庭球部

2014.09.05

関東大学リーグ 9月2日 東京・有明テニスの森公園

リーグ戦制覇へ!初戦は全勝

 関東大学リーグ(リーグ戦)が幕開けした。雨で順延し1日遅れで迎えた初戦は専大との対戦。団体戦初出場のメンバーも多い中、確実に勝利を収め結果は全勝。リーグ戦制覇へ好スタートを切った。

圧勝した岡村(左)・梶修組

 初めに行われたダブルス3試合。ダブルス2は全日本学生選手権で準優勝の岡村一成(スポ4=岡山操山)・梶修登(政経3=東京・早実)組が出場した。「1ポイントずつしっかりとした作戦を持って臨むことができた」(梶修)と自分たちのペースに持ち込む。試合を優位に展開し、6-2、6-1と相手を圧倒した。ダブルス3としては小堀良太(スポ2=東京・大成)・岩崎歩(スポ1=神奈川・湘南工大付)組が出場。岩崎は出場した選手の中では唯一の1年生だったが、堂々としたプレーを見せ快勝。ダブルス1の古田陸人(スポ4=愛知・名古屋)・今井慎太郎(スポ3=神奈川・湘南工大付)組は第1セットを落としたが、巻き返しを図りその後2セットを連取した。

 続くシングルスも実力を存分に見せつけた。団体戦初出場となるシングルス5の村松勇紀(社2=青森山田)とシングルス6の巽寛人(スポ2=福岡・柳川)。そしてシングルス4は昨季のリーグ戦で悔しい敗北を喫した松崎勇太郎(スポ2=神奈川・湘南工大付)。出場した選手の6人中3人が2年生と、フレッシュな顔ぶれで試合に臨んだ。村松は「ミスを減らしてチャンスがあればネットに出る」という自身の目指すテニスを実践。積極的なプレーでチャンスを生み出し、6-0、6-1で大きな1勝を挙げた。巽も粘りのあるプレーで相手の隙を突き、6-3、6-3のストレート勝ち。早大はシングルスでも6戦全勝で終えた。

団体戦初出場の村松

 日が進むにつれて強い大学との対戦が待っているが、初戦は9-0で完勝。雨天順延となったため、翌日も試合が行われる。疲れを残さぬようしっかりと休息を取り、この勢いを継続していきたい。

(記事 細川香衣、写真 松下優)

結果

▽男子1部

○早大9-0専大

ダブルス1

○古田陸人・今井慎太郎(4-6、6-3、6-2)石井開・永田和輝
ダブルス2
○岡村一成・梶修登(6-2、6-1)矢崎頼・吉田元樹
ダブルス3
○小堀良太・岩崎歩(6-1、6-2)本藤優・山西大
シングルス1
○岡村一成(6-0、6-0)永田和輝
シングルス2
○今井慎太郎(6-1、6-2)本藤優
シングルス3
○栗林聡真(6-4、6-0)大塚淳史
シングルス4
○松崎勇太郎(6-1、6-0)油布将也
シングルス5
○村松勇紀(6-0、6-1)濱田大夢
シングルス6
○巽寛人(6-3、6-3)山西大

コメント

大城光主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――雨で順延となりましたがきょうのチームの雰囲気は

おとといの時点から予想できていましたし、そうでなかったとしても決して気を抜いてはいけないと思っていました。緊張感を持ってやらなくてはいけないということは話していて、きのうは早めに中止が決まったので、良いかたちで練習をすることができました。きょうは初出場の選手もいたんですけれど、雨の影響は受けずに入れたのではないかと思います。

――団体戦初出場の選手を含め全勝でしたが

チームとしてはとても大きなことだと思います。必ずしも主力のメンバーが出られるわけではないということは、どのチームにも共通していることです。総力戦になっても勝てるチームを目指すうえでは、最初はかたい部分もありましたが戦い切ってくれたことは大きいと思います。

