野球部

2014.09.10

夏季オープン戦 9月2日 早大東伏見グラウンド

終盤の逆転劇で社会人に勝利

TEAM
早大
Honda

 岐阜での全早慶戦を終え、帰京した早大は社会人の強豪・Hondaと対戦。序盤こそリードを許すも、7回に3本の長短打を集め、見事に逆転。リードを得た後は吉永健太朗(スポ3=東京・日大三)の好投で逃げ切り、3−2で価値ある逆転勝ちを収めた。

 終盤の集中力が光った。相手先発の福島由登の前に、6回まで犠飛による1点に抑えられていた打線。7回、先頭の河原右京(スポ3=大阪桐蔭)が三塁打で出塁すると、代打の道端俊輔(スポ3=智弁和歌山)が前進守備の二遊間を破る適時打を放ち同点に。2死後、代走が二塁へ進むと重信慎之介(教3=東京・早実)が三塁打を放ち逆転した。打ったのはいずれも3年生。上級生の意地が試合を決めた。

殊勲打を放った重信

 一方で不安が残ったのがエース有原航平(スポ4=広島・広陵)の状態。3回を投げ、毎回得点圏に走者を背負う苦しい投球。初回に野手の失策、3回には4番の適時打により失点し、試合をつくれず3回で降板した。今夏2度目の登板であったが、球速、制球共に本調子まではあともう一段階といったところか。対照的だったのは吉永健太朗(スポ3=東京・日大三)。3イニングで5奪三振の快投で試合を締めた。

 各地での遠征も終え、疲れも癒えてきた選手たち。厳しい状況の中で実戦を重ねてきたその成果が徐々に現れてきている。実力者そろう社会人相手に接戦を制し、夏季オープン戦も残すところあと3試合。粘り強く戦うワセダの野球に磨きをかけていきたい。

(記事 盛岡信太郎、写真 末永響子)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。