相撲部

2014.09.09

第63回東日本学生リーグ戦 9月6日 東京・靖国神社相撲場

リーグ戦3位入賞ならず、課題残る

 前回の東日本学生個人体重別選手権では、誰もが満足のいく表情を見せなかった。夏合宿を経て、全員が新たな気持ちで臨んだ東日本学生リーグ戦。目標は1部リーグ昇格、最低でも3位入賞を狙っていたが格上に勝ち切れず4勝3敗。2部リーグ4位に終わった。

相手を押し出す本田

 互角と称される慶大とは初戦での対決となった。先鋒を務める前川晋作(社2=東京・早実)は身体を大きくたたき気合十分で臨のだが、相手と力が拮抗(きっこう)し行き詰まった状態が続く。しかし一瞬の隙を突かれまわしを取られると、最終的に相手の寄り倒しで敗れ悔しい表情を見せた。続く同好会所属の中田敦志(社2=埼玉・大宮)もなすすべなく寄り倒される。いきなりの2連敗という悪い流れを断ち切ったのは谷本将也(スポ1=鳥取城北)であった。落ち着いた攻撃を繰り出し早大の初白星を飾る。四陣・小山雄太(スポ2=神奈川・向の丘工業)は勢いよく攻めるも押し出され3つ目の黒星がつくも、鬼谷智之(スポ1=愛知=愛工大名電)はすくい投げで、堀越豊輝(スポ1=東京・足立新田)、本田煕誉志(社1=大分・楊志館)は押し出しで相手を圧倒し、4勝3敗で宿敵慶大に勝利した。

前に出て積極的に攻める堀越

 しかし強豪校に対しては歯が立たない試合が続く。二回戦の大東大戦で谷本は激しい押し相撲を繰り広げるが隙を狙われ寄り切られた。法大戦では鬼谷が勢いよく押し出すも突き返されてしまう。大東大、法大には2勝5敗、中大には攻撃の隙も与えられず全敗。手ごわい相手に対しても勇猛果敢に挑んだ早大だったが、完全に実力の差を見せつけられる結果となった。一方3回戦の立大戦では本田は立ち合いから一押しで圧勝、前川は完全に自分に優勢な状況に持ち込み決まり手は押し出し。立大と東大には6勝1敗、埼大には5勝2敗と好成績を残した。開始5秒で相手を土俵の外に押し出す場面も多く見受けられ、「夏合宿では下半身を鍛えるトレーニングをしてきたので、前に出る力がついてきた」(堀越)と語るように攻めの相撲を見せた。

 3位入賞という目標は達成できなかったが、今大会は1年生の活躍が著しく新たな光を見ることができた。初戦の慶大戦で4つの白星を飾ったのは、谷本、鬼谷、堀越、本田といずれも1年生。「筋肉増加など全てをみんなで鍛え、1部に昇格してそこで上位を目指したい」(鬼谷)と今後への意気込みも十分だ。2カ月後の全国学生選手権では成長した姿を見せてくれることだろう。

(記事 中村ちひろ 写真 平岡櫻子、平川さつき)

