庭球部

2014.08.30

全日本学生選手権 8月24日 岐阜メモリアルセンター

梶谷・林組が決勝へ!

 全日本学生選手権(インカレ)もいよいよ大詰め。この日行われた女子シングルス準決勝では、吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)がワセダ対決を制し自身初の決勝へ。女子ダブルス準決勝ではワセダの2組が勝利し、優勝への望みをつないだ。

逆転負けに終わった宮地

 女子シングルス準決勝は、くしくもワセダ対決。これまで何度も試合を重ねる吉冨と宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)との戦いとなった。立ち上がりは宮地が持ち味の安定したテニスを披露。伸びのあるストロークを左右に振り分けて打ち込むと、6-0で第1セットを手にした。しかし、「リズムに乗り切れなかった」(宮地)とここから吉冨が息を吹き返す。第2セット第1ゲームをブレークすると、自らのサービスゲームをしっかりとキープ。何とかボールに食らいつく粘りのテニスでこのセットを6-2とした。その勢いは第3セットでも止まらない。粘りのテニスで徐々にその差を広げ、ゲームカウント6-2。吉冨が勝利への執念を見せた。

 梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)組の相手は藤岡莉子・村瀬早香組(慶大)。今回のインカレ女子ダブルス3回戦、準々決勝でワセダ勢を倒してきた相手であり、「負けられないというのはあった」(林)と選手もそれを自覚したうえで試合に挑んだ。結果は6-3、6-4。手堅くストレート勝ちを収めたように思えるが、「本来なら6-2、6-2くらいで勝たなければいけなかったと思う」(林)と自分たちのプレーにまだまだ満足はしていないようだった。

2つ目の全国のタイトルを狙う梶谷(左)・林組

 全国屈指の精鋭が集う中行われている今大会も、あとは決勝戦を残すのみ。学生テニス界の王者となるのは果たして――。あすの試合は、単複ともに見逃せない試合になりそうだ。

(記事 松下優、写真 石丸諒)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽女子シングルス

準決勝
○吉冨愛子(0-6、6-2、6-2)宮地真知香

▽女子ダブルス

準決勝
○間中早紀・吉冨愛子(7-5、7-6(4))寺見かりん・本郷未生(山梨学院大)
○梶谷桜舞・林恵里奈(6-3、6-4)藤岡莉子・村瀬早香(慶大)

関連記事

今井が男子シングルス敗退も、男子ダブルス決勝は早大対決に!(08/30)
吉冨、安定したプレーで単複ともに準決勝へ(08/30)
力を尽くし順調な勝ち上がり(08/30)
4年の意地、山崎が次のステップへ(08/29)
明暗分かれる結果に(08/29)

コメント

宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)

――きょうはどのような気持ちで試合に臨みましたか

インカレ(全日本学生選手権)はいままで初戦で負けていて、ことしはここまでしっかり勝ち上がれたので、これからも一つずつ頑張ろうと思っていました。

――これまでインカレではあまり良い結果を出せていませんでしたが、ことしはベスト4まできましたね

夏バテやケガでしっかりとした練習ができずに負けてしまった部分があったので、ことしは体調を万全な状態にして、しっかりと練習できるようにしました。

――きょうの試合を振り返って

よく分からない試合でしたね…ファーストセットをああいうかたちで取ったとき、自分はたいてい良くなくて。良いかたちで取れすぎて、勝ってはいるんですけれども、いまいちリズムにのりきれないというか。リズムがつかみにくかったです。

――次は関東大学リーグ(リーグ戦)が控えていますが

すごくタフな大会がまた始まるんですけれども、個人戦は終わったので今度はチームのために、自分が出たら1勝は取ってくるつもりで。もう一回気持ちを整えて、また頑張りたいです。

林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)

――きょうは藤岡(莉子)・村瀬(早香)組(慶大)との試合でした

今回のインカレで金井(綾香、社1=東京・早実)・細沼(千紗、スポ1=東京・富士見丘)組、辻(恵子=東京・早実)・山添絵理(人1=千葉・渋谷教育学園幕張)が負けていて、負けられないというのはありました。早慶戦(早慶対抗試合)でも藤岡・村瀬組とは試合をしていて、そのときはこちらに運がきて勝てたというような試合で。今回の試合では向こうは向かってくるだけだと思ったので、こっちも引かずに思い切ってやっていこうという感じでした。

――試合を振り返ってみていかがですか

ファーストセットは良いところもあり、ミスもあり、という流れでした。セカンドセットも最初の私のサービスゲームからブレークされて、0-2スタートで。昨年から結構出だしのこととかは言われていて、サーブの確率が良くなくて積極的に攻めることができずに競ってしまいました。本当だったら6-2、6-2くらいで勝たなきゃいけなかった試合かなと思います。

――第2セット3-2から3-3、3-4と逆転されたところで、その後は一気に巻き返しましたね

3-2から3-3に巻き返されたときはこっちのミスが多くありました。3-4の追い込まれた場面でギアを上げたから6-4で勝てたということで、そこでギアを上げるのであれば最初から自分たちで上げられるようにしたいです。

――あすは決勝です

相手も早大で、先輩なんですけれども、ここまできたら先輩後輩は関係ないと思うので、向かっていくだけかなと。インカレで優勝するために練習を頑張ってきたので、あしたは本当に出し切りたいです。