卓球部

2014.09.10

秋季関東学生リーグ戦 9月9日 東京・駒沢体育館

冷や汗…逆転劇で3連勝!

 前日に秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)初勝利を挙げた早大。優勝戦線に踏みとどまるべく1敗も許されない状況の中、3日目に挑んだ。まず行われた筑波大戦では団体戦スコア4―1で快勝を収めるも、続く日大戦ではポイントに伸び悩む。0―2で重苦しい雰囲気すら漂ったが、山本勝也(スポ3=石川・遊学館)らの活躍で巻き返し、4―2で3連勝とした。

今季リーグ戦初勝利を挙げた竹岡

 筑波大戦、1番手として登場したのは山本勝。前日の駒大戦同様、相手を圧倒する戦いぶりで3ゲーム目では7連続ポイントを挙げるなどストレート勝ちでチームに活力を与える。団体戦スコア1―1から登場した竹岡純樹(スポ1=青森山田)も、出どころが見えづらく変化を十分に効かせたサーブを中心に、ラリーでも安定したプレーで対応し、ポイントを重ねる。第3ゲームこそ落としたものの、終始ペースを握り竹岡は今季リーグ戦初勝利を挙げた。続くダブルス、5番手の大島祐哉(スポ3=京都・東山)も勢いそのままに強気な攻撃を展開し、筑波大に完勝。力の差を見せつけた。

 苦戦を強いられたのは午後に行われた日大戦。オーダー変更で1、2番手を任された上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)、藤原康明(社3=埼玉・狭山ケ丘)が共にフルゲームの末に敗れ、立ち上がりから暗雲が立ち込める。勝利への不安が襲う中、またもチームに流れを呼んだのは山本勝だった。ゲームカウント1―2と追い込まれるも、「自分から攻めないとチームの雰囲気も良くならない」(山本勝)と攻めの姿勢を一貫。その意識が実り、11―4、11―2と圧倒し、反撃ののろしを上げる。続くダブルスでも状態が良くないという中でも互いの連係が光る。フルゲームの大接戦でも、「断ち切れるだけの練習をしてきた」(大島)と動揺なし。最後は運も味方につけるネットインもあり、息詰まる攻防を15―13で物にした。

接戦を制し、早大の勝利をたぐり寄せた大島・上村(左)組

 団体戦スコア2―2と追い付いた早大。促進ルールにより同時に行われた大島、竹岡のシングルスを共にストレートで制し、見事な逆転勝ちでヤマ場となるあすへと弾みをつけた。いよいよ迎え撃つのは中大、明大。春に敗れた二大学を相手にいかなる戦いを見せるか。威信を懸け、最大の敵に立ち向かう。

(記事 盛岡信太郎、写真 藤川友実子、三井田雄一)

結果

対筑波大 ○4―1

○山本勝3―0平野佑治

●上村0―3片岡弘紀

○竹岡3―1塩入彬允

○大島・上村組3―2斎藤稜馬・片岡組

○大島3―0斎藤

対日大 ○4―2

●上村2―3後藤卓也

●藤原2―3町口智哉

○山本勝3―2西村馨史

○大島・上村組3―2後藤・渡邊大地組

○竹岡3―0吉田和也

○大島3―0大塚大寛

コメント

大島祐哉(スポ3=京都・東山)

――きょうのチーム全体の結果についてはどう思われますか

チームとしては苦しかったですが2勝できたというのはあしたの試合に向けていい流れができたのではないかと思います。チームとして上村君(慶哉、スポ1=福岡・希望が丘)がシングルスであまり勝てていないというのは不安がありますがそれ以外の選手はいいと思います。

――1試合目と2試合目でオーダーが大きく変わりましたが、その意図を教えてください

上村君の前半というのは決めていて、(山本)勝也(スポ3=石川・遊学館)と上村が前半でいくという今回のリーグ戦の戦い方を駒澤体育館に入ってからしているので、竹岡(純樹、スポ1=青森山田)を下げたというのはカット打ちの部分ですね。できるわけではないのですがそれなりには打てるのでそこで下げたというのはありましたね。町口選手(智哉)には勝ちたかったのですが、藤原君(康明、社3=埼玉・狭山ヶ丘)が負けてしまったので痛いなとは思いましたがオーダーとしては狙い通りにいけてると思います。

――筑波大戦でダブルスで対戦した片岡弘紀選手は高校の後輩ですが、プレーに影響はありましたか

やはりちょっと意識する部分はありますね。1年と3年で高校の時も被っていて仲良くしていたので試合をやりにくいとかではないですけどちょっと良いボール決めてやろうかなとか格好つけてやろうかなとかいう部分が出ちゃいましたね。

――チームが2敗しプレッシャーがかかる中でしたが

いつもプレッシャーがかかってダブルスをやっているのであまり気にしてなかったのですが、ゲームオールになって最後競ってネットインが入って勝ったのでラッキーかなと思いましたし、そこで断ち切れるというだけの練習をしてきたという自信はあったのでそれが実って良かったです。

――日大戦のダブルスはフルゲームの大接戦となりましたがお互いにどんな言葉を掛け合いましたか

レシーブにちょっと不安があるみたいなのでそこに関しては僕がカバーしてなんとかするからという声を掛けるようにして、ダブルスをやってる時にも結構話をしていたので良かったと思います。