結果

一回戦 対慶大 4勝3敗

先鋒 ●前川弐段(寄り倒し)樋口参段○

二陣 ●中田敦志(寄り倒し)嶋田弐段○

三陣 ○谷本参段(押し倒し)谷口初段●

中堅 ●小山弐段(押し出し)飯塚参段○

五陣 ○鬼谷参段(すくい投げ)薮本弐段●

副将 ○堀越初段(押し倒し)時田参段●

大将 ○本田弐段(押し出し)平野初段●



二回戦 対大東大 2勝5敗

先鋒 ●前川弐段(引き落とし)鈴木四段○

二陣 ●中田敦志(寄り切り)市川初段○

三陣 ●谷本参段(寄り切り)佐藤参段○

中堅 ●小山弐段(突き出し)谷合弐段○

五陣 ●鬼谷参段(押し出し)里館参段○

副将 ○堀越初段(押し倒し)大久保弐段●

大将 ○本田弐段(押し出し)佐藤初段●



三回戦 対立大 6勝1敗

先鋒 ○前川弐段(押し出し)宮川賢志●

二陣 ●中田敦志(けたぐり)成田翼○

三陣 ○谷本参段(押し出し)大峡亘●

中堅 ○小山弐段(押し倒し)細川輝司●

五陣 ○鬼谷参段(押し出し)小林剛●

副将 ○堀越初段(押し出し)太田敬秀●

大将 ○本田弐段(押し出し)野口初段●



四回戦 対中大 0勝7敗

先鋒 ●前川弐段(突き落とし)山本弐段○

二陣 ●中田敦志(押し出し)近平弐段○

三陣 ●谷本参段(寄り切り)内山参段○

中堅 ●小山弐段(押し倒し)寺田四段○

五陣 ●鬼谷参段(寄り切り)矢後参段○

副将 ●堀越初段(押し出し)吉本参段○

大将 ●本田弐段(寄り倒し)中嶋四段



五回戦 対法大 2勝5敗

先鋒 ●前川弐段(押し出し)大塚弐段○

二陣 ●中田敦志(押し出し)岡田初段○

三陣 ●谷本参段(突き落とし)白川参段○

中堅 ●小山弐段(下手出し投げ)小賀坂弐段○

五陣 ●鬼谷参段(押し出し)野上初段○

副将 ○堀越初段(押し出し)高木弐段●

大将 ○本田弐段(押し出し)長谷川参段●



六回戦 対埼大 5勝2敗

先鋒 ○前川弐段(つり出し)関健吾●

二陣 ●中田敦志(下手投げ)宮岡大祐○

三陣 ○谷本参段(不戦勝)●

中堅 ●小山弐段(引き落とし)金子真太郎○

五陣 ○鬼谷参段(突き落とし)中谷一貴●

副将 ○堀越初段(不戦勝)●

大将 ○本田弐段(押し出し)庄司尚志●



七回戦 対東大 6勝1敗

先鋒 ○前川弐段(押し倒し)遠矢浩気●

二陣 ●中田敦志(下手投げ)山崎朋滉○

三陣 ○谷本参段(押し倒し)柳瀬初段●

中堅 ○小山弐段(押し出し)池田拓矢●

五陣 ○鬼谷参段(押し出し)真栄平初段●

副将 ○堀越初段(押し出し)伊藤寛基●

大将 ○本田弐段(押し出し)黒宮寛之●



コメント

前川晋作(社2=東京・早実)

――試合を振り返っていかがでしたか

きょうは本当に駄目でした。

――1年生の活躍に助けられた部分が多く見受けられましたがいかがでしたか

チーム全体としては1年生が入って助けられたところはあったので、チーム全体としては良い流れになっているとは思うのですが先鋒の自分が負けてしまい、後輩に助けられている状態でした。

――きょうの試合の最も大きな敗因は

まず、自分の相撲が取れていないことです。勝てない相手ではなかったので試合でしっかり自分の相撲が出せなかったことが原因だと思います。

――榊原祥孝主将(社3=千葉・専大松戸)が欠場の中、どのような気持ちで試合に臨まれましたか

2年生として自分たちで盛り上げていきたいと思ったのですが、自分が流れを作れません。

――夏合宿でどのようなトレーニングを中心にされましたか

主に筋トレで他にはダッシュやウエイトトレーニングをして、全体的に筋力と体力をアップできたと思います。

――今回夏合宿でのトレーニングは生かせましたか

自分は全く生かせなかったです。

――リーグ戦ということで試合数が多かったですが得たものはありますか

1年生は良い相撲が多かったので良い経験ができたと思いますが、自分としては勝てる相手に勝てなかったので、良いところはなかったです。しかし、これも一つの経験として今後しっかり試合で勝てるようにしていきたいです。

――全国学生選手権(インカレ)へ向けて改善していきたいことは何ですか

勝ちにこだわる試合ができるように練習でも勝ちにこだわっていきたいです。

――インカレへ向けての意気込みをお願いします

団体戦で2部ベスト4に入って1部との入れ替え戦に出場したいです。

小山雄太(スポ2=神奈川・向の岡工)

――試合を振り返っていかがでしたか

立ち合いから全てが全然駄目でした。

――敢闘賞が目標おっしゃっていましたが残念でしたね

中大の選手はレベルが違うなと思いました。敵う相手だと思っていたので悔しいです。

――今回の試合では攻めるも勝ちきれない試合が多かったように感じました

もっと練習で勝ちぐせをつけていれば、試合でも勝てるようになるのではないかと思います。

――夏合宿では満足の行く練習ができましたか

坂道ダッシュなどもたくさんやったのでできたと思います。

――夏合宿を経て何か変われたことはありますか

瞬発力などが上がったと思います。

――1年生の活躍が多く見られましたが

1年生中心のチームだったので2年の自分が引っ張らないといけなかったのですがそれができずに悔しいです。

――きょうはリーグ戦ということでたくさんの試合がありましたが何か得たものはありますか

1試合1試合大切にして、悪かったところをどんどん修正できればと思いました。

――特に悪かったところは

立ち合いがななめになってしまい、横からになってしまったので、そこをまっすぐ正面から当てられるようにすることが課題です。

――インカレへ向けて改善したいことは何ですか

レギュラーを取れるように練習から一番を意識してやっていきたいです。

谷本将也(スポ1=鳥取城北)

――きょうの大会を振り返っていかがですか

チームとしては3位入賞を最低限の目標としていたので、それに届かなかったというのは残念です。課題の残る大会でした。

――ご自身の取組については

全勝するつもりで臨んでいたので、3敗したというのは自分としては納得のいかない結果になってしまいました。

――それでも初戦の慶大戦では、2敗していたチームの悪い流れを断ち切る1勝を挙げました

やっぱり慶大には負けたくないという意識はあったので、自分のところでは絶対に(白星を)取りたいと思っていました。そこまでのチームがどのような流れできても勝とうと思っていたので、この試合では良い相撲が取れたと思います。

