アーチェリー部

2009.12.31

2010年度関東学生インドア個人選手権

山中、池内がインカレの大舞台へ

 年の瀬が迫る中、年内最後の公式戦となる関東学生インドア個人選手権が行われた。早大勢は男子8名、女子6名が出場。2月に開催される第10回全日本学生室内個人選手権(室内インカレ)の出場をかけた今大会で、男子は山中将弘(スポ4)が8位、女子は池内麻実(スポ1)が9位という好記録をたたき出した。

 普段練習しているフィールドとは的も距離も大きく異なる室内の試合。それだけに早大の成績は芳しくない。去年の室内インカレ出場は山中一人にとどまった。唯一昨年のインカレを経験している山中は今大会も好調だった。終始安定したプレーで大きくスコアを伸ばし、前半を285点という高得点で折り返す。後半でも10点を連発、会心の結果に山中は拳を握り締めた。翌日他大学を待って出た結果は290人中8位。幕引きは年明けに持ち越された。

 「出だしが不調だった」(池内)。初めての室内公式戦に挑んだ池内は最初の2エンドで51点と出遅れながらもすぐに切り替え、直後の第3エンドと第4エンドでは59点をマーク。順調に点数を積み重ねた。9位という結果に「物足りない」(池内)と語るものの、10点の数は上位に決して劣っていない。幕開けからはや9ヶ月、入学時からチームを引っ張ってきたエースの一年はまだ終わらない。

 男子72名、女子36名の狭き門をくぐりぬけ、室内インカレへの出場権を手に入れた池内、山中。両者はエンジを背負い全国の大舞台へ進む。山中にとっては早大生として臨む最後の試合。実力を出し切って悔いのないように戦ってもらいたい。3月に始まったアーチェリー部躍進の一年は、ついに大阪で終幕を迎える。

(尾崎 睦) 

◆結果

男子
 8位 山中 567点
42位 久保陽太主将(教3) 544点

女子

9位 池内 551点
12位 鈴木優香(スポ1) 548点
30位 子川真奈美(教3) 518点
32位 岡村静香女子主将(スポ3) 513点
42位 田多里絵子(スポ2) 495点

※上位50位まで掲載

◆コメント

池内
(9位という結果でしたが、試合を振り返っていかがでしたか。)点数的には物足りないです。インドアでも全日出場を目標にしているので、まだまだだと感じました。しかし、出だしが6射計51点とかなり不調だったのですが、焦らずに「こうすれば当たるんじゃないか」と考えることができ、次の6射計では59点を射ちました。すぐに切り替えられたので、そこはとても良かったと思います。(1年生ながら、早稲田を引っ張る存在となりましたが、今年1年を振り返っていかがでしたか。)点数的には引っ張っていけたのではないかと思いますが、私が点数を出せたのはこの部の良い雰囲気のおかげです。楽しかったの一言に尽きます。(インカレを来月に控えていますが、それまでどういった練習をしていきますか。)インドアはアウトドアと違って距離がとても短いので、この期間にどれだけ射型を固められるかが勝負になると思います。修正したい部分を直し、トレーニングにも力を入れて体作りにも励む予定です。(来年1年の抱負をお願いします。)今年後悔したことは来年は絶対にしません。今年達成できなかったことをクリアしていきたいです。そのために、練習量やトレーニングを見直して、更にレベルアップしていきたいと思います。