準硬式野球部

2014.08.30

東京六大学秋季リーグ戦 8月30日 早大東伏見グラウンド

東大に辛勝、不安の残る幕開け

TEAM
東大
早大 3X

 春秋連覇を狙う早大の戦いは、先行き不安な幕開けとなった。開幕カードの東大1回戦は2回に1点を先制したがその後は無得点に抑えられ、迎えた最終回。ここまで東大打線を3安打に抑えていた先発の河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)が集中打を浴びせられ、まさかのノックアウト。裏の攻撃で昨季王者の意地を見せてサヨナラ勝ちを収めたものの、初戦を快勝で景気づけることはできなかった。

 河合をリードする松下和樹(先理3=静岡・掛川西)は、受けるボールからエースの不調を感じ取っていた。「9回まで打たれなかったのが不思議なくらい。いつ打たれてもおかしくなかった」。ボール球を振らずに見極めてくる相手打線に対して球が上ずり、簡単にアウトを積み重ねていくことができない。河合自身は「調子は悪くなかった」と語ったものの、自分本来の投球は影を潜めた。1点リードで迎えた9回、先頭打者に出塁を許すと一死から左中間に同点三塁打。さらに、詰まらせた打球が三塁手の頭上を越える不運な安打で逆転を許す。次打者にも間髪いれずに初球を左翼線に運ばれて3失点で降板した。

9回に集中打を浴び、逆転を許した河合

 2点をリードされ追い詰められた打線は、最後の攻撃でようやく火がついた。2回に併殺崩れの間に1点は奪ったが、その後は8回まで4安打に抑え込まれていた早大。先頭の南貴文主将(スポ4=兵庫・加古川西)が反撃ののろしを上げる右前打で出塁すると、代打・休波隼(スポ3=茨城・日立第一)が左前打で続く。無死1、2塁の好機で土屋聡(スポ3=静岡・磐田南)が放った打球は左翼線際にポトリと落ちるラッキーな適時打となりまずは1点を返す。なおも攻め立て、吉田哲朗(人3=茨城・江戸川学園取手)が押し出し四球を選んで同点にすると、打席には1番・松本憲太郎(スポ2=福岡・筑紫丘)。「4打席目まで全然駄目だったので、なんとか打席の中で修正しようと思った」。振り抜いた打球は飛び込む二塁手のグラブをかすめて右前へ。これがサヨナラ打となり、辛くも初戦での黒星はまぬがれた。

貴重なサヨナラ打を放った松本

 「悪い練習をしてきたので悪い結果になったことは当たり前なのかなと思います」(南)。全日本選手権を2回戦で敗退し、リーグ戦に向けた準備期間は十分あったはずだがそれがあだとなった。敗戦のショックからなかなか気持ちが切り替えられず、課題の克服に集中できない状況に陥っていたのだ。試合後に河合が残した「リーグ戦が始まったという実感があまりない」という言葉が調整の遅れを物語っているだろう。あす行われる2回戦では心機一転、相手を圧倒する早大の姿が見られることを期待したい。

(記事 中澤佑輔、写真 小川朝熙)

コメント

南貴文(スポ4=兵庫・加古川西)

――今日の試合を振り返って

正直練習でやっていたことが、出たのかな、と。悪い練習をしてきたので悪い結果になったことは当たり前なのかなと思います。

――秋季リーグ戦に対してチームで共有している目標は

もちろん優勝です。それ以外にはないですね。

――きょうは8回まではなかなか打線がつながりませんでしたが

打たされている、という感じであったり、フライが多かったりと。まあ考え方の面で甘かったのではないか、と思います。

――最終回は南主将の安打から打線がつながりましたが、あの打席を振り返ってみて

そうですね、とにかく平常心を保ってやれば打てるかな、と思っていました。逆に何も考えずに打ちました。

――明日の試合への意気込みをお願いします

とにかく、気持ちをすぐに切り替えて、明日は相手を圧倒できるように頑張りたいと思います。

河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)

――開幕戦惜しくも勝利投手とはなれませんでしたが、きょうの試合を振り返ってみていかがでしょうか

いや、もう最悪ですね(笑)。心のどこかで舐めてたと思うんですけど、多分みんなそういう雰囲気が伝染して、どこかで決まるだろうと思っていたからああいう試合展開になっちゃったのかなと。

――では、9回に逆転されてしまったときにマウンド上で思わず苦笑いがこぼれたのも、予想外の結果に対してということでしょうか

そうですね。9回が始まるときにちょっと危ないなという雰囲気は僕も感じていて、これはやばいなと思っていて、打たれて案の定という感じで苦笑いしてしまいました。

――7回に左越二塁打を打たれたあたりから徐々に感じていたと

そうですね。そんな感じです。あとは7回2死一、三塁の場面で自分が打席に立ったときとかも、流れがいいときはあの打球でも越えるのに越えない。これはやばいな。なかなか点が入らないので、流れが良くないというのは感じていました。

