卓球部

2014.09.10

秋季関東学生リーグ戦 9月9日 東京・駒沢体育館

粘り強く戦い、無敗を守る

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)、ここまで負けなしと勢いに乗る早大女子部。3日目を迎えたきょう、大正大、日大と対戦した。1試合目の大正大戦では、1番手として起用された小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)が強敵相手に競り勝つと、そのまま団体スコア4―0のストレート勝ちを収めた。午後に行われた日大戦では、1試合目を先取したものの2試合を立て続けに取られるなど一時リードを許すが、その後の試合では各選手粘り強い戦いを見せ、団体戦スコア4―2の勝利を果たした。

強敵相手に今季リーグ戦初白星を挙げた小道野

 この日も1番手として起用された小道野。強敵相手に第1ゲームこそ先取するも、追いつかれて2―2の最終ゲームまでもつれ込む接戦となる。迎えた最終ゲームも一気に5点を先制される苦しい展開。しかし、「できることを一つずつやっていこう」と、屈することなく着々と点を重ね逆転勝利しチームに勢いをもたらした。続く2番手、鳥屋真帆(社1=高知・明徳義塾)は「サービスで相手を崩して3球目」と自負する多彩なサービスで相手選手を翻弄(ほんろう)。相手に付け入る隙を与えず3―0のストレート勝ち。自身、リーグ戦初勝利を決めた。その後のダブルス、シングルスでも勝ち団体戦スコア4―0と、この日1つ目となる白星を手にした。

 2試合目の相手は日大。前の試合に続き、1番手を任された小道野がこの日2勝目を挙げるが、2番手・佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)がフルゲームの末敗れると、今季リーグ戦負けなしの高橋結女(スポ3=新潟産大付属)・小道野ペアのダブルスも敗れ、団体戦スコア1-2とリードを許してしまう。しかし、ここで流れを変えたのがダブルスに続き起用された高橋。「勝ったことがなかった相手」と、苦手とするカットマンに苦戦を強いられるも、粘り強く返し相手のミスを誘い、この試合貴重な勝利をつかむ。続く森美紗樹女子主将(スポ4=高知・明徳義塾)・小室奈緒(スポ4=栃木・真岡女)ペアのダブルスでも勝ち、4番手・田中千秋(スポ1=愛知・愛み大瑞穂)も打ち合いとなったラリーをものにし勝利。団体戦スコア4-2と白星を積み重ねた。

ポイントを取り、ガッツポーズする高橋

 「どの試合も負けてもおかしくない試合」(森)。実力伯仲の混戦の中、いまだ無敗で突き進む女子部。「一人一人の意識の高さ」と、数々の接戦をものにした理由がチーム力にあると語った森主将。明日はいよいよ強豪、東京富士大、専大との大一番が控える。果たして、激戦を制することはできるのか。

(記事 久保田有紀、写真 豊田光司、山辺剛士)

結果

対大正大 ○4―0

○小道野3―2姜赫煜

○鳥屋3―0柴田佳奈

○小道野・高橋組3―0大井奈都美・富川亜加理組

○高橋3―1富川

対日大 ○4―2

○小道野3―2宮内玲菜

●佐藤風1―3遠部倫子

●小道野・高橋組1―3向山佳歩・原沙也加組

○高橋3―2市川志穂

○森・小室組3―0佐野萌子・黄佳陽組

○田中3―1向山

コメント

森美紗樹女子主将(スポ4=高知・明徳義塾)

――ダブルスではストレート勝ちでしたが振り返っていかがでしたか

自分と小室(奈緒、スポ4=栃木・真岡女)が組んで相手のペアとはやったことがなくて。初めてということもあって、不安な気持ちもなく向かって行く気持ちでいけたのが一番の勝因かなと思います。

――ここまで全勝ですがその点についてはいかがですか

きょうの日大戦も、大正戦であっても、本当にどの試合でも負けてもおかしくない試合があったのですが一人一人が意識を高く持っていました。もちろん試合に出ているメンバーもですが、応援しているメンバー、サポートしてくれている人も最後の一球まで諦めずに応援して、みんなを信じている姿を見て、試合に出ている人も頑張ろうと思えている。チーム一丸となっている姿が現れているのかなと思います。

――秋のリーグ戦では1年生の活躍も目立ちますが

1年生であまり経験がない分思い切ってできると思いますし、来年から生かせると思うので。下に頑張ってもらえると上も励みになるのですごく嬉しいです。

――あしたがヤマ場になりますが、意気込みをお願いします

あしたの東京富士大と専大もどっちが勝ってもおかしくない試合で、1試合目から激戦が続くと思います。いままでは相手に押し切られた場面があったりだとか、ちょっと気持ちに不安があるところを相手に突かれて押し切られてしまったりとか1試合2試合があって結果的に負けてしまうことがあったのですが、いまのチームでは勝てると思うので、あしたもまた全員で全力でぶつかっていきたいです。

