庭球部

2014.09.08

関東大学リーグ 9月5日 東京・有明テニスの森公園

シングルス1の岡村が勝利を決める!

 関東大学リーグ(リーグ戦)も折り返しの第三戦。男子はここから、明大、法大、慶大と、昨年も1部校だった強豪校と対戦していく。この日行われた明大との試合も、一瞬たりとも気の抜けないタフな試合となる。それまでとオーダーを変えた早大であったが苦戦を強いられ、5勝4敗と1勝差で勝利を手にした。

主将として試合に臨む大城

 「単複ともに負けてしまったことは本当に悔しい」。今季のリーグ戦で初めて試合に出場した大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)だったが、単複ともに敗れてしまった。小堀良太(スポ2=東京・大成)と組み臨んだダブルスの相手は、全日本学生選手権3回戦でも対戦した西脇一樹・澁田大樹組。絶対に負けられないこの団体戦で雪辱を果たしたかったが、大城・小堀組の打ったボールは相手ボレーヤーが巧みに処理してしまう。リズムを奪われゲームを許し、3-6、1-6のストレート負け。手痛い敗北を喫した。ダブルスに続き、シングルスにも出場した大城。第1セットこそタイブレークを制したものの、第2セットより体に違和感を覚え、第3セット途中で棄権。大事な一戦を落とすかたちとなった。

 早大が窮地に追い込まれた中、救世主となったのはシングルス1の岡村一成(スポ4=岡山操山)だった。チームの勝敗がかかった試合。会場は緊張感に包まれていた。試合は序盤、均衡したゲーム展開が続く。その状況を打破し、先に主導権を握ったのは岡村だった。ジュースにもつれ込んだサービスゲームをキープすると、第1セット第9ゲーム、第2セット第7ゲームでブレーク。随所でウィナーを繰り出し最後まで攻めの姿勢を貫いた岡村が、早大に勝利を呼び込んだ。試合後、「早大に入学するときに、早大庭球部のレギュラーとしてチームの勝利に貢献するということを目標に掲げていた」と話した岡村。それは同時に自身の目標を達成した瞬間でもあった。

勝利の瞬間、ガッツポーズで喜びを表現する岡村

 緊迫した試合を制した早大だが、気を緩めるのはまだ早い。残る2戦に対しても、全員が勝利への執念を持ち続ける必要がありそうだ。大城が語るように、まさに「総力戦」。チームとしての総合力が、いま問われる。

(記事 松下優、写真 谷口武、松下優)

結果

▽男子1部

○早大5-4明大

ダブルス1

○古田陸人・今井慎太郎(6-2、6-4)小野陽平・深田颯平
ダブルス2
○岡村一成・梶修登(6-3、7-6(2))奥田圭都・弓立祐生
ダブルス3
●大城光・小堀良太(3-6、1-6)西脇一樹・澁田大樹
シングルス1
○岡村一成(6-4、6-3)小野陽平
シングルス2
○今井慎太郎(6-3、6-2)弓立祐生
シングルス3
●大城光(7-6(3)、6-7(4)、1-2RET)熊倉周作
シングルス4
●古田陸人(5-7、2-6)諱五貴
シングルス5
○栗林聡真(6-2、6-3)西脇一樹
シングルス6
●松崎勇太郎(4-6、6-1、4-6)澁田大樹

関連記事

全勝で2日目を終える(09/06)
7-2で勝利も、課題の残る内容に(09/06)
初日は筑波大に7-0(09/05)
リーグ戦制覇へ!初戦は全勝(09/05)

コメント

大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――きょうは明大を相手に5勝4敗という結果でした。チームとしてこの結果をどのようにとらえていますか

決して良い結果ではないと思います。自分自身も2敗でチームに貢献できませんでした。(チームとして)勝てたことは幸いです。残り2戦は気持ちをあらたに臨まなければなりません。

――ご自身の試合を振り返っていかがですか

ダブルスは非常に悔やまれる結果となりました。積極的な姿勢で展開していけなかったことが敗因だと思います。シングルスはけいれんの中でもチームが勝つまでは可能性を残そうと最善を尽くしました。次戦からは良いコンディションをつくり、最後まで戦い切れるようにしなくてはいけません。

