野球部

2014.09.07

夏季オープン戦 8月27日 早大東伏見グラウンド

投打がかみ合いソフトバンクに勝利

TEAM
早大
福岡ソフトバンクホークス

 秋季リーグ戦(リーグ戦)を控えたオープン戦で、ここまで4戦負けなしと好調の早大。本拠地・東伏見での今夏1軍にとって最初の試合となったこの日は、雨が降りしきる中で福岡ソフトバンクホークスと対戦した。早大史上初のプロとの対戦で、投手陣は相手打線に9安打を浴びながらも粘りを見せ、2失点にとどめる。一方、序盤に苦しめられていた打線は5回に2点を奪って逆転すると、6回には連打で5点を追加するなど8-2で大勝した。

 中盤の集中打で試合を決定付けた。序盤、早大打線は相手先発・大場翔太の速球に押され、4回まではわずか1安打に抑え込まれる。打線に火がついたのは0−1で迎えた5回。1死一、三塁の好機で土屋遼太副将(教4=東京・早実)が振り抜いた打球は、左翼線へ。これが適時二塁打となり、試合を振り出しに戻した。その後も大場の暴投で走者が生還し逆転。6回には、四死球に安打4本を絡めて一挙5得点を挙げた。

同点打を放った土屋副将

 4人の継投で強力打線をわずか2失点に抑えた。先発のマウンドに上がったのは吉永健太朗(スポ3=東京・日大三)。立ち上がりは雨の影響からか制球が定まらず、先制点を許す。だが2回以降は苦しい場面を何度も迎えるも粘りを見せ、4回1失点でマウンドを救援陣に託した。5回から後を受けた救援陣も中盤に幾度もピンチを迎えたが、要所を締め最少失点にまとめた。

 攻守がうまくかみ合い、見事プロ相手に勝利を収めた。先制されながらも、流れを引き寄せて勝利に結びつけた点は好内容といえるだろう。リーグ戦の開幕までは3週間を切っている。実戦を通じてさらにチームの成熟を図りたい。

(記事 河島孝大、写真 藤川友実子)

★ OB細山田が東伏見に凱旋!

 早大時代は正捕手番号『6』を背負い活躍した細山田武史(平21スポ卒=現プロ野球・福岡ソフトバンク)が、母校を相手に6番・指名打者で先発出場。結果は3打数無安打1四球に終わったが、プロの舞台での今後の活躍に期待したい。

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。