季オープン戦 9月3日 早大東伏見グラウンド

土壇場で勝ち越し無敗守る

TEAM
早大
城西国際大

 夏季オープン戦(オープン戦)も佳境に入り、9試合目を迎えた。城西国際大との試合は前日同様中盤までリードを許す苦しい展開に。しかし終盤の2度の代打策が奏功し、連日の逆転勝利を収めた。

 2回に先制点を挙げた早大打線。しかし相手の変則投手に対し攻略の糸口を見いだせないまま追加点を奪えない展開が続く。重苦しい雰囲気の中、試合の流れを変えたのは代打男・山口寿明(スポ4=大阪・早稲田摂陵)だった。2死走者なしから登場すると、初球を強振。打球は右翼ネットを鋭く突き刺す同点本塁打となった。最終回には1死一、三塁から代打の小野田俊介(社4=東京・早実)が左中間のフェンス際まで届く大きな犠飛を放ち、勝ち越しに成功。土壇場で意地を見せた。

代打で犠飛を放った小野田

 投げては成長著しいルーキー左腕が好投した。2点ビハインドの5回から2番手として大竹耕太郎(スポ1=熊本・済々黌)が登板。3イニングを投げ許したのは内野安打1本のみ。打者9人で抑える堂々の投球で流れを呼び込んだ。

 ここまでオープン戦9試合を戦い、6勝3分け。劣勢でも集中力を切らさず、持ち前の粘り強さで連勝を重ねている。10連勝での完全優勝を目指す早大にとって、現段階でのチーム形成は順調だ。いざ勝負の秋へ―—。最後まで成長は止まらない。

(記事 盛岡信太郎、写真 末永響子)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。