庭球部

2014.09.08

関東大学リーグ 9月5日 東京・有明テニスの森公園

またも7-0!弾みつけ後半戦へ

 関東大学リーグ(リーグ戦)第三戦は亜大と対戦。ダブルス2試合で快勝したワセダはシングルスでも全勝。最終学年の山崎香織(スポ4=愛知・名経大高蔵)も勝利を飾り、7-0という好成績で後半戦に弾みをつけた。

息の合ったプレーを見せた吉冨・細沼(左)組

 ダブルス1で登場したのは吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)・細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)組。公式戦では初の組み合わせとなるペアであったが、序盤から抜群のコンビネーションを発揮。ファーストセットを6-1で奪取した。続くセカンドセットでも勢いは衰えず、ボレーとストロークの噛み合ったプレーで6-0。大差をつけて勝利をもぎ取った。ダブルス2の梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)組も6-2、6-3。手堅く勝利を収めた。

 全日本学生選手権で躍進を遂げた山崎香織(スポ4=愛知・名経大高蔵)。「緊張感よりも、絶対に勝ってやるぞという気持ちの方が強かった」と、気合十分でシングルス4に出場した。伸びのあるフォアハンドで相手を攻め、的確にコースを狙う。緩急あるプレーで相手を圧倒し、6-0でファーストセットを終えた。その後も攻めの手を緩めることはなく、終始試合を支配。セカンドセットも6-2でストレート勝ちを収めた。この他、宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)、辻恵子(教2=東京・早実)、リーグ戦初出場の金井綾香(社1=東京・早実)も抜け目のない戦いぶりで快勝。シングルス1の吉冨も、試合途中に体調を崩すというアクシデントを乗り越え白星をつかんだ。

自身最後のリーグ戦に臨む山崎

 リーグ戦第三戦も7戦全勝で勝利し、快進撃を続けるワセダ。この結果を受け、チームの士気もますます高まっている。第四戦はこの日慶大を撃破した山梨学院大との対戦だ。厳しい戦いが予想されるが、着実に勝利を重ねリーグ優勝に王手を掛けたい。

(記事 山本葵、写真 谷口武)

結果

▽女子1部

○早大7-0亜大

ダブルス1

○吉冨愛子・細沼千紗(6-1、6-0)松本千広・田中文彩
ダブルス2
○梶谷桜舞・林恵里奈(6-2、6-3)山浦はる香・足立菊華
シングルス1
○吉冨愛子(7-6(6)、3-6、6-4)松本千広
シングルス2
○宮地真知香(6-0、6-0)辻本有佳里
シングルス3
○辻恵子(6-0、6-2)安野聡美
シングルス4
○山崎香織(6-0、6-2)田中文彩
シングルス5
○金井綾香(6-0、6-2)下口あみる

関連記事

シングルス1の岡村が勝利を決める!(09/08)
全勝で2日目を終える(09/06)
7-2で勝利も、課題の残る内容に(09/06)
初日は筑波大に7-0(09/05)
リーグ戦制覇へ!初戦は全勝(09/05)

コメント

高田千奈美主将(スポ4=静岡・浜松西)

――きょうの試合全体を振り返っていかがでしたか

みんなとても気合いが入っていました。スコアを見ても分かるのですが、全体的に抜け目のない試合だったかなと思います。吉冨(愛子、スポ3=愛知・椙山女学園)に関しては試合途中に体調が悪くなってしまった時があったのですが、そのような状態の中でもチームのためによく頑張ってくれたなと思います。1、2戦に続き3戦目も7-0というスコアで勝つことができて、とてもうれしく思っています。

――吉冨選手の試合では途中からベンチコーチに入りました

あの時は吉冨の体調があまり良くありませんでした。本人が軽いパニック状態になっていたので、とにかく落ち着かせて無理はしないようにと言いました。あとは、可能な範囲で攻めていこうなどの声掛けもしました。