――ことしの関東大学リーグ(リーグ戦)としては今回初めて試合に出場しましたが、きょうはどのような気持ちで試合に臨みましたか

とにかく勝って結果を出そうと思っていました。結果的に単複ともに負けてしまったことは本当に悔しいです。

――ダブルスはインカレに続き西脇一樹・澁田大樹組に敗れてしまいました

同じような展開で負けてしまったことが何より悔やまれます。何かしらの変化を加えて戦わなければなりませんでした。

――シングルスでは厳しい状況の中、粘りを見せていたと思います

劣勢の中でもとにかく自分が勝って試合を決めるということ、最低でもチームが勝つまでは粘らなければいけないという思いでプレーしていました。

――法大戦、慶大戦も気の抜けない試合となると思いますが、それに向けて一言お願いします

総力戦になります。選手のみならず部員全員が一つとなり、残り2戦を戦い切ります。

岡村一成(スポ4=岡山操山)

――きょうの試合は岡村選手の勝利で早大の勝利が決定しました。いまの率直な気持ちを聞かせてください

中大戦での負けを挽回したいという思いと、相手が同郷の小野(陽平)で絶対に負けたくないという思いと、早大の今後にとっても重要な一戦で負けられないという思いと、さまざまな思いがある中で挑んだ戦いだったので、きょうの試合に関しては勝つことができてとりあえずほっとしています。また早大に入学するときに早大庭球部のレギュラーとしてチームの勝利に貢献するということを目標に掲げていました。4年生の最後の年に、こうしてシングルス1として早大の勝利に貢献することができたことを誇りに思います。

――だんだんと相手が強くなる中で、きょうはどのような思いで試合に臨みましたか

自分が持つ全力を出し切らなければ勝てない、チームとしてもぎりぎりの戦いになるので、自分は単複ともに負けることは許されないという覚悟を持って臨みました。

――2試合を振り返っていかがですか

両試合とも、正直緊張して思うようなプレーができませんでした。結果的にストレートで勝つことができましたが、ピンチの場面もたくさんありぎりぎりの試合だったので、勝つことができて良かったです。

――シングルスの試合では随所で強気に攻める場面が見受けられました

なかなか欲しいポイントで強気になれず苦しんだのですが、絶対に勝つという強い気持ちを持って勇気を出して攻めていくことができました。

――第1セット第9ゲーム、第2セット第7ゲームでブレークしたことが勝敗に大きな影響を及ぼしたと思います

自分のサービスゲームで何度もブレークピンチがあり、それでも耐えてキープし続けたことが(自分の)ブレークにつながりました。緊張した場面で先にリードできたことは大きかったです。

――これまでの3戦はシングルス1として出場していますが、他校も実力者が集まる中でどのように感じていますか

どの学校もやはりシングルス1は実力者ばかりで、タフな試合ばかりです。しかし相手のことは関係なく、早大の勝利のために全力を尽くしたいと思っています。

――残り2戦に向け、抱負をお願いします

これからさらにタフな戦いが続きますが、みんなで力を合わせれば絶対に乗り越えられると思うので、チーム一丸となって頑張りたいと思います。

栗林聡真(スポ3=大阪・清風)

――きょうも快勝を収めました。試合を振り返って

きょうの試合は緩急をつけて、相手のタイミングをうまく外すことができました。しかしたくさん課題が出た試合でもあるので、次に生かしていきたいです。

――きょうのような結果になると、重要なポジションかと思いますが

シングルスの4、5、6というのは(チームの)勝敗を決める大事なポジションですし、上のシングルス1、2、3に良いかたちでつなげるためにも絶対に勝つという気持ちでいます。

――昨季のリーグ戦や王座(全日本大学対抗王座決定試合)などと比べて、技術面や精神面での成長は感じていますか

昨年よりも体力はついていると思います。また、何よりもことしの4年生の方々には本当に世話になっていて、このチームで勝ちたいという気持ちが特に強いです。

――法大戦、慶大戦への意気込みをお願いします

絶対勝つ!!