庭球部

2014.08.31

全日本学生選手権 8月25日 岐阜メモリアルセンター

吉冨がインカレ初制覇!

 全日本学生選手権(インカレ)も大会最終日。この日は各種目の決勝が行われた。早大からは女子シングルスに吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)、女子ダブルスに間中早紀(スポ4=東京・早実)・吉冨組、梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)組が出場。吉冨が悲願のインカレ初優勝、梶谷・林組が全日本学生室内選手権に続く2つ目の全国のタイトルを手にした。

悲願の初優勝を遂げた吉冨

 ともに実力者として学生テニス界をけん引する吉冨と西本恵(慶大)。その2人がインカレ決勝という最高の舞台で相まみえた。初めに流れをつかんだのは吉冨。緩急をつけたショットで第1セットを6-3とした。しかし第2セット、それまでに決まっていたショットがネットにつかまってしまう。3-6とされ、勝負は第3セットへと委ねられた。吉冨はこの大事な局面でもなかなか思うようなプレーができない。ゲームカウントは2-5、さらには相手に2度のマッチポイントを握られた。しかしこの土壇場で、吉冨は粘りのテニスを披露。第1セットの勢いを思い出させるプレーで流れを一気に引き戻す。相手の攻撃を封じ、5ゲームを連取。4時間近くかかった試合を逆転優勝で飾った。

 女子ダブルスは梶谷・林組と間中・吉冨組との対戦に。第1セットは梶谷・林組が、第2セットは間中・吉冨組がそれぞれ積極的な攻めを展開し、セットを分け合うかたちとなる。勝負のかかったスーパータイブレーク、チャンスをものにしたのは梶谷・林組だった。「思い切っていこう」(梶谷)と気合を入れ直した二人は、林のボレーや梶谷のラリーでポイントを奪う。カウントを2-3から7-3とし、拮抗(きっこう)していた展開を打破。一気に相手を突き放し、勝利を決定づけた。

喜びを分かち合う梶谷(左)・林組

 終わってみれば女子シングルス、女子ダブルスのタイトルを手にした早大庭球部女子。試合後のインタビューでも選手たちが気を緩めることはなかった。「『この一球』の精神を胸に、完全優勝を狙うだけ」(梶谷)。その夢をかなえるための第一戦は、もうすぐそこに迫っている。

(記事 松下優、写真 井上雄太)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽女子シングルス

決勝
○吉冨愛子(6-3、3-6、7-5)西本恵(慶大)

▽女子ダブルス

決勝
○梶谷桜舞・林恵里奈(6-0、2-6、10-5)間中早紀・吉冨愛子

女子シングルス優勝の吉冨

女子ダブルス優勝の梶谷・林(左)組

関連記事

古田・今井組がワセダ対決を制して優勝(08/31)
梶谷・林組が決勝へ!(08/30)
今井が男子シングルス敗退も、男子ダブルス決勝は早大対決に!(08/30)
吉冨、安定したプレーで単複ともに準決勝へ(08/30)
力を尽くし順調な勝ち上がり(08/30)
4年の意地、山崎が次のステップへ(08/29)
明暗分かれる結果に(08/29)

コメント

間中早紀(スポ4=東京・早実)

――全日本学生選手権(インカレ)が終了しました。いまの気持ちを教えてください

いままでのテニス人生の中で一番良い成績を残せたので良かったと思っています。決勝で負けてしまって悔しい気持ちも大きいんですけれども、ここからの団体戦にぶつけて、チームのために戦っていきたいと思います。

――きょうはどのようなことに意識しましたか

先にポーチに出るのを心掛けていたんですけれど、ファーストセットは相手が思っていた以上に先にポーチに出たり仕掛けたりしていたので流れを持っていかれてしまいました。セカンドセットではしっかり自分たちのテニスをしようということを話して、そこは良かったんですけれど。

――本当に先に攻めたペアがポイントを奪うような展開でした

ファーストセットは出だしに集中していこうと吉冨(愛子、スポ3=愛知・椙山女学園)と話していましたが、梶谷(桜舞、スポ3=東京・富士見丘)・林(恵里奈、スポ2=福井・仁愛女)組の方が積極的にプレーをしていて、少し引いてしまった部分がありました。セカンドセットはクロスに返していても先にポーチに出られると思ったので、ストレートアタックをして攻めていき、ポーチにも先に出ました。スーパータイブレークでは、積極的にプレーをできていたと思いますが、その積極的なプレーを読まれてしまっていた部分はあったと思います。しかし、最後のインカレで自分の力は出し切れたと思います。

――個人戦が終わり、関東学生トーナメント(春関)女子ダブルス準優勝、インカレ女子ダブルス準優勝という結果です

春関、インカレともに惜しくも準優勝で悔しい気持ちはありますが、この悔しさを1週間後から始まるリーグ(関東大学リーグ)、王座(全日本大学対抗王座決定試合)にぶつけるだけだと思います。春関と比べるとコンビネーションは良くなっていると思います。また積極的なプレーもできるようになっていると思います。

――吉冨選手とのダブルスについてはどのように思っていますか

吉冨とはとても強気なプレーができるので組みやすいです。普段から仲が良いこともあり、とても楽しいダブルスができます。

――最後になりますが、団体戦への意気込みをお願いします

高田(千奈美、スポ4=静岡・浜松西)が主将として引っ張ってくれているんですけれども、コートでは私が引っ張っていかないといけません。副将として責任感を持って、リーグ優勝して、王座優勝して、全員で喜びたいなと思います。

梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)