――7-0という結果に、チームの勢いも増したのではないでしょうか

そうですね。後の2戦で対戦する山梨学院大、慶大はいままでの対戦校以上に手強いチームなので、そういった面でもこの3戦で勢いをつけるというのは自分たちがやらなくてはならないことだと思っていました。きょうの山梨学院大と慶大の試合もとても熱い戦いでした。そういったチームと戦っていなかければならないので、この勢いを無駄にしないよう頑張っていきたいです。

――関東大学リーグ(リーグ戦)後半戦に向け、意気込みをお願いします

山梨学院大はきょう慶大に勝って王座(全日本大学対抗王座決定試合)出場がほぼ確定した状態で挑んでくるので、ノンプレッシャーで戦ってきます。逆に慶大は絶対に負けられず、王座に出場するためにはワセダに勝つしかないという状態です。何が何でも勝つといういつも以上の気迫で向かってくると思うので、それをはねのけられるくらいの勢いと気合いで、あと2戦をみんなで乗り切っていきたいと思います。

山崎香織(スポ4=愛知・名経大高蔵)

――きょうの試合にはどのような気持ちで臨みましたか

せっかく出場させていただいたので、自分にできることは全て出し切ろうと思っていました。自分のテニスをするということを意識して試合に臨みました。

――緊張はしましたか

あまり緊張しませんでした。練習の時から本番を意識した試合をしていたので、緊張感よりも、絶対に勝ってやるぞという気持ちの方が強くありました。

――きょうのシングルスの試合を振り返って

自分のテニスを意識したことがとてもうまく作用しました。相手がこちらの弱点を突いてきた時もあったのですが、それに対して冷静に判断してプレーできたと思います。

――試合のテンポやコース選びがとても良かったように感じましたが

そうですね。試合のテンポなどは練習の時から意識していて、特訓もしていました。例えばワセダの選手は攻める選手が多いので、それに対してロブを上げて対抗してくる相手が増えるだろうということで、ロブに対しても速く入れるようにするなどの練習などをしています。そのあたりは練習通りにできて、うまくいったので良かったなと思います。コースについてはインカレ(全日本学生選手権)期間中にタフな試合が多くて、コースを意識した試合を多くできました。その経験をきょうの試合に生かすことができたと思います。

――後半戦に向けて意気込みをお願いします

自分は試合に出るか分かりませんが、山梨学院大、慶大はとても強い選手が多く、どちらに転ぶか分からない展開になると思います。選手になってもサポートになっても、チームのために力を尽くしたいと思います。

吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)

――きょうの2試合を振り返っていかがですか

ダブルスは細沼(千紗、スポ1=東京・富士見丘)と初めて出場したのですが、二人でコンビネーション良くプレーできたと思います。シングルスの方はファーストセットの序盤で熱中症になってしまって、もっと体調管理を徹底しなければならないなと反省しました。

――細沼選手とのダブルスは声もよく出ていました

そうですね。細沼はとても元気な選手なので、組んでいてやりやすかったです。

――最後は長いジュースを制しての勝利でした

(最終ゲームを)取れたことは良かったのですが、相手サーブの15-40で、自分たちのマッチポイントが2本あり、そこで連続でリターンミスをしてしまいました。山梨学院大とはそれでは通用しないと思うので、調整していかなければならないと思います。

――山梨学院大戦、慶大戦に向けて一言お願いします

絶対に勝ちます!

金井綾香(社1=東京・早実)

――リーグ戦初出場となりましたが、どのような気持ちで試合に臨みましたか

出場できる機会が少ない分、今回はしっかり勝ってチームに貢献したいと思い試合に臨みました。

――緊張はしましたか

すごく緊張しました。ファーストセットの出だしと、セカンドセットの出だしは特に緊張したのですが、勝つことができて良かったです。

――きょうの試合を振り返って

緊張していて、自分の思うようにボールが飛んでいきませんでした。自分の納得のいくプレーではありませんでしたし、課題も多く見つかりました。

――残り2戦に向けて意気込みをお願いします

私は試合に出場できるか分かりませんが、チームとしてリーグ優勝できるように、自分のできることを精一杯やっていきたいと思います。