野球部

2014.09.09

夏季オープン戦(二軍) 8月29日 早大東伏見グラウンド

投打で躍動 明学大に快勝!

TEAM
明学大
早 大 ×

 夏季オープン戦(オープン戦)で好調を続ける早大はこの日、明学大との一戦を迎えた。初回に相手の失策から幸先よく先制点を奪う。それ以降は投手戦が展開されるも、終盤に得点を重ね、6-1と投打がかみ合い快勝した。

 きょう登板した投手陣は終始安定感のある投球を披露した。先発の森井龍太朗(教2=東京・早実)は打たせて取るテンポのいい投球を見せる。得点圏に走者を背負っても要所を締め、6回を無失点に抑えた。後を受けた救援陣も好投を続ける。中でも圧巻だったのは、8回に登板した清水陸生(人1=宮崎大宮)。伸びのある直球で3つの三振を奪った。

6回無失点に抑えた先発の森井

 好投を見せる投手陣を援護したい打線。6回まで毎回安打を放つも、重ねた得点はわずか2点と拙攻が続き、追加点が奪えないまま終盤を迎える。重苦しかった空気を一変させたのは、7回に代打で登場した吉澤翔吾(スポ4=東京・日大三)。中前への適時打で1点を加えた。さらに続く8回には安打と四球で走者をため、柿沼陽亮(教4=東京・早実)の2点適時打など3得点でダメ押し。試合を決定づけた。

  投打において、好成績を残した選手が数多く見られたこの試合。2週間後に開幕を控える秋季リーグ戦に向け、首脳陣への良きアピールの場となった。試合で積むことのできる貴重な経験を生かし、勝負の秋へ――。オープン戦をしっかりと戦い抜き、飛躍への足掛かりとしたい。

(記事 井口裕太、写真 大森葵)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。