バスケットボール部

2012.11.23

第64回全日本大学選手権大会(女子) 対順大 11月21日 神奈川・とどろきアリーナ

順大に快勝!ベスト8決める

 全日本大学女子選手権(インカレ)2回戦。早くも関東対決となったこの日、早大は順大と対戦した。関東大学女子リーグ戦(リーグ戦)では、2戦とも快勝した相手だが、ディフェンスで頑張ってくる相手に序盤は苦戦を強いる。しかし、後半から徐々に点差を離していった早大が、97-78で圧倒した。

 前半、早大ボールでスタートしF本多真実(スポ3=愛知・桜花学園)のミドルシュートで先制すると、この日もC丹羽裕美(スポ4=愛知・桜花学園)を中心にオフェンスを組み立てる。しかし、順大もテンポ良くシュートを沈めていき序盤はリードを許す展開に。第1クォーター(Q)を20-25の5点ビハインドで終えるが、第2Qの終了間際には、G本橋菜子(スポ1=東京・明星学園)のブザービートスリーポイントシュートで逆転に成功。42-41で前半を折り返す。後半に入ると、徐々に早大本来の粘り強いディフェンスが機能し始める。また、萩原美樹子コーチ(平17二文卒=福島・橘)が、「今調子が良い」というC桂葵(社2=愛知・桜花学園)がゴール下で圧倒しじわじわと点差を広げ第3Q終えて66-55とすると、第4Qの終盤には昨日に続きベンチメンバーがコートに。全員得点とはならなかったものの2日連続の全員出場で最後は97-78で勝利。ベスト8進出を決めると同時に全日本選手権(オールジャパン)の出場権も獲得した。

 きのう、きょうと2日続けていいかたちで勝ち進んだ早大。前半こそ相手のシュートがよく決まりリードを許していたが後半からは圧巻の内容だった。厳しいディフェンスから相手にイージーシュートを打たせず、リバウンドを取ると速攻で相手ディフェンスが揃う前に得点する。ハーフコートで攻めても中と外からバランス良く得点し、終わってみれば早大の圧勝で終えた。

 明日の相手は関東地区3位の松蔭大だ。リーグ戦では2勝した相手ではあるが、全国でもトップクラスのスコアラーで2年連続リーグ戦得点王の篠崎澪(松蔭大)を筆頭に、のせてしまうと非常に厄介な相手だ。ベスト8進出を決め、第一段階の目標であるオールジャパン出場は決めたが、ここから決勝までの3戦は本当に油断できない試合が続くことが予想される。このいい勢いのまま最後まで突き進んでもらいたい。

(記事 岩本剛志、カメラ 梁瀬智帆) 


第64回全日本大学選手権大会(女子)

早大

97

20-25
22-16
24-14
31-23



82

順大
【スターティングファイブ】
G 森  仁美(スポ3=大阪薫英女学院)
F 本多 真実(スポ3=愛知・桜花学園)
F 金山 舞穂(スポ4=神奈川・金沢総合)
C 傳田みのり(社4=神奈川・金沢総合)
C 丹羽 裕美(スポ4=愛知・桜花学園)

◆コメント
萩原美樹子コーチ(平17二文卒=福島・橘)

――きょうの試合はいかがでしたか
順天大がすごくのびのびとやっていて、昨日順天大は苦しんで勝っていたのできょうは捨て身でくるだろうと思ったら案の定。まあでも私がどうしようかなって思っても、比較的選手が対応してくれたなと思います。
――序盤相手の雰囲気に飲まれてしまったように感じましたが
そうですね。あれは多少予想はできていたんですけど、2ピリ3ピリまで続いちゃうと嫌だなと思ったんですけど、それはなんとか。ただ本多が最初にファウル2回しちゃったので、あれがリズムつかめなかった原因かなと。
――インカレの雰囲気は
選手は多分好きだと思う。基本的に出たがりな子たちだから(笑)。みんな見に来てくれて、全国の人たちがいる中でやるのは若干お祭りみたいな感じなのかな。緊張してる子もいるけど、わりとのびのびやれているかなって思います。
――今調子のいい選手は
桂がいい。きのうきょうとしっかりプレーしてくれているので、あれくらいしっかりやってくれると決勝に向けて計算できるなと思います。
――後半はずっとセンターは桂選手でしたね
後半はかなり落ち着いてやっていたんでいいなと思っています。
――連戦になりますが、体力面などの調節は
微々たるものなんだけど、主力を少しでも温存したいなとは思っています。きょうも一応全員出せたのでそれは良かったかなと。あしたがまた松蔭大で体力を使うところなのでそこもにらみながらでしたね。
――あすも厳しい戦いになりますが意気込みを
ほんとに厳しい戦いにはなると思いますけど、関東で何回か当たってるチームですので、そういう意味では関西、東海とかのわからないチームよりはお互いにやりやすいのかなとは思うんですね。きょうも関東で、順天はリーグでやられたところをアジャストしてきていたので、そういうところは気を付けたいなと思います。

藤生喜代美学生コーチ(スポ3=福井・足羽)
――きょうの試合を振り返ってどうでしたか
前半は苦しい展開だったんですけど、後半はしっかり離しにいけたので良かったです。
――きょうの試合を戦うにあたってゲームプランや約束事は何かありましたか
相手のディフェンスが前からあたってくる特殊なディフェンスでそこを切り抜ければきっちりとやっていけると分かってはいたんですけど、そこでどういう風にボールを運ぼうかということはしっかり準備してきました。
――リーグ戦でやった時との違いはなにかありましたか
シュートの確率が上がっているなって感じました。(きょうの試合でも)前半は入っていましたしやられていた部分もあったんですけど、後半はしっかり守れたおかげで相手も少しずつ外すようになってきたので助かりました。
――これでベスト8が決まり、オールジャパン出場が決まりましたが
そうですね。4年生とかもきょう勝たないとオールジャパンに行けないと意識していたので、1つの目標だったオールジャパンを決められたのは良かったです。
――ではあしたへの意気込みをお願いします
1戦1戦強くなっていくということを合言葉に戦っているので、またあしたの試合を通しても強くなりながら最後は勝っていきたいなって思います。