野球部

2014.09.06

夏季オープン戦(二軍) 8月27日 東京・学習院大グラウンド

投打共に相手を圧倒

TEAM
早大 11
学習院大

秋季リーグ戦(リーグ戦)を見据え、夏季オープン戦で調整を進めるワセダ。この日は学習院大と対戦した。初回に7得点を挙げて試合の流れを一気に引き寄せると、その後も効果的に点を重ねる。投手陣は、3投手の継投で相手打線を完全に封じた。投打がかみ合い、収穫の多い試合になった。

夏の終わりのどんよりとした曇り空。その中で、ワセダの投手陣が放った輝きはより一層鮮明になった。先発のマウンドには上野雄平(教3=東京・早実)。この日は直球の球威、制球共に申し分なかった。気迫溢れる投球で相手打線を6回無失点に抑える。上野の後を継いだ救援陣もそれぞれの持ち味を発揮し、完封リレーで試合を締めた。

好投を見せた先発の上野

 相手の隙は逃さない。抜け目のないワセダ打線は着実に好機を物にした。初回に佐藤晋甫(教1=広島・瀬戸内)の満塁本塁打を含む一挙7得点。打線全体がボール球をしっかりと見極め、相手バッテリーにプレッシャーをかける。そつのない攻撃で大量11点を奪い、投手陣を援護した。

 序盤から主導権を握っても、気を緩めることなく各選手が自分の役割を果たした。投手陣が無失点に抑えたこと、また、打線が効果的に加点できたことはこの試合の大きな収穫だろう。次戦以降も今回のような結果を残したい。リーグ戦を制するためにも、彼らのさらなる成長は不可欠だ

(記事 渡辺新平、写真 笹澤桜)

※オープン戦の記事は都合により試合当日に公開することができないことがございます。読者の皆様には大変申し訳ありませんが何卒ご了承頂きたく存じます。リーグ戦は従来通り、即日公開致します。

※詳細な記事の掲載はリーグ戦開幕まで自粛させていただきます、ご了承ください 。