小室奈緒(スポ4=栃木・真岡女)

――きょう2戦全体を振り返っていかがでしたか

1試合目は出番がなかったですけど、1番で小道野(結、スポ3=神奈川・横浜隼人)が2―2の4―8ぐらいから逆転してくれて、それでチームに良い流れができたと思います。それで5番で出る準備はしていたんですけど、高橋(結女、スポ3=新潟産大附)も良い試合をしてくれました。2番の鳥屋(真帆、社1=高知・明徳義塾)も今回初出場ですごく緊張はしていたんですけど、すごくサーブレシーブが良くて、良い流れで勝てたという感じですね。2試合目は、また小道野が接戦を勝ってくれていたんですけど、2番とダブルスを落として、高橋はカット打ちが苦手だったので1―3で回ってくるかなと思って準備していたんですけど、勝ってくれて2―2で回ってきたので気持ち的には楽でした。

――日大戦では、序盤苦戦してしまいましたが相手の印象はいかがでしたか

やはり小道野がすごく研究されているなというのはありましたね。また試合がシングルスやってダブルスやってと連戦で、すごく疲れがたまっていたのかなというふうに思います。

――ダブルスではきのうに続いて見事勝利されました

さっきのダブルスは本当に森(美紗樹、スポ4=高知・明徳義塾)のボールが効いていたという感じで、私はひたすら入れるだけという感じですね。

――あしたはまた強い相手との試合となります

きょう以上に厳しい戦いになるとは思うんですけど、チーム一丸となってやっていきたいです。もちろん私もダブルス、シングルス起用されたら全力で頑張りたいと思います。

――リーグ戦優勝も見えてきていますね

これからが一番厳しい3戦だと思うので、勝って兜の緒を締めるじゃないですけど、また一戦一戦頑張りたいと思います。

小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)

――大正大戦のシングルスを振り返っていかがでしたか

大正大戦も1番手で出させてもらって、その前の2試合も1番で出て2敗していて、今回も苦しい中での試合でした。でも最後まで勝ち負けを気にしないで自分のできることを一つずつやっていこうと思ったら結果的に勝てたので、自信につながる一試合だったのではと思います。

――最終ゲームも開始から5点のビハインドを背負っての逆転でした

最終セットは出だしが悪かったんですけどそこまで点数を気にしないで、戦術などできることを一つずつやっていこうと思ったら挽回していたという感じだったので、そう考えられたのが良かったのかなと思います。

――相手選手の印象はいかがでしたか

強い選手だというのはもちろん分かっていたんですけど、向こうが思っていたよりもボールを飛ばしてこなくて、その緩急に最初は合いませんでした。最後はそれに気付いて対応できたので良かったです。

――ここまで1番手での出場が続いていますが、強い選手と当たることの多い1番手に対して責任感などはありますか

そうですね。2回負けても今回1番手で出させてもらったので、勝ち負けも気にしていたんですけど、それよりも盛り上げてできることをやろうと思いました。その役割は少し果たせたかなと思います。

――きょうシングルスで初勝利を飾り、ほっとした部分もありますか

はい、自信にもなりましたし、ほっとしました。

――大正大戦のダブルスでは開幕から3連続のストレート勝利を飾りましたが、調子はいかがですか

二人とも調子はすごく良くて、ダブルスはそこまで気にしていなかったんですけど、1セットも取られていなかったということで逆に勝ちを意識してしまいすぎてやることができなかったかなという感じです。でもきょうの日大戦での1敗がマイナスではなくてあしたへつながる1敗だと思うので、ダブルスも勝ち負けを気にせずこれから頑張っていけるんじゃないかなと思います。

――日大戦のシングルスでは2ゲームを先取しながらその後フルゲームまで持ち込まれてしまいました

2セットを連取して、ここまでずっと試合が続いてきて試合中に安心してしまいました。それでどんどん試合の展開が変わっていってしまいました。その中でも勝つことができたのは良かったんですけど、やはり最後まで集中力を切らしてはいけないなと思いました。

――ダブルスはまさかの敗戦でしたが、油断があったということですか

そうですね。シングルスもそうですけどダブルスは特に油断と、噛み合なかったときにどうするかというのがあります。ずっと噛み合っていた中でやっていたので、その対応ができなかったなと思うので、ここからまた修正していけたらいいなと思います。

――きょう全体を振り返っていかがでしたか

自分自身のコンディションも良いですし、チームの雰囲気もすごく良くて、みんな一人ずつが調子も良くて自分のやることができていると思います。あすからが本番で、厳しいと思いますが、一人一人ができることをして、勝ちにつながればいいなと思います。

――あしたへの意気込みをお願いします

あしたの2戦を勝つことができれば優勝に近づくことができると思います。でも今までみたいにうまくはいかないし苦しい試合が多くなると思うんですけど、ここから
もう一度気を引き締め直して、どこで出してもらっても自分の卓球ができるように頑張りたいと思います。