――4勝された中で、ご自身で良かったと感じる点はありますか

自分より小柄な相手に対しては、落ち着いて相撲が取れたかなと思います。

――一方見つかった課題は

負けた試合では自分のやり方、攻めの相撲ができなかったので、インカレではもっと自分の相撲を取れるようにしたいです。

――敗れた大東文化大、中大、法大はいずれも強豪校でした。差を感じた部分はありますか

優勝した中大戦の、敢闘賞を取った選手と対戦したのですが、相手は自分の形で相撲ができていました。自分はその相手に合わせてしまっていたので、強い相手に対しても自分のペース、形で戦えるように、もっと稽古したいです。

――夏の合宿では特にどういった点を強化されたのですか

前に出る力をつけるために、坂道ダッシュなどをして、下半身を鍛えるトレーニングをしました。

――次戦のインカレの目標は

2部優勝を目標としてやっているので、まず最低条件として自分がしっかり勝って、チームに良い流れを呼び込みたいです。まだ順番は分からないですが、特に前半に出場したら、チームの盛り上がりに影響する大事な取組になると思うので、しっかり勝ちたいです。チームとしては、優勝という目標に向けて、一つになってやっていきたいです。

――今後への意気込みをお願いします

きょう悪かったところをしっかりと修正したいです。インカレ2部優勝に貢献できるようしっかり稽古して、自分の相撲を磨いていきます。

本田煕誉志(社1=大分・楊志館)

――今大会を振り返っていかがですか

結果には納得がいっていないですけれど、あくまでも目標はインカレなので。チームの雰囲気もいいですし、すごく良い状態でインカレに向けて頑張っているところです。

――きょうはどんな気持ちで大会に臨みましたか

誰にも負けないという気持ちでした。

――前大会では攻められなかったとおっしゃっていましたが、今大会では積極的に攻めている様子が印象的でした

そうですね、前に攻められていると思います。試合前に調子を落としていましたが、今の調子は良いと思います。すごく前に攻められたので良かったです。

――チームワークはどうですか。また、団体戦で心がけていることは

大将として使ってもらっているので、もし3対3で同点で回ってきても、自分が取るという気持ちでいつも取るようにしています。

――今大会に向けどんな稽古をしましたか

東日本学生個人体重別選手権の前大会ですごく悔しい思いをしたので、前に出る自分の相撲に磨きをかけてきました。

――きょう見つかった課題は

中大との試合がすごく印象的で、立ち合いは結構良かったと思うのですが、その後の攻めで全然攻められませんでした。当たって2回目の攻撃です。そういうところでどう攻めていくかというのを集中してやっていきたいです。

――今後の目標は

インカレで1部昇格を目指して頑張ります。

堀越豊輝(スポ1=東京・足立新田)

――今回市川さんとの選手交代での出場となった大会でしたが、どういう意気込みで臨みましたか

試合前に市川がけがをしてしまって、交代した分まで頑張ろうと思いました。

――試合を終えて、いまの率直な気持ちを教えてください

よく腕が伸びていて、自分的には良い相撲が取れていたと思います。

――前回の試合のインタビューでは精神面や技術面での反省が多く伺われたのですがその点は改善されましたか

だいぶ良くなってきたと思います。

――全試合を通して攻める相撲をしている印象だったのですが、その点についてはいかがですか

この間の試合で引いて負けたことが多かったため、きょうは攻めの気持ちで挑み、結果的に良かったと思います。

――前回は個人戦でしたが、今回は団体戦ということで気持ちの面での違いはありましたか

チームワークが必要となってくるので気持ち的にも高まっていたと思います。

――夏合宿で意識して取り組んできたことなどありますか

合宿では、下半身を鍛えるトレーニングをしてきたので、前に出る力がついてきたのだと思います。

――最後に、2カ月後のインカレに向けての意気込みをお願いします

インカレでも自分の相撲がとれるように、日々稽古に励んでいきたいと思います。

鬼谷智之(スポ1=愛知・愛工大名電)

――この夏はどのような取り組みをしてきましたか

東日本学生個人体重別選手権が終わってから夏合宿やその他個人的にもトレーニングに励んできましたが、きょうは駄目でした。

――集中してトレーニングしたことは何ですか

立ち合いの強化と体重の増加です。たくさんご飯を食べました。筋トレもたくさんしました。

――きょうはどのような意気込みで試合に臨みましたか

全勝するつもりで臨みました。

――結果はいかがでしたか

< p>中大と対戦した時は立ち合いも互角だったので十分良い相撲ができると思いました。しかし法大戦で悪い相撲を取ってしまいました。また一から頑張らないといけないです。

――法大戦では立ち合い直後に押し出されてしまいました

自分でも何があったかよく分かりません。足か腰が当たってしまいました。痛めたわけではありません。

――きょうの結果をチームとしてどう捉えていますか

後ろの二人が頑張ってくれていたので、自分としては本当に申し訳ないです。自分が勝っていたらチームとして勝利していたというのもあったと思うので申し訳ないです。

――インカレに向けて意気込みをお願いします

もう一度鍛え直したいと思います。ウエイトアップもそうですし、筋力増加など全てをみんなで鍛えたいです。インカレでは1部に昇格して、そこで上位を目指したいです。