卓球部

2014.09.09

秋季関東学生リーグ戦 9月8日 東京・駒沢体育館

駒大を破りリーグ戦初白星を挙げる

 秋季関東学生リーグ戦(リーグ戦)2日目。まさかのリーグ戦黒星スタートとなった早大は駒大との対戦に挑んだ。この日1番手で起用された上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)が完勝でチームを勢いづけると試合は早大ペースで進む。その後も順調に勝ち点を獲得。団体戦スコア4-1で今季リーグ戦初勝利を決めた。

この日トップで登場した上村

 オーダー変更がズバリ的中した。開幕戦でプレッシャーの掛かる終盤に出場し接戦に敗れた上村。その敗戦を受け早大は重圧の少ない前半に1年生を配置するオーダーで試合に臨む。トップを任された上村は「楽にプレーすることができました」と語るように相手に攻める隙を与えずに快勝。見事期待に応えた。2番手には山本勝也(スポ3=石川・遊学館)が出場。落ち着いたプレーで自分の卓球に集中し勝利をつかんだ。

 3番手で出場した竹岡純樹(スポ1=青森山田)は惜しくも逆転負け。しかし早大は流れを相手に渡さない。上村と大島祐哉(スポ3=京都・東山)のダブルスは第1ゲームこそ落としたもののその後は力の差を見せつけ勝利。今季初白星に王手をかけて5番手に登場したのはエース大島。序盤に競る場面もあったが安定したプレーで得点を重ねて見事なストレート勝ちで試合を決めた。

上村に続く2勝目を挙げた山本勝

 開幕戦黒星スタートから立て直した早大。下級生が勢いをつけ上級生が堅実に勝ち点を収める理想的な勝利となった。筑波大、日大と対戦するあすの試合で取りこぼしは許されない。また1日2試合をこなすためのコンディション調整もカギとなるだろう。悲願のリーグ戦制覇に向けて負けられない戦いが続く。

(記事 石川諒、写真 藤川友実子)

結果

対駒大 ○4―1

○上村3―0松田尚樹

○山本勝3―0染谷凌平

●竹岡1―3鈴木大地

○大島・上村組3―1中村祥吾・中村謙吾組

○大島3―0英稔史

コメント

山本直哉主将(スポ4=山口・野田学園)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

みんな1試合目の敗戦を忘れてすごく切り替えて、きょうはすごく良い雰囲気で試合ができたかなと思います。

――いつもと違うオーダー順でした

上村は普通にやったら勝てる選手ばかりなので1番で思い切って試合させて、十分な戦力だと思ったので、きょうは大島を下げてやりました。

――あす以降はどのように戦っていきたいですか

とにかくきょうは本当に良い雰囲気で試合して勝つことができたので、本当にそれをあしたからも2試合ずつなんですけど、継続してやっていければと思います。中大、明大と負けているんですけど、まだチャンスはあると思っています。

大島祐哉(スポ3=京都・東山)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

上村君(慶哉、スポ1=福岡・希望が丘)を1番に出して相手の松田君(尚樹)と1年生対決で、エースクラスの選手に勝ってくれたのでチームとしては勢いが出たかなと思います。

――ダブルスでは1ゲーム目を奪われてしまいましたが、そこで何か修正したことや上村選手と話したりはしましたか

僕がシングルスに出てからダブルスっていういつもの流れと少し違って、1セット目少し体のキレが悪かったかなと思うので。上村君にはいつも通りやってもらって僕が調子が出てくれば勝てると思っていたので、2セット目からは自分のプレーができて勝つことができたかなと思います。

――先ほどから話に出ているようにきょうは初戦からオーダーが変わりましたが、その意図や狙いについてはどのように捉えていますか

オーダーについて少しキャプテンと話をすることができて上村君にいつもプレッシャーのかかる場面で試合をさせていたので、そのことで少し話をしました。前半に上村君でいってみようかっていうところでいったのがまず1つと、少し今調子が良くなかったのでとりあえず前半出て勝ち星を挙げたら調子が出てくるかなっていうふうに思ったのでそれが1番大きかったですね。