高橋結女(スポ3=新潟産大附)

――大正大戦を振り返っていかがですか

4―0だったのですが苦しい場面も多くて、みんなで力を合わせて取った結果このような結果に終われたので良かったと思います。

――日大戦を振り返っていかがですか

3番でダブルスを落としてしまって少し流れが悪くなってしまったと思ったのですが、4番で粘って自分が取ることができてそこからチームのみんなも続いて勝ちを積み重ねてくれたので良かったと思います。

――ダブルスは2、3ゲーム目でジュースを取り切れませんましたが、原因は何だったのでしょうか

競ったところで思い切ったプレーができなかったかなというのがあって、相手の方が強気だったかなと思います。

――シングルスは先に2ゲームを先取されましたが、その時の心境を教えてください

市川さん(志穂)には勝ったことがなかったので、焦って打ちにいってしまっていたので無理をしないで相手に打たせるというのも戦術の中に入れていったら相手も調子が狂ってきたのでその勢いでできたので良かったのかなと思います。

――試合の中で攻めの姿勢が見られましたが

相手も団体戦で勝ちたいという気持ちがあって向かってくるので、こっちも弱気になったら弱気なプレーしかできないと思いました。あと3年生で学年が上なので強気な姿勢で戦ってそれを後輩に受け継いでいってほしいなという気持ちでやりました。

――次戦への意気込みをお願いします

あすから春に負けた相手とやるので挑戦者の気持ちで頑張りたいと思います。

佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

試合的には勝ち試合だったと思うんですけど、自分の中でのメンタル面がちょっと弱いなと思いました。

――午前の大正大戦はオーダーから外れましたが、そのことについてはどのように言われていたのですか

大正大戦は休んで次の日大戦に備えてと言われていたので、その日大戦で頑張ろうと思って待っていました。

――大正大戦での仲間のプレーはどのようにご覧になりましたか

みんな一戦一戦大変だったと思うんですけど、チーム一丸となって勝つことができたので4―0という結果になったんだと思います。

――日大戦では1ゲーム目は大きくリードした後相手に逆転を許しましたが、相手に途中で変化などはありましたか

自分がリードしていて特に相手は何も変えてこなかったんですけど、その分1本ずつ取られる事に自分が弱気になって、焦りも出てきて追い付かれてまくられたんだと思います。

――2ゲーム目、3ゲーム目は真逆の展開となりましたがその後の展開についてはどのように考えていますか

だいぶ向こうのボールにも慣れてきたんですけど、やっぱり1本1本が大事でその大事な1本を取ろうとして簡単なミスが出たことが敗因かなと思います。

――あした以降のチームやご自身の戦い方についてお願いします

あしたからの方がもっときょうよりも苦しくなると思いますし、厳しい試合も続くと思うんですけどチームみんなで頑張って1点ずつ勝っていきたいです。

田中千秋(スポ1=愛知・愛み大瑞穂)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

とにかく長いラリーが続いて、とりあえず勝てて良かったと思います。

――1ゲーム目相手を圧倒して2ゲーム目は点差を離されましたが

1ゲーム目は相手が本調子でない状態ですんなり勝てたのですが、2ゲーム目は自分のボールに合ってきてうまく調子を上げてきたので自分が先に崩れたのかなと思います。

――3ゲーム目はジュースと競った展開となりましたが

相手もラリーがとてもうまい選手で、力の差も互角で一本でも多く相手の台に返すことを考えました。

――開幕から負けなしでチームの雰囲気はいかがですか

1番から勢いがあっていい流れで来てると思います。

――次戦への意気込みをお願いします

あしたは強敵ですがいままで通り自分たちのプレーをしたいと思います。

鳥屋真帆(社1=高知・明徳義塾)

――リーグ戦初勝利でしたが、感想はいかがですか

前回春の時にリーグ戦に出させていただいたのですが、空気に飲まれてしまって自分のプレーができなかったのですが、秋では周りに流されることなく自分のペースでやることを心掛けて一本一本やることが良かったのかなと思います。

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

相手が左利きということもあって、左利きは得意な方なので、そんなに相手が嫌ではなかったのと、練習してきたことを出そうという気持ちでやりました。

――サービスからの得点が多く見られましたが、ご自身の得意なかたちはどのようなものでしょうか

自分は投げ上げでサーブを出すのですが、サーブで相手を崩して3球目が自分の得意なパターンなので、そこに結び付けながら相手のミスを誘ったことで相手もレシーブミスが多かったので勝利につながったのかと思います。

――今後強化していきたいところは何ですか

レシーブミスが多かったので、突然のサーブに対して。特に長いサーブがミスが多かったのでそれを入れることと、コースを突いてからラリーで勝てるようになりたいです。