――ついにインカレのタイトルを手にしました

実感がわきません。昨年は先を見すぎて悔しい思いをしたので、ことしは目の前の試合に集中していこうと林と話していました。私を引っ張って一緒に戦ってくれた林には、本当に感謝をしています。

――全日本学生室内選手権(インカレインドア)に続く、2つ目の全国のタイトルですね

本当に実感がわきません。でもこれからはナンバーワンとしての自覚を持たなければいけないと思います。その分負けられないプレッシャーが出てくると思いますが、自分たちがやってきたことを信じて、ファイトしていきたいと思います。

――林選手とのコンビネーションについてはいかがでしたか

夏関(関東学生選手権)では吉冨と組んでいて、私のシングルスの試合がインカレ予選からだったので、ほとんど林との練習ができないままインカレに臨みました。少し心配でしたが、林と組んで2年目なのでお互いのやることが分かっていました。私たちは元気を出していければリズムに乗ることができるので、初戦から声を出していきました。

――決勝戦を振り返って

まず、ワセダ同士で決勝戦を戦えたことがうれしかったです。ファーストセットは抑えるところは抑えて、攻めていくところは攻めてというようにメリハリをつけてプレーできました。相手が緊張していたのもあるのですが、自分たちの理想のプレーができました。セカンドセットは、相手は後がないので攻めてくるのは分かっていました。ですが、そこで押されてしまい、引いてしまいました。それでも決勝戦は笑顔でいようと思っていました。スーパータイブレークが始まるときには悔いが残らないように思い切っていこうと話し合いました。先日行われた夏関ではマッチポイントを握ってから弱気になってしまったので、強気と言い聞かせていました。全部を取ろうとしないで、1ポイント1ポイントを勝負していけたところが良かったです。二人で取ることを意識してできました。本当に決勝戦は楽しくプレーすることができました。緊張した場面もありましたが、笑顔を忘れずに楽しく、そしてファイトできたことが良かったです。

――2セット目取られた原因は何だと思いますか

ファーストセットがうまくいきすぎたということもあるのですが、相手は後がないという状況で、私たちが引いてしまったことです。

――来季のインカレでは連覇がかかります

まだ誰と組むかは分かりませんが、成長した自分になってまた岐阜に帰ってきたいと思います。ダブルスは2連覇がかかりますが、そのことは考えず、また一戦一戦を戦うだけです。

――リーグ戦に向けて一言お願いします

いままでは個人戦の戦いでしたが、これからは団体戦のシーズンになります。ワセダを背負って、そしてチームの代表として戦うので、個人戦とはプレーが変わってきます。昨年の王座でも言ったのですが、『この一球』の精神で、自覚を持ってプレーしたいです。そしてチーム一丸となり、完全優勝をしたいと思います。

吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)

――初優勝おめでとうございます。率直な感想をお願いします

昨年のインカレ(全日本学生選手権)の準決勝で悔しい思いをし、ことしは絶対に取りたいと思っていたので、素直にうれしいです。

――相手は関東学生トーナメント(春関)決勝でも対戦した西本恵選手(慶大)でした

西本さんには春関では勝ちました。しかし一番の目標にしていたのはインカレの決勝だったので、相手よりもタイトルを取りたいことによる緊張の方が大きかったです。

――プレーの面で心掛けたことはありますか

岐阜のコートは球足が遅く、簡単には決まりません。西本さんの強打は全部追いかけて、打てるところでは思い切って打っていこうと思っていました。

――2セット目、3セット目で相手にリードされた時はどのような心境でしたか

焦っていて冷静にものごとを考えられませんでした。

――来季は連覇がかかります

ことしは正直負けてもおかしくない試合で、運よくたまたま勝てたので、来季はしっかりと自分の力をつけて、また優勝したいです。

――ダブルスの試合を振り返って

ダブルスは大事なところでの攻めや、確率が悪かったと思います。良いプレーと悪いプレーの差を埋めるのが課題です。

――ダブルスについて、今季は好成績を残していますが、何か成長は感じていますか

内容は決して良いものではありませんでしたが、春関、夏関、インカレと決勝まで進めているのは昨年までと比べて成長していると思います。

――まもなく団体戦が始まります

リーグ戦では、昨年は負けも多かったので、ことしはしっかりチームに貢献したいと思います。

林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)

――インカレ優勝を果たした気持ちを教えてください

優勝を目指して練習してきたので、シングルスでは負けてしまいましたが、ダブルスで優勝を勝ち取ることができてうれしいです。

――インカレインドアで優勝していますが、それから何か意識したことはありましたか

インカレインドアで優勝して、他の大学からのプレッシャーを感じないように常に挑戦者として戦うことを意識していました。

――梶谷選手とのダブルスではお互いの良い点が生かされていると思いますが

昨年から梶谷さんと組ませていただいていて、今大会ではお互いがお互いをカバーし合って二人で勝ちにいけたと思います。

――決勝を振り返って

ファーストセットは相手の調子があまり良くなかったこともあり、自分たちのプレーができていたと思います。セカンドセットはプレーに硬さがあり、気持ちが引いてしまいました。スーパータイブレークでは、出だしから積極的に攻めることができたので勝てたと思います。

――きのうは「決勝では先輩後輩を意識せずにプレーしたい」と言っていましたが、できましたか

全体的にはできましたが、セカンドセットは少し意識してしまいました。

――最後に、団体戦に向けて一言お願いします

チーム一丸となって、試合に出させていただけることになったら全力で戦い、元気と気持ちでは誰にも負けないくらいの勢いで、一戦一戦頑張りたいと思います。個人戦ではタイトルが取れましたが、団体戦は個人戦と違った雰囲気があるので、気持ちを切り替えて戦っていきたいと思います。