庭球部

2014.09.05

関東大学リーグ 9月2日 東京・有明テニスの森公園

初日は筑波大に7-0

 関東大学リーグ(リーグ戦)初日。ダブルスでは全日本学生選手権優勝の梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)組、準優勝の間中早紀副将(スポ4=東京・早実)・吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)組が出場。シングルスではルーキー細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)らが実力を発揮。スコアを7-0とし、筑波大との試合を全勝で終えた。

競りながらも勝利を挙げた間中・吉冨(左)組

 4年生となり自身最後のリーグ戦に臨む間中は、吉冨と組んでダブルス1に登場。積極的なプレーを見せ第1セットを6-3で先取したが、第2セットは互いに一歩も引かずタイブレークに突入。「第2セットは自分たちの強みが出せなかった」(間中)と、惜しくも6-7(4)で相手に受け渡した。追い込まれながらも、第3セットでは自分たちのリズムを取り戻し6-2。実力のあるペアを相手に間中・吉冨組が勝利を手にした。一方、ダブルス2の梶谷・林組は6-0、6-1と安定感のある戦いぶり。確実な1勝をもたらした。

 シングルスではルーキーの細沼が活躍した。試合後には「いつもやるようなテニスはできなかった」と話したものの、相手から確実にポイントを奪っていく。6-2で第1セットを制した。続く第2セットでも勢いに乗る細沼が第1ゲームをブレーク。1-1となった後は相手に1ゲームも与えず、終始細沼のペースで試合を展開していった。ジュースに持ち込まれたゲームでも粘り強く戦うと、ゲームカウントは6-1。初のリーグ戦を勝利で飾った。シングルス1の吉冨はインカレでも熱戦を演じた菅村恵里香との試合。苦戦したが、6-1、6-7(5)、6-1で勝利をもぎ取った。宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)、辻恵子(教2=東京・早実)、林もそれぞれストレート勝ちを収めた。

シングルス2を務めた細沼

 初のリーグ戦に臨む1年生からことしがラストの4年生まで厚い選手層をもって戦い抜くワセダは、どの対戦校との試合でも気を抜くことはない。目標の全日本大学対抗王座決定試合9連覇に向け、まずはリーグ戦での全勝を見据える。

(記事 市原菜穂子、写真 松下優)

結果

▽女子1部

○早大7-0筑波大

ダブルス1

○間中早紀・吉冨愛子(6-3、6-7(4)、6-2)菅村恵里香・古川鈴夏
ダブルス2
○梶谷桜舞・林恵里奈(6-0、6-1)大坪慧美・米原実令
シングルス1
○吉冨愛子(6-1、6-7(5)、6-1)菅村恵里香
シングルス2
○細沼千紗(6-2、6-1)米原実令
シングルス3
○宮地真知香(6-1、6-4)大坪慧美
シングルス4
○辻恵子(6-2、6-3)古川鈴夏
シングルス5
○林恵里奈(6-0、6-1)並木友花

関連記事

リーグ戦制覇へ!初戦は全勝(09/05)

コメント

高田千奈美主将(スポ4=静岡・浜松西)

――きのうの試合が雨で延期になりましたが

前々から予報を見ていて、雨が降りそうだなというのもあり、覚悟はしていました。9月1日に合わせて準備をしてきていたので、朝も会場に来ていましたしリズムを崩されてしまったという面はありました。その中でもおのおの準備してきていたので、次の日になっても臨機応変に対応できたのではと思います。

――初日を終えていかがですか

筑波大はすごくケアをしてきていた大学で、そこと最初に当たるということに緊張はしていました。しかしその中でしっかり7-0というスコアをつけることができたのは収穫だったなと思います。加えて、初戦を良いかたちで締めくくれたことによってこれからの厳しい戦いを良い雰囲気で迎えられるのかなと思います。

――林選手(恵里奈、スポ2=福井・仁愛女)、細沼選手(千紗、スポ1=東京・富士見丘)の試合ではベンチコーチに入られていましたが

2人ともですが、特に林は調子が上がってきていて、試合中も元気にやってくれていました。私から言うことは何もないというような良い試合だったという印象です。細沼の試合では、本人が自分のテニスがいつもと違うというようなことを第1セットから第2セットの途中くらいまで気にしていました。私は気にしなくていいと思っていたのですが、その部分をどうしようかと考えたときに、別にゲームが取れていないというわけではないので思い切ってやろうと言いました。勝つことができたので2人とも良かったのではないかと思います。

――あす以降はどのように戦っていきたいですか

リーグ戦(関東大学リーグ)は10日間と長く大変な試合になりますし、きょうとあしたも連戦で、疲れもたまってくると思います。それをうまくみんなでカバーして、全勝で優勝したいと思っています。

間中早紀副将(スポ4=東京・早実)

――全日本学生選手権(インカレ)が終わってまもない試合ですが、調整の方はいかがでしたか

自分たちは吉冨が後ろ、私が前というのが強みで、それを徹底的に調整して臨みました。

――インカレ終了後、オンコートでチームを引っ張りたいとおっしゃっていましたが

土橋さん(登志久監督、平元教卒=福岡・柳川)、隼さん(渡辺コーチ、平19スポ卒=静岡・庵原)、などコーチの方に指摘していただいて、自分では気付けなかった部分にリーグ戦前に気付くことができました。前日、前々日は引っ張っていけたのかなと思います。

――雨で順延となり行われたきょうの第一戦でしたが、チームに変化はありませんでしたか

そうですね。雨で中止になってすぐに本部に帰って、練習、調整、分析をしました。チームの方に変わりはありませんでした。

――試合を振り返って

ファーストセットは良いかたちで取れたんですけれども、セカンドセットで少し引いてしまいました。自分たちの強みが出せずにポイントを取られたかたちになりました。自分たちのプレーをできていればセカンドセットで終えられていたのではと思います。

――チームを背負って戦うということに、緊張は感じていますか

きょうはそんなに緊張を感じませんでした。それよりも、7-0で勝ちたいという気持ちが強くありました。

――あす以降への意気込みをお願いします

(きょうは)競ったもののしっかりと7-0で勝つことができたので、2戦目以降も大差をつけて、全勝したいと思います。

細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)

――きょうの試合はいかがでしたか

緊張はしなかったのですが、いつもやるようなテニスはできませんでした。しかし相手が同い年で同じ状況ということで、ラリーすればこちらのペースになると思い、第1セットは粘り強くラリーしていきました。第2セットから気持ちに余裕がでてきて、自分のテニスができました。

――リーグ戦初出場でしたが

もっと緊張するかと思っていたのですが、あまりしませんでした。しかしこれからが厳しい戦いになってくるので、もっと緊張してくるのかなと思います。

――高田主将(千奈美、スポ4=静岡・浜松西)がベンチコーチに入っていましたね

的確なアドバイスをしてくださり、ベンチに行くといつも落ち着きます。すごく助かっています。

――相手も同じ1年生でしたが、戦ってみていかがでしたか

ジュニア時代にも何度か対戦したことのある相手でした。戦っていて、やりやすいということはないのですが、同じ立場だということを考えれば向こうもつらいだろうし、同じ気持ちでいるのだなと思えました。ある意味やりやすい相手だったかもしれません。

――きょうは結果として快勝されていましたが、勝利の要因

やはり、これまでの練習量が結果として出たのだと思います。

――あす以降への意気込みを教えてください

試合に出ることができたら絶対に勝って、チームに貢献していきたいです。