――きょうの結果を受けて狙いは当たったと思いますか

そうですね。オーダーとしても狙いもよかったと思います。

――きょうまでは前の試合から期間が空きましたがどのように調整をされてきましたか

僕としてはまず疲れを取ること。この前までチェコに行っていたので疲れを取ることと少しダブルスの調整をすることだけでしたね。

――前回の試合は敗れてしまいましたが、その後のチームの雰囲気はいかがでしたか

特に悪い雰囲気ではないので、ここから全勝できればいいと思います。

――あすは筑波戦と日大戦の2試合がありますが明日に向けて意気込みをお願いします

2試合とりあえず勝たないことには優勝がないので、やはり一戦一戦、一人一人が優勝する気持ちを持ってやれるかどうかっていうところにかかっていると思うので、きょう勝ったというところでチームの雰囲気も良くなると思うのであす2勝してその次の明大、中大戦に備えられるような試合ができればいいかなと思います。

山本勝也(スポ3=石川・遊学館)

――秋季リーグ戦1勝目ということで感想をお願いします

自分としてもチームとしても快勝することができて良かったです。

――初戦からオーダーが変わったことについては

前回の試合で1年生があまり良くない試合をしてしまったので、1年生を前半に出すことによって思い切って戦わせようということでした。1番に戦った上村(慶哉、スポ1=福岡・希望が丘)が相手は強い選手だったのですが、3―0で勝ってくれて良い流れで試合に入ることができました。

――前回課題として残った1年生の戦いぶりでしたがきょうは修正されていたように思います

竹岡(純樹、スポ1=青森山田)は負けてしまったのですが、良いプレーもあったので良かったと思います。

――上村選手、山本勝選手が圧勝したことでチームに良い流れを呼んだように見えました

そうですね。その流れで3番目の竹岡の2セット目まで良い試合ができていたので。チームの流れはすごく良かったです。

――個人としては終始相手を圧倒しました

調子が良いとは思っていなかったのですが、自分のプレーができたからこそ結果につながったと思います。

――特に良かった点はありますか

無理に打たないで、落ち着いてプレーできたことと、あとはサーブとレシーブが前回大会より良くなっているので、それが自信になったことが大きかったです。

――相手の様子を見ながら戦えたのですね

そうですね。余裕を持って臨もうと考えていました。

――初戦から日が空いて、その期間で取り組んできたことは

前回はまだ(リーグ戦が)始まったのかなという感じだったのですが、ここから連日になるのでいよいよ始まったという気持ちでこれからまた頑張りたいと思います。

――あすへ向けて修正したいことは

やはり油断というのが一番いけないですね。あすの2戦は絶対に勝たなければいけない相手なので、2戦共しっかり勝ちたいと思います。

――あすへの意気込みをお願いします

自分は前半でも後半でもいろいろなところで出るという立場なので、どこで出ても自分の卓球をできるように準備したいと思います。

上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)

――シングルスの試合を振り返ってみていかがでしたか

いつも後半で出てたんですけど、きょうは前半だときのうから言われていてしっかり準備してきたのが良かったと思います。

――オーダーが変わってトップでの起用となりましたが

自分が負けたらチームが負けるとかいうプレッシャーがないので、その点では楽にプレーすることができました。

――ダブルスの試合を振り返ってみていかがでしたか

前回レシーブが悪くて負けてしまったのでそこを修正して、まだ完璧ではないけど良かったと思います。

――ダブルスは1ゲーム目を落としましたが振り返っていかがですか

相手が後ろで粘ってくるタイプの選手だったので、そこでミスが出たのが1セット目を落とした原因だと思います。

――初戦から日が空いて、その期間どのように調整しましたか

できるだけ疲れをためないようにと、サーブとレシーブの練習を中心にやってきました。

――あしたへの意気込みをお願いします

きょうから試合が連続するので、気を抜かずにまだ優勝できるチャンスがあるので、一戦一戦1年生なので思い切ってやりたいと思います。

竹岡純樹(スポ1=青森山田)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

(前の)二人とも良い流れで勝ってきてくれていたので申し訳ないなと思います。

――先週の試合からきょうまでどのような調整をしましたか

体を作らなきゃと思ってランニングなどをして体力面を強化しました。

――先輩方から何かアドバイスはありましたか

いろいろアドバイスをされて、できたこともあるし、できなかったこともあります。できなかったことをもう少しできるようになると良いなと思います。

――具体的なアドバイスの内容は

もっとサーブを出して、バックで大きく振るのではなく小さくいけば良いんじゃないかと言われました。あとはレシーブもチキータばかりではなくストップとかフリックとかを使っても良いんじゃないかと言われました。

――あしたへの修正ポイントを教えてください

あしたは2試合あるので、レシーブのバリエーションをもっと増やして、自信を持ってプレーできるようにしたいです。