庭球部

2014.09.06

関東大学リーグ 9月3日 東京・有明テニスの森公園

7-2で勝利も、課題の残る内容に

 関東大学リーグ(リーグ戦)2日目は中大と対戦。初日を全勝で終え好スタートを切った早大だったが、この日はシングルスで2ポイントを落とし7-2。リーグ戦2勝目を挙げたものの、課題の残る結果となった。

下級生ペアの小堀・岩崎(左)組

 公式戦としては今回のリーグ戦で初めてペアを組む小堀良太(スポ2=東京・大成)・岩崎歩(スポ1=神奈川・湘南工大付)組がダブルス3に出場した。序盤で3ゲーム先取し流れをつくるが、「守りに入ってしまった」(岩崎)とその後はブレークすることができない。互いに譲らない展開の中迎えた第8ゲーム。7回に及んだジュースの末小堀が鋭いボレーを決め、早大がこのゲームを獲得。6-2でファーストセットをものにした。セカンドセットは初めこそ互角の戦いを繰り広げたが、中盤では疲れの見えてきた相手を突き放し6-3。セットカウント2-0で勝利を収めた。同時に行われていたダブルス1、ダブルス2もストレートで勝利した。

 シングルスでは2選手が苦戦を強いられた。専大との第一戦に続き、巽寛人(スポ2=福岡・柳川)がシングルス6に登場。強打の選手を相手に「タイミングを合わせることを意識しよう」と臨んだ。しかし予想に反して緩急を駆使する相手に対し、攻撃を仕掛けることができない。結果2-6と大きくリードを許した。挽回したいセカンドセットでは両者のキープが続き5-5。巽はチャンスをうかがうも最後はラブゲームでこのセットを落とし、ストレート負けを喫した。シングルス1を任されたのは岡村一成(スポ4=岡山操山)。6-3と滑り出しは順調であったが、相手も徐々に調子を上げ接戦となる。粘りを見せつけられた岡村は、タイブレークの末にセカンドセットを落としてしまった。絶対に譲れないファイナルセット。相手の力強いショットにロブで対応するが攻めのボールが決まらない。悔しさの残る敗戦となった。

相手の勢いに押された巽

 2戦目を勝利で飾った早大だが、決して内容には満足していない。大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)がチームの課題として挙げるのは「全員で応援すること」だ。試合に向けての技の調整だけでなく、全員の意識統一が求められる団体戦。次戦以降も厳しい戦いが予想されるが、「全員で話し合った上で、最高のパフォーマンスができるように」(大城)と意気込みは十分だ。

(記事 松崎はるか、写真 松下優)

結果

▽男子1部

○早大7-2中大

ダブルス1

○古田陸人・今井慎太郎(6-3、6-2)鈴木大介・小坂絢太
ダブルス2
○岡村一成・梶修登(6-2、6-3)月村拓馬・杉浦勝貴
ダブルス3
○小堀良太・岩崎歩(6-2、6-3)古田海人・西條一真
シングルス1
●岡村一成(6-3、6-7(2)、4-6)大和田秀俊
シングルス2
○今井慎太郎(6-1、6-0)鈴木大介
シングルス3
○栗林聡真(6-0、6-1)中川航
シングルス4
○松崎勇太郎(6-3、6-2)杉浦勝貴
シングルス5
○村松勇紀(6-3、6-2)松浦優太
シングルス6
●巽寛人(2-6、5-7)武内直人

関連記事

初日は筑波大に7-0(09/05)
リーグ戦制覇へ!初戦は全勝(09/05)

コメント

大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――きょうは7勝2敗という結果でしたが、感想をお願いします

調子の良い選手を相手に巽(寛人、スポ2=福岡・柳川)が負けてしまいました。勝ちたい試合だったというのは事実なので、悔しいです。その中で最後の試合はチームとして取らなければならないというのを強く感じていました。団体戦は個人で戦っているわけではないので、岡村(一成、スポ4=岡山操山)だけではなく僕らとしても応援の面で改善すべき点がありました。追い込まれたときに全員が試合に集中していた時間というのはあったと思うのですが、そうではないときも気持ちを入れなければなりません。例えばセカンドセットで、岡村がブレークしながらもリードされていたときなど、前兆が見られる場面がありました。ましてや今回は声を出せないということだったので、そのような中でどのように選手に気持ちを伝えるかということも考えなければいけないと感じました。

