庭球部

2014.08.29

全日本学生選手権 8月22日 岐阜メモリアルセンター

4年の意地、山崎が次のステップへ

 全日本学生選手権(インカレ)本戦4日目のきょうは単複ともに同士打ちが行われた。女子シングルス4回戦の山崎香織(スポ4=愛知・名経大高蔵)と辻恵子(教2=東京・早実)との対決では山崎が勝利。女子ダブルス3回戦の間中早紀(スポ4=東京・早実)・吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)組と宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)・日比沙織(スポ3=神奈川・湘南工大付)組との対戦は間中・吉冨組が制した。

今大会が最後のインカレとなる山崎

 第1セットを6-3で先取した辻だが、第2セットは苦しめられることになる。前セット終盤から攻めの姿勢を見せていた山崎が流れをつかみ、このセット序盤で一歩前に出た。軽い身のこなしで相手のミスを待つも、なかなか思い通りにいかない辻。最終的に打ち負ける展開が続き、流れを取り戻せないまま2-6で第2セットを落とした。迎えた最終セット、主導権を握ったのは山崎だった。勢いのあるスイングを最後まで維持し、余裕を持った位置取りで理想のコースを打ち抜く。ボールを追い続ける辻にとどめを刺し、準々決勝へと駒を進めた。

 間中・吉冨組が激しい同士打ちを制した。第1セット、一挙4ゲームを連取した間中・吉冨組。しかし、宮地・日比組の粘り強さに苦戦してしまう。4-0から5-4までゲーム差を詰め寄られた第10ゲーム、ここで間中のプレーが光った。甘い球を徹底的にボレーで返すと、何とか悪い流れを断ち切り6-4でこのセットを終えた。続く第2セット、負けていられない宮地・日比組は相手のリードへ即座に追いつく集中力を発揮。互いに譲らない展開で迎えた第11ゲーム、チャンスが訪れたのは間中・吉冨組だった。「間中さんの前での動きがプレッシャーになっていた」(日比)と、宮地・日比組は間中の巧みなボレーに圧倒される。ブレークを許し、間中・吉冨組が勝利した。

惜しくも届かなかった宮地(左)・日比組

 関東大学リーグを前に盛り上がりをみせるインカレだが、早大にとっては同士打ちが多く発生。選手にとっては厳しい試合となるが、実際の試合で仲間と交わることによって新たな収穫があることは間違いない。負けてしまった選手は悔しさをバネに、勝ち残った選手は仲間のためにも全力を尽くして次のステップへと進んでもらいたい。

(記事 扇山友彰、写真 吉原もとこ)

※掲載が遅くなり、申し訳ありません

結果

▽女子シングルス

4回戦
○山崎香織(3-6、6-2、6-2)辻恵子
○宮地真知香(6-3、6-1)宇佐美愛(関学大)
○吉冨愛子(7-6(6)、7-6(5))高松奈央(中京大)
●林恵里奈(4-6、6-2、4-6)佐野真代(明大)

▽女子ダブルス

3回戦
○間中早紀・吉冨愛子(6-4、7-5)宮地真知香・日比沙織
○梶谷桜舞・林恵里奈(6-4、6-4)古屋美智留・太田千晶(中京大)
○辻恵子・山添絵理(1-6、6-4、10-5)岡田優里・中川知聡(山梨学院大)
●金井綾香・細沼千紗(3-6、6-3、5-10)藤岡莉子・村瀬早香(慶大)

関連記事

明暗分かれる結果に(08/29)

コメント

日比沙織(スポ3=神奈川・湘南工大付)

――ダブルスの試合を終えて、いまのお気持ちは

今回はシングルスも細沼(千紗、スポ1=東京・富士見丘)と同士打ちで、そこでも競ったスコアで負けてしまいました。間中さん(早紀、スポ4=東京・早実)と吉冨(愛子、スポ3=愛知・椙山女学園)とは、部内戦でもよくやっていてお互いに手の内を知り尽くしていました。競ったんですけれど、やっぱり私たちの方が攻め切れなくて、大事なところで攻めていたのは向こうだったかなと思います。僅差でしたが、そういうのが出た試合になったかなと思います。

――具体的には相手の何に苦戦しましたか

間中さんが前での動きがすごく良いので、それがかなりプレッシャーになっていました。またこのコートは(ボールが)よく跳ねるので、吉冨のロブからの展開で取られてしまいました。コートの特性を利用してどんどんと攻められてしまいましたね。

――第1セット立ち上がりは4ゲーム連取されてしまいましたが

あのときは、相手の攻めを気にしてしまいこちらがどんどん引いてしまったかたちでした。なので、一回冷静になって相手の動きをよく見て、こっちもしっかりチェンジするなど前の動きも入れました。その後はだいぶ自分たちのペースにできたかなと思ったんですけれど…。

――では今大会を踏まえて、今後の団体戦に向け意気込みをお願いします

私はもうきょうで帰るんですけれど、インカレ(全日本学生選手権)でワセダは結構勝ち上がっています。あと1週間少しでリーグ戦(関東大学リーグ)が始まってしまい体力的に厳しい部分はあるんですけれども、それぞれの反省点や課題をしっかりチームとして改善しながらしっかりとチーム力で戦っていきたいと思います。

辻恵子(教2=東京・早実)

――シングルスの試合を振り返って、いかがでしたか

ファーストセットは自分から攻めていき、取ることができました。しかしセカンドセットは、相手が思い切って攻めてきた際にこちらが引いてしまいました。また、きのうまでシングルスもダブルスも長い試合で十分なケアができず疲れが残ってしまったので、セカンドセット以降に響いてしまったところがあります。

――同士打ちでよく知る相手との対決でしたが、事前に対策を練りましたか

相手のバックにスピンボールを打って、甘くなったらストレートに打つことを意識してプレーしました。

――ダブルスの試合はいかがでしたか

ファーストセットではゲームカウント0-5まで追い込まれてしまい、こちらの元気もあまりなく、雰因気も良くありませんでした。セカンドセットからは、思い切って振っていこうと話して。キープを続け、最後にブレークすることができました。

――インドアコートになってからの切り替えについては

相手のサーブは入れにいっている感じがしていたので、思い切ってたたきにいこうと話しました。一度二人で話せたことが良かったと思います。

――スーパータイブレーク時、一度押されている展開をどう切り抜けましたか

守ってしまった部分があり、なかなか追いつけない展開が続きました。二人で話しあったり、山添(絵理、人1=千葉・渋谷教育学園幕張)がボレーを決めてくれたりして試合の流れを持って来ることができたことが主な要因だと思います。