野球部

2014.09.09

夏季オープン戦(二軍) 8月31日 早大東伏見グラウンド

粘りの野球で清和大に快勝!

TEAM
清和大
早 大 ×

 秋季リーグ戦(リーグ戦)に向けて調整の場となる夏季オープン戦(オープン戦)。残すところ2試合とその終盤に差し掛かったきょう、早大は清和大と対戦した。先制を許すも4回に追いつき、5回には逆転に成功。7−2で劇的勝利をおさめた。

 投手陣は幾度ものピンチをくぐり抜け、粘り強い投球を続けた。先発のマウンドを任されたのは長坂直輝(社4=東京・早実)。3回、死球で出塁を許すと、安打と失策で先制されてしまう。しかし、その後は右翼手の鶴岡宏樹(人2=大阪・明星)などの好守にも助けられ、さらなる失点を許さなかった。救援陣も毎回走者を背負う苦しい場面が続いたが、得点圏では安打を許さず、勝負どころで要所を締め、追加点を1点にとどめた。

好守でも勝利に貢献した鶴岡

 打線は試合中盤でその爆発力を存分に発揮した。序盤は相手投手に抑えられ、なかなか好機をつくり出せなかったワセダ打線。しかし4回、金田大志(教3=兵庫・明石)の安打を皮切りに積極的な攻撃を展開し、勝又健太(スポ4=静岡・沼津東)の適時打で同点とする。5回には、無死二、三塁から岡大起(社1=東京・早実)の適時打で2点を追加。連打でその回4点もの得点を生み出して相手を突き放した。

 チームとしての好調ぶりを見せつける結果となったこの試合。数少ない好機を物にした打線と、たびたび走者を出しながらも踏ん張りきった投手陣の双方の奮起がつかんだ勝利と言えるだろう。それぞれに課題は残るが、選手たちはオープン戦から多くの収穫を得たことだろう。リーグ戦開幕まで残り少ない日々の中でしっかりと練習を重ね、一丸となって勝利を目指したい。

(記事 深瀬真由、写真 大槻竜平)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。