――これまでの東大打線と比べてもいい球にはしっかり食らいついてくるようになったと思います

はい、選球眼がいいんじゃないでしょうかね。変なボールに手出さずに甘い球には食らいついてきてますし。

――それはもう初回から感じていたのですか

そうですね。春(東京六大学春季リーグ戦)からも良かったんじゃないでしょうか。選球眼はいいと思いますね。

――全日本学生選手権(全日本)から終わってから取り組んできたことなどはありますか

全日本が終わって気が抜けたというか、体と心を休める感じで、全日本で負けて調子と気持ちが一緒に落ちて、どうやって戻そうかなということを考えてやってきました。きょうは別に僕の調子は悪くはなかったです。

――逆に時間が空いたことで緊張の糸が切れてしまったということでしょうか

それはありますね。リーグ戦が始まったという実感があまりないです。

――きょねんの方が、全日本終わってすぐ行くぞという感じになれたと

そうですね。終わって切り替えられたというか、4年生とやるのがこれが最後だというのは、どこかにあってすぐに切り替えられたんですけど、ことしはうまくスイッチが入っていない感じがいけないのかなと。東大戦なので勝てるだろうという気持ちもあって、中途半端になってるのかなと思います。

――体の調子自体は

大丈夫ですね。疲労とかはないので。

――最後に2週間後の立大戦に向けて一言お願いします

立大戦は完封で勝ちます!

松下和樹(先理3=静岡・掛川西)

――初戦はなかなか点の取れない苦しい試合となりました

もともと打てないチームだとずっと言われていて、全日本が終わってからそこを修正しようと練習してきました。でも練習でも全日からなかなか切り替えることができなかったので、それを引きずってしまった結果がきょう出ちゃったのかなと思います。

――右サイドからの球筋が打ちづらいということもあったのですか

そういうことは特になかったですね。遅い球をちゃんと芯に当てるということがきょうはできませんでした。

――河合投手の調子はどのように感じましたか

もう本当によくないほうで、9回まで打たれなかったのが不思議なくらいですね。結局最後にチームの弱さが出て3点取られてしまったので、もう少し頑張ってほしいです。

――最後に突如流れが変わってしまったことも必然だったということですね

そうですね。いつ打たれてもおかしくなかったです。

――9回の戦況はどのようにご覧になっていましたか

連打されて止められなかったので低めを意識させたんですけど、結局は浮いてしまいました。ピッチャーを変えて沼座(翔平、スポ3=広島なぎさ)がちゃんと抑えてくれたのでよかったですね。

――打たれた理由というのは

根本的に球が高いということですかね。

――東大の打線も力を付けていたように感じます

そうですね。きょうを見ればうちより全然良かったのでそういうところは見習いたいと思います。

――それでも最終回に逆転されたことで打線にスイッチが入りましたね

遅かったんですけどそれがいい起爆材になったというか、言葉は悪いですけどそんな感じですね。とりあえず先頭が出てくれたことが大きかったです。

――あすの2戦目に向けて修正点があればお願いします

きょうみたいな試合をやっていたらリーグ戦は絶対優勝できないので、あしたはちゃんと大差で勝利できるように気を引き締めてやっていきたいです。

松本憲太郎(スポ2=福岡・筑紫丘)

――開幕戦を振り返って

全日本選手権の時もそうなんですけど、初戦ってなかなか自分たちの思う通りに行かなくて、そのなかでどうやって勝っていくかというのが自分達の課題だったので、今回に関しては、試合の流れとかも自分達に引き寄せられないまま最後までいってしまって。結果相手に流れを渡してしまって逆転されてしまったので、正直結構きつい試合だったなと思います。

――4打席目まで安打がありませんでしたがそれについてはいかがですか

4打席目まで全然だめだったので、なんとか打席の中で修正しようと思ったんですけど、なかなか上手くいかなくて、そこが自分の課題かなとも思いますし、自分は一番なので、もっと首位に出てホームに帰ってこれるような仕事ができないと、このチームは勝てないかな、と思いました。

――9回の打席はどのような気持ちで入りましたか

前のバッターが押し出しでそれで同点に追いついたので、1アウトでしたし、結構余裕をもって、気楽にバッターボックスに立つことが出来ました。

――あした以降の試合への意気込みをお願いします

きょうはちょっと上手くいかなかったんですけど、またあしたも試合がありますし、これからまだまだ長くリーグ戦が続いていくので、切り替えてしっかり頑張っていきたいと思います。