卓球部

2014.09.09

秋季関東学生リーグ戦 9月8日 東京・駒沢体育館

総力戦を制し、開幕2連勝!

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)の初戦を白星で飾った早大は、大会2日目のきょう、春季リーグ戦でも敗れるなど相性の悪い中大と対戦した。1、2試合目のシングルスで2敗し、悪い流れになりかける。しかし、3試合目のダブルスのストレート勝ちで勢いづき、いい流れのまま団体戦スコア4-3で勝利。見事開幕2連勝を収めた。

小道野・高橋組の勝利で中大に傾いた流れを断ち切った

 試合は1番手として登場した小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)の強烈なスマッシュによる得点で始まった。相手をリードする場面を見せるも、相手に5連続得点を許すなど試合の主導権を握ることができずに惜しくも敗戦。続く2番手は森美紗樹主将(スポ4=高知・明徳義塾)。過去に何度も対戦し手の内を知り合った相手に対し2度のジュースに持ち込むなど健闘したが一歩及ばず、早大は2敗する。

 この悪い流れを断ち切ったのは、開幕戦でもストレート勝ちを収めるなど絶好調な小道野・高橋結女(スポ3=新潟産大附)組。勢いに乗る中大相手に両者一歩も譲らない戦いを強いられる。しかしゲームポイントなど要所を抑え、ストレートで快勝し早大に流れを引き寄せる。4番手の高橋は互角の戦いを見せ、フルゲームにもつれ込むも最終ゲームは順調に点を重ねて勝利。その後のダブルスも圧倒的な力の差を見せつけ、ストレート勝ち。6番手の佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)は同じカットマン相手に終始苦戦し負けを喫したものの、最後に登場した田中千秋(スポ1=愛知・愛み大瑞穂)がしっかりと勝ち切り、早大はうれしいリーグ戦2連勝となった。

最終戦で強気にプレーした1年生の田中

 「誰かが負けても誰かが取るというような全員が主役のチーム」(森)という言葉通り、全員で勝利をつかんだ早大。チームの雰囲気も上々の中で、連勝をいくつまで伸ばせるか。あすからの戦いにも期待したい。

(記事 稲満美也、写真 川口真由)

結果

対中大 ○4―3

●小道野1―3山本怜

●森1―3多田光希

○小道野・高橋組3―0山本・明神佑実組

○高橋3―2明神

○森・小室組3―0口田実奈・三浦由美子組

●佐藤風0―3永田彩夏

○田中3―0西村梓

コメント

森美紗樹女子主将(スポ4=高知・明徳義塾)

――シングルスの試合を振り返っていかがでしたか

シングルスの相手とは何度も戦ったことがあって、同級生でお互いの特徴などもよく分かっている選手だったので、競ってどっちが勝ってもおかしくないという状況でした。負けはしたのですが、流れを悪くはせずに次に回せたのかなとは思います。あと一本が取れなかったり、少しアンラッキーだった部分もあるのですが、すごく悔しいという試合ではなかったです。負けはしたので悔しいは悔しいのですが、すごく後悔するような試合ではなかったので、意外とスッキリしています。

――第1ゲームをジュースで落としてしまったことで気持ちに影響はありましたか

前回戦った時も、どのセットもジュースで落としたり取ったりという感じだったので、あまりそこで焦ることもなく、逆に向かっていく作戦なども考えやすかった感じです。

――ダブルスの試合を振り返っていかがでしたか

この前の3日の日体大戦では、思うようにお互いが力を発揮できず、リードしていたのにそこから挽回されてしまうという負け方だったので悔しかったのですが、この間の4日間でお互いに自分のプレーを見直して練習してきました。2戦目ということもありお互いが自信を持ってプレーできた結果、しっかり勝つことができたのかなと思います。

――日体大戦後はダブルスでは特にどのようなことに力を入れて練習してきましたか

ダブルスではやはりサーブレシーブが重要になってくるので、そのサーブレシーブで少しの変化を付けたり、細かい突っつきやブロックを練習しました。派手な練習をしたわけではなく、お互いの特徴を生かせるようなパターンの練習などを多めにやってきました。

――きょうのチーム全体を振り返っていかがでしたか

チーム全体としては、見ていても分かると思うのですが、本当に雰囲気が良く、誰かが負けても誰かが取るというような全員が主役のチームです。誰か一人すごいエースがいるというチームでもなく、そういう点では一人一人の意識がばらつくことなく同じ方向を向いて頑張っているので、その結果勝利につながったのだと思います。

――次戦に向けた意気込みをお願いします

やっと負け続けていた中大にも勝つことができて勢いもついてきたと思うので、あしたからは1日2試合にもなるのですが、体力的なことも考えながら一人一人がしっかりケアをして、全勝で優勝できるように頑張りたいと思います。

小室奈緒(スポ4=栃木・真岡女)

――リーグ初戦はダブルスで悔しい思いをされたと思いますが、きょうはダブルスで快勝されました

前回はやはり緊張していたというのもあって、今回は冷静に試合に入れたと思います。

――自信にはなりましたか

そうですね。関東学生選手権で私たちが3位で、向こうが2位で。高橋(結女、スポ3=新潟産大附)と小道野(結、スポ3=神奈川・横浜隼人)が決勝で戦っている相手でした。準決勝で負けてしまったので戦うことはなかったんですけど、もし自分たちが決勝に行っていたら勝つ自信はあったよねという話もしていたので。結構勝つ自信はありましたね。

――戦ってみて相手の印象はいかがでしたか

向こうが結構緊張していた感じがありました。相手は最初すごく硬かったんですけど、自分たちはちゃんと動けていて。最初に結構点差が開いたと思うんですけど、それにつながったのかなと思います。