――大城選手は積極的な拍手で応援しているという印象がありました

そうですね。そこは大げさにでもやらなければいけません。先ほども言ったように声が出せない中で応援することは本当に難しいことです。手を大きくたたいたり、前傾姿勢で応援したり、細かいところまで考えていかないと、気持ちはそこにあったとしても伝わりにくいと思います。主将という立場として自然とそのような行動が出るくらい身が入りますが、僕が模範ということではなくて全員の気持ちが応援に向いてこそ良いチームだと思うので、その部分はみんなで統一していきたいです。

――次は明大戦ですが、意気込みをお願いします

明大は第一戦で法大を破っていて、ここからの3戦は本当に一戦一戦の勝負になります。明大はこれまでの2戦での反省を生かしながら新たな気持ちで挑んでいかなければ破ることができない相手なので、全員で話し合った上で最高のパフォーマンスができるようにチームとしてやっていきたいと思います。

巽寛人(スポ2=福岡・柳川)

――2戦続けての出場となりましたが、試合を終えた感想を聞かせてください

対抗戦などでは数回出場させていただいたことはありました。本番はことしのリーグ戦(関東大学リーグ)が初めてで、2日目のきょうでもやはり緊張はしていましたが、出場させていただいている分勝ちにいきたいという気持ちは強かったです。きのうは勝つことができましたが、きょうは1つポイントを落としてしまってチームに貢献することができませんでした。また試合に出させていただくことがあれば、しっかりとポイントを取ってチームに貢献したいと思っています。

――きょうの試合を振り返ってみていかがですか

ファーストセットは自分のプレーをさせてもらえなかったことで流れが相手にいってしまいました。落とすにしてももう少し内容で競っていればチャンスがあったかなと思います。セカンドセットは5-7だったので。

――相手は強打の選手でした

きょうの選手は強打がすごいというのは分かっていて、タイミングを合わせることを意識しようとしていました。しかし思った以上に相手がペースを落としてきて、それに対応できませんでした。

――第三戦以降への意気込みをお願いします

しっかり勝ってチームに貢献したいと思います。

岩崎歩(スポ1=神奈川・湘南工大付)

――長丁場の試合となりましたが体力面、精神面はいかがでしたか

体力面は全然問題ありませんでした。相手は時間の使い方がうまくて、それに対して僕たちも同じ流れでやってしまいました。そこにはまって僕たちのリターンゲームでは(ポイントを)取って取られてとなって、連続してポイントを取ることができませんでした。時間の使い方をもっと考えていきたいと思います。

――きのうに続きストレート勝ちでしたが、調子は安定していますか

スコアとしては競らないで勝てたと思いますが、中身はギリギリでした。きのうきょうの試合はその中でたくさんの課題が出たので、そこをしっかり改善できるように次の試合に向けて考え直さなければいけないと思いました。

――主な課題としては何ですか

ほとんどがリターン力です。(リターンを)通して前に攻めていく必要があるのですが、全然リターンが安定していません。これから相手のレベルも上がってきますが、一つ抜け出せないところではあります。

――接戦になる場面も見られましたが、焦りはありましたか

自分たちのサービスゲームをキープできていたので焦りはありませんでした。どれだけリターンを思い切りできるかだったのですが、そこで僕は守りに入ってしまったので反省しています。

――小堀選手(良太、スポ2=東京・大成)とのダブルスは、実際にプレーしてみていかがですか

1週間前くらいにペアを組ませていただきました。小堀さんは昨年のリーグ戦の経験があって、ことしの早慶戦(早慶対抗試合)もレギュラーとして出ていて、僕としては支えになっています。それに対して僕はまだ思いっ切りできていないので、もっと1年生らしくプレーしたいと思います。

――今後も試合が続きますが、意気込みをお願いします

まだ(試合に)出るかは分かりませんが、きのうきょう以上に相手のレベルが上がってくるので、気持ち的にも体力的にもしっかりと準備をしたいです。チームの代表としてやっているので、1ポイント1ポイント、チーム全体で勝ちを取りにいきたいと思います。