メニュー

水泳部

2014.08.24

日本選手権予選会 8月23日 埼玉・青木町公園プール

日本選手権の出場権獲得を決める

TEAM 1P 2P 3P 4P
早大
筑波大
▽得点者
戸張5、武田2、深田2
TEAM 1P 2P 3P 4P
早大
秀明英光高
▽得点者
戸張4、武田、瀧川、深川

 前日の快晴から一転して曇り空が広がる中、この日も日本選手権の予選会が行われた。早大は2試合を戦い、1試合目の全筑波大戦では最終盤に逆転しそのまま白星を挙げると、続く秀明英光高戦でも1点のリードを守り切り連勝。接戦を制し、日本選手権の出場権を手にした。

 勝てば日本選手権が決まる全筑波大との一戦は、互いに競り合うかたちとなった。3-3で迎えた第2ピリオド中盤、早大は武田望(スポ4=富山北部)が遠目からのループシュートを決めこの試合で初めてリードを奪うと、直後にGK高島丈司(社2=東京・明大中野)が好セーブを見せ得点を与えない。このまま流れをつかみたいところだったが、第3ピリオドでは相手の攻撃をしのぎ切れず。7-7の同点で最終ピリオドへ突入した。

 勝負も残り1ピリオドとなり、先に点を取りたい早大。しかし、ポストに嫌われ好機を逃すと全筑波大にシュートを決められてしまう。1点ビハインドとなるが、ここでチームを救ったのが戸張真寿主将(スポ4=埼玉・秀明英光)だった。武田の右からのパスを決め同点に追い付くと、残り時間7秒で得たペナルティースローのチャンスをものにして勝ち越しに成功。「決めるべきところとか、ボールが回ってきたときにミスなく決めることができて良かった」という言葉通り、この試合5得点で全筑波大戦での勝利を引き寄せる活躍を見せた。

大車輪の働きをした戸張主将

 日本選手権への出場を確定させた早大は、予選通過順位を争い秀明英光高との試合に臨んだ。秀明英光高とは公式戦では昨年の日本選手権以来の対戦。昨年はまさかの敗北を喫しているだけに、負けられない戦いとなった。序盤は退水(※)のピンチから失点を許すなど、連戦の疲れからか秀明英光高ペース。だが、第2ピリオドでは自分たちのペースを取り戻し相手の攻撃を無失点に抑える。守備からリズムをつくり、4-3で前半を折り返した。後半では瀧川峻也(スポ3=京都・鳥羽)の浮き球のパスを戸張がワンタッチで押し込むなど後半戦の全得点を挙げると、最後のピンチを高島が防ぎ7-6で試合終了。2試合連続で1点差ゲームを取り、昨年のリベンジを果たす結果となった。

攻守に存在感を見せた武田

 「ここまでの3試合通して最後の最後まで集中してやれた」(戸張)。連日の接戦となったが、苦しみながらも全勝で2日目を終えた。これを受け、あすは予選1位通過を懸けた社会人チームのブルボン柏崎との試合が控える。格上との戦いになるが、「泳いでいきます」(池水勇太、スポ1=鹿児島南)と話すように早大らしさを武器に挑み白星を奪いたいところだ。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事 角田望、写真 田島光一郎)

関連記事

PT戦を制し、初戦突破!(8/22)

コメント

戸張真寿主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――初戦は全筑波大が相手でしたが、ミーティングではどのようなことを話していたのですか

勝てば日本選手権の出場が決まるという試合だったので絶対に勝とうと話しました。特に相手の左サイドの稲場選手と市川選手、右サイドの吉田選手を注意してケアするということ、ディフェンスのことを中心に話し合いをしました。

――実際に試合をしてディフェンスはどうでしたか

ディフェンスに関しては良かったと思うんですけど、点につながるようなミスが多かったかなと。トーナメントを通してそういうミスが多くて、インカレ(日本学生選手権)直前なのでそういう部分をまだまだ改善していかないといけないなと思います。

――ゴールを試合の要所で決めていましたね

退水だったりとか自分がケアされているということは分かっているので、引きつけて周りにパスを出すということを意識していたのですけれど、やはり決めるべきところとか、ボールが回ってきたときにミスなく決めることができて良かったと思います。

――秀明英光戦では母校であることや、昨年の日本選手権で敗戦を喫していたことから特別な思いもあったのではないでしょうか

そうですね。きょねん負けているのでリベンジという気持ちもありますし、母校に負けるわけにはいかないということで最後まで気持ちを切らさず、1点差でも勝てて良かったです。本当は高校生が相手なのでダブルスコアぐらいで勝たないといけないと思うんですけど、内容は良くなかったですけど勝って良かったなと。/p>

――チームとしてよかった点は

セットディフェンスに関しては話し合っている通りに動くことができているのでそれに関しては良かったと思います。

――逆に課題はありましたか

(プレーが)かみ合わなかったときに、ターンオーバーだったり自分たちのミスから直接点につながってしまうことが多いので、イージーミスをなくすことが課題かなと思います。

――きょうは2試合続けて1点差ゲームを取りました。チームとしても大きかったのではないでしょうか

接戦をものにできたというのはここまでの3試合通して最後の最後まで集中してやれたということだと思うので、そこは評価してもいいのではないかなと。

――あすのブルボン柏崎戦に向けて意気込みをお願いします

あしたのブルボンは格上なので、胸を借りる気持ちで全力で戦いたいと思います。

池水勇太(スポ1=鹿児島南)
――きのうは全筑波大戦に向けチームでミーティングをされたそうですが、どのような話だったのでしょうか
ミスなく、相手のエースを抑えていけるようにやっていこうということでした。
――実際に試合をしてみていかがでしたか
出来たところもあったのですが、出来なかったところも多くて、しっかりやればもっと楽になるんじゃないかと思います。
――全筑波大戦で1点差の勝負を分けたのはどのようなポイントだったのでしょうか
やっぱり勝ちたいという気持ちだったと思います。最後は気持ちです。
――秀明英光高とは普段から一緒に練習をしているのですか
そうですね。互いにチームのことを良く分かっていますね。
――どのような試合にしようとしていたのでしょうか
カウンターを出されないようにしようと。
――全筑波大との接戦の後のゲーム、疲れはあったのではないですか
疲れはありましたね。きつかったです。
――それが原因でカウンターを出されたところもあったのでしょうか
最初のほうに出されてしまいましたね。
――第1ピリオドを取られて、焦りはありましたか
少し焦りました。
――第1ピリオドの後、チームで話したことはありますか
早撃ちを減らしていこうとかですね。
――春と比べて、チームで良くなったと思う点はありますか
声が出るようになってきたので、まとまりも出てきたと思います。
――個人的に伸びた点はありますか
僕はまだまだなので。もっと頑張っていきます。
――きょうのチームとしてのディフェンスはいかがでしたか
良いところもあったと思いますが、まだできていないところやミスでやられることがあったので、そこは減らしていきます。
――日本学生選手権までに修正可能なところということでしょうか
そうです。
――あしたはブルボン柏崎戦。どのように挑みますか
力が強くてフィジカルじゃ勝てないと思うので、泳いでいきます。