――最初に2敗しながらも、見事中大に勝利されました。全体の印象としてはいかがでしたか

1、2番が負けてしまったので結構ずるずるいくかなと思ったんですけど、ダブルスでやはり高橋、小道野の安定感で勝って、そこから流れがこっちに来たと思います。4番の高橋もゲームオールで勝って、その流れでダブルスだったので良い雰囲気で入れました。

――あした以降に向けて意気込みをお願いします

あと5戦も残っているので、一試合一試合、気を引き締めてやっていこうと思います。

小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)

――トップバッターとして臨まれたシングルスでしたが、試合前の意気込みは

開幕戦もトップで出させてもらって、負けはしたんですけど自分なりの試合ができたので、今回も1番で出て、強い選手が来ると分かっていたんですけど、勝ち負け気にせず流れを良くするように試合したいなと思って入りました。

――シングルスの試合を振り返っていかがですか

やっぱりタイプ的にちょっとやりにくい選手で、(力を)出し切ることができませんでした。後悔じゃないですけど、もうちょっとできたかなって思ったのと、それでも厳しい状況の中でもそこから逆転して1セット取れたので、あまりマイナスにしないで落ち込まないようにやっていけたらなと思います。

――ダブルスはきのうに引き続きストレート勝ちを収めましたが、状態はいかがですか

二人共すごく動きもいいし、春から組んでいてお互いがだんだん分かってきたので、状態はすごくいいんじゃないかなと思います。

――きょうのチーム全体の結果としてはどのような印象ですか

中大には最近ずっと負けていて、ワセダとしてもやりにくいチームだったんですけど、負けた人をカバーして、ダブルスが2点取って、最後も田中(千秋、スポ1=愛知・愛み大瑞穂)がしっかり勝ってくれたので、みんなでしっかり最後まで気持ちを引き締めて勝ちにいけたかなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

いま1戦目も2戦目もすごくいい流れで勝ててきているので、ひとつずつ積み重ねてあしたは2試合あるんですけど、どちらも一人一人が自分らしいプレーでできたらなと思います。

高橋結女(スポ3=新潟産大附)

――2敗という状況からダブルスの出場でした

負けたら0ー3ということは頭の片隅にあったんですけど、やはり自分たちのプレーをするだけだなと思って入りました。そんなに硬くなることもなく、自分たちのプレーができたと思います。

――3―0の圧勝でしたが、どのようなところが良かったのでしょうか

ちょっと自分のサーブが出てしまったり、甘くなってしまったところがあったんですけど、パートナーともお互いにカバーし合って相手よりもミスが少なかったのかなという印象があります。

――続けてシングルスに出場されましたが、接戦を振り返っていかがでしたか

やはりリーグ戦になると、お互い入れてラリーになることが多いんですけど、やはりその中でも自分の方がコースを付けたり緩急を付けることができたかなと思います。そういう面で相手のミスを誘うことができて、得点できていたので良かったと思います。

――1ゲームや4ゲーム目は長いジュースを落としてしまったと思いますが焦りなどはありましたか

焦ったりはないんですけど、自分の悔しい感情を押し殺して、次のゲームに切り替えてできたかなと思います。

――きょうのチーム全体を振り返っていかがでしたか

やはり最初は流れが少し悪かったんですけど、ベンチが温かくて、波に乗れたかなという感じでした。

――あす以降はどのような戦いをしていきたいですか

あしたからダブルヘッダーになって試合がどんどん入ってくるので、勝つことがいいことだとは思うんですけど、勝っても負けてもチームみんなで協力して切り替えて、一つ一つ勝ちを積み上げていきたいなと思います。

佐藤風薫(スポ2=岡山・就実)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

本当はもっと自分の卓球をしたかったし思い切ってやりたかったんですけど、スマッシュとドライブが混ざってしまって、うまく攻撃ができなかったなと思います。

――それはどういった原因なのでしょうか

本当はドライブで攻めていきたかったんですけど、スマッシュでも決めたいというのも混ざってしまって、中途半端な感じで試合が続いてしまったのかなと思います。

――あした以降に向けてどのように切り替えていきたいですか

とりあえずきょうのことはきょうで、忘れて切り替えて、あしたから試合も2試合ずつ続いてくるので、そこをきっちり頑張っていきたいと思います。

田中千秋(スポ1=愛知・愛み大瑞穂)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

(6番手の試合と)同時進行で、団体戦スコア3—2でリードしてくれていて、どちらかが勝てば勝ちということだったので、自分らしく思い切っていこうと思って前半から声を出して向かっていくようにしました。

――2度目のリーグ戦ですがどのような気持ちで臨みましたか

前は何も分からない状態でしたが、いまは雰囲気を知っていたり経験があったので、どう準備していくかということなどは明確に見えていて、準備しやすかったです。

――試合の前には先輩方などから何か声を掛けられましたか

「とにかく思い切って、千秋らしくやってくるように」と言われました。

――現在の調子はいかがですか

結構良くて、最近動く練習を多く取り入れていたので、それが試合にもよく出ていたかなと思います。

――第1ゲーム選手後は特に思い切ってプレーできていたように感じましたがいかがですか

第1ゲーム目は緊張していた部分があったので、そこで第2ゲームにつなげられたことが思い切ったプレーにつながったのかなと思います。

――きょうの自分のプレーで良かった点はどこですか

自分から仕掛けて積極的に向かっていけて気持ちの面で良かったので、そこが良かったと思います。

――いまの課題なども含め、次戦に向けて意気込みをお願いします

周りが見えなくなってしまったり、自分の中で頭が真っ白になってしまうときがあるので、どんなときでも冷静に最後まで戦い抜けたら良いかなと思います。