――ダブルスの状態はいかがですか

正直言ってあんまりは良くないですけど、試合になったら良いも悪いも関係ないので競ってもとりあえず勝たないといけないかなと思います。

――シングルスの試合を振り返っていかがですか

シングルスとしてはすごいいい感覚でできているので状態は良いですね。

――次戦への意気込みをお願いします

中大とメイジは春に負けているので思い切ってやるというところと、やはりオーダーが勝負だと思うのでいいオーダーになるというのが勝つ上で1つポイントになるというのと、あと上村君のシングルスがポイントになるかなと思います。メイジは丹羽君(孝希)が出ていないし森園君(政崇)が出ていないし、二人出ていないというのはすごいチャンスがあると思うのでこのチャンスを逃さないようにして勝ちたいと思います。

藤原康明(社3=埼玉・狭山ケ丘)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

きょうは負けてしまって、途中良かったとは思うんですけど、最後の最後で結構パニックになってしまったりとか自分の試合ができなかった気がします。

――特に良かったのはどういったところにありましたか

0―2から2―2に持っていったのは結果的に良かったところで、あとは精神的にもまくろうという気持ちが結構あったのは良かったなと思いますね。

――最後どういった場面でパニックになってしまったのでしょうか

ずっと効いていたサーブを最後の最後に変えてしまったところですね。

――あした以降に向けて意気込みをお願いします

自分の卓球というものをちゃんと再確認して、長所を生かして頑張りたいと思います。

山本勝也(スポ3=石川・遊学館)

――目標通りの2勝を挙げることができました

2戦目は0―2で回ってきてしまって、危ない展開だったので何とかそこをチームで持ちこたえることができて良かったです。

――その日大戦では0―2の劣勢で意識していたことはありますか

やはり相手の雰囲気に飲まれていると自分でも感じていて、競った場面でも自分が凡ミスをして点を取られてしまったので、あまり良くないなと感じていました。そこから思い切って自分のプレーをすることができたので、4、5セット目でしっかりと挽回できました。

――やはりきのうより攻めていく姿勢があったように見受けられました

そうですね。やはり劣勢だったので自分から攻めないとチームの雰囲気も良くならないと思っていたので、攻めていこうと心掛けました。

――3番手ということで0―2で回ってくることは想定していましたか

頭の中にはある程度あったので、準備はできていました。

――特に自分の中で良かったというプレーなどはありましたか

特にこれというプレーはなかったのですが、プレーの内容として相手に押されなかったということですね。いままでは相手に押されたまま負けてしまう試合が多くあったのですが、そこをはねのけて勝てたことが大きかったです。

――山本勝選手が勝ったことで次のダブルス以降も流れを引き寄せられたと思います

ダブルスもすごく苦しかったのですが、あれを勝ったことによって流れが完全にこっちに来たので良かったです。

――一方で筑波大戦は1番手で快勝を収めました

やはりチームの流れを左右するポジションなので、緊張したのですがその中で3―0で勝てて良かったです。(1番手は)一番気持ち良く戦えるので、プレッシャーとかはなかったです。

――中大戦、明大戦とヤマ場を迎えるあすへ向けて意気込みをお願いします

まずは中大にしっかりと勝って、そのままの勢いで明大戦で勝ちたいです。

――あす戦う上でのカギは何でしょうか

ダブルスが今大会は前回に比べてあまり調子が良くないので、ダブルスでしっかり勝つということですね。そして、大島(祐哉、スポ3=京都・東山)はやはり得点できると思うので、あとは自分や1年生があすからはより重要になってくると思いますし、ポイントを重ねていきたいです。

上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)

――きょうのシングルス2戦を振り返っていかがでしたか

1試合目も2試合目もレシーブがあまり良くなくて、負けてしまいました。2試合目は結構ラリーも続いて自分なりに良いプレーもできたんですけど、やはり最後は相手の方がレシーブとかサーブの面で上だったので、そういった差だったと思います。

――日大にはどのような印象を持っていましたか

日大のイメージはやはり後藤さん(卓也)が強くて。僕の中では1番で出させてもらって後藤さんとやって勝ちたいなと思ったんですけど、負けてしまいましたが良い経験になりました。

――ダブルスでは競った試合になりましたが振り返っていかがでしたか

相手のチキータが強力で、なかなか先手を取ることができなくて、自分たちの展開にあまり持っていくことができなかったんですけど。その中でも、粘り強く戦って、最後はラッキーなポイントもあったんですけど、勝てて良かったと思います。

――5ゲーム目は長いジュースとなりましたがどういう気持ちで戦っていましたか

出だしからあまり点差が付かなくて、リードしたいとは思っていたんですけどなかなか思い切ってやることもできなかったので。最後は僕たちのラッキーのポイントで勝てたと思います。

――ダブルスの勝利で良い流れになりましたね

そうですね、そう思います。

――あすはメイジとの試合もありますが、意気込みを効かせてください

僕はいままでシングルスで1勝しかしていないので、あしたの2試合で貢献できるようにきょう反省したいと思います。

――ダブルスの調子はいかがですか

悪くはないんですけど、やはり相手も研究して嫌なところを突いてきますし、でもその中で勝っていかないと上のレベルを目指せないと思うので、頑張ります。

竹岡純樹(スポ1=青森山田)

――シングルス1試合目ではリーグ戦初白星をあげましたが、振り返っていかがですか

1勝できたら楽になると思っていたので、勝てて良かったです。サーブが効いたので楽に試合ができました。

――1、2ゲーム目は相手を圧倒しながらも3ゲーム目は失ってしまいましたが、原因は何だったのでしょうか

相手も考えてくるので、僕がロングサービスを出された時にチキータにいけなくて対応できなかったところが敗因だと思います。

――2試合目を振り返っていかがですか

回ってくるとは思っていなかったのですが、僕が勝って早く終わらせて帰ろうと思いました。

――チーム全体の結果についてはどう思われますか

みんな調子が良さそうなのでいいと思います。

――連日試合が続きますが、状態はどうですか

ちょっと疲れますがしっかり寝て頑張ります。