――あすは連戦となりますが意気込みをお願いします

本当に一戦一戦の勝負になってくると思いますし、相手のレベルもどんどん上がってきて、第一戦より第二戦、第二戦より第三戦…というふうになっていきます。まだ誰が(試合に)出るかも決まっていない状況ですが、誰が出たとしてもチーム全員で戦います。連戦で疲れもたまっているのでそういう時こそチームの力が大事になってきます。まだまだ前半なので、気を抜かずに最後まで戦い抜きたいです。

梶修登(政経3=東京・早実)

――全日本学生選手権(インカレ)が終わってまもない関東大学リーグ(リーグ戦)ですが、調整の方はいかがでしたか

決勝は少し慌ててしまって自分たちの未熟さを感ましたが、インカレを通して良いプレーはできていていました。やってきたことを継続するだけだと思っていて、それをもとに練習し、きょうの試合に臨みました。

――リーグ戦は初出場となりますが緊張はありましたか

思っていたほど緊張はしませんでした。早慶戦(早慶対抗試合)の方が緊張に包まれているという感じでした。いろいろな対抗戦やインカレの大きな舞台などを経験したことで、そういう場でも落ち着いてプレーできるようになっています。あした以降は(試合に出られるかどうか)分かりませんが、きょうと同じように自信と自覚を持って戦いたいと思います。

――試合を振り返って

2ゲーム目に岡村さん(一成、スポ4=岡山操山)のサービスゲームをブレークされてしまったことに、少し不安が残ります。勢いで取ることができましたが、団体戦のプレッシャーや落とせないという思いが二人の中に少しありました。次の試合からはそうではなく、出だしで勢いよく取れるようにやっていきたいです。

――逆に、良かったことはありますか

1ポイントずつしっかりとした作戦を持って臨むことや、ポイントを連取してゲームを離していくことはきょうもできました。引き続きそういった試合展開をして、隣のコートで試合をする選手にも良い影響を与えられるようなダブルスをしたいです。

――あす以降への意気込みをお願いします

重なりますが、雰囲気をつくれるダブルスをして、連戦連勝できるように頑張ります。

村松勇紀(社2=青森山田)

――初の団体戦でしたがどのような気持ちで臨みましたか

急にきた出番といいますか、シングルスも準備はしていたのですがダブルスで出る可能性があって準備をしていて、リーグ戦の1週間前に電話がきて。でも僕にとってはチャンスだと思って、監督(土橋登志久、平元教卒=福岡・柳川)やほかの選手に認めてもらえるようなプレーを目指してやっていました。

――緊張はありましたか

最初だったのでもちろん緊張はあったんですけれど、思い切ってやるしかないという感じでした。緊張よりも、やってやるぞという気持ちが強かったです。

――対戦した相手の印象は

前々から各大学でマークしている選手がいて、僕が出たシングルス5の選手も予測していたんですけれど、当たった相手は正直マークをしていなかった選手でした。やる前はどんなプレーをしてくるのか分からなかったんですけれど、自分がちょっと気を抜けば果敢に攻めてきたので、リードをしても気を抜かないようにしていました。

――快勝されましたが振り返って

序盤は相手のミスに助けられてリードすることができて、中盤で自分の攻めるところは攻める、粘るところは粘るという良いプレーもできました。ミスを減らしてチャンスがあればネットに出るという目標はできているところもありました。あしたからはきょう以上のプレーができるようにしていきたいです。

――夏はどのような練習に重点を置いてきましたか

夏関(関東学生選手権)もインカレもいいところまでいって負けているので、安定感を求めています。ミスの少ないテニスで勝負して、でもそれでは上の選手には勝てないので、その中でネットプレーもできるようなスタイルを目指してこの夏はやっていました。

――あす以降への意気込みをお願いします

相手も強くなってきて、もっと競った場面も増えてくると思います。きょうと同じように、チャンスを生かせるか生かせないかで今後大きく変わってきます。1ポイントも気を抜かずにチームのために勝利をつかめるように頑張りたいです。