メニュー

水泳部

2014.08.22

日本選手権予選会 8月22日 埼玉・青木町公園プール

PT戦を制し、初戦突破!

TEAM 1P 2P PT
早大
日体クラブ
▽得点者
瀧川3、深川2、池水、武田、戸張、深田

※PTはペナルティースロー戦を指す

 10月に行われる日本選手権の予選会が始まった。本選への出場権を確保するとともに、日本学生選手権(インカレ)を見据えて今夏の成果を実戦で試す重要な試合だ。初戦の相手は日体クラブ。「実力的には僕らのほうがかなり上」(深田隼輔、スポ3=鳥取中央育英)というチームであったが、第2ピリオドまでの変則ゲームの中でミスが相次ぎ、同点に並ばれる。それでもペナルティースロー戦を手堅く制し、予選突破に向けて第一歩を踏み出した。

 練習拠点である早大所沢キャンパスアクアアリーナは屋内プールであるにも関わらず、早大の選手には日焼けが目立った。スペイン、福岡などへ稽古に出向き、鍛錬を積んできた証しだ。試合開始直後、その成果が発揮される。早大の強みであるカウンターから2得点、さらに深田がポストプレーから退水(※)を誘発。この好機に瀧川峻也(スポ3=京都・鳥羽)が右サイド角度のないところから技ありのゴールを決める。「(遠征の成果を)フィジカルの面でも生かせて、その結果退水が取れたのかなと思います」と語る深田は、この試合4つの退水を奪った。しかし、相手も簡単に引き下がってはくれない。第1ピリオド終盤に退水から立て続けに失点を喫し、同点で後半を迎えた。

右サイドからシュートを放つ瀧川

 第2ピリオド、早大は2点を追加するも、日体クラブの速攻からゴールを脅かされる場面が目立ち始める。「カウンターをくらうな!」とGK高島丈司(社2=東京・明大中野)の指示が飛ぶが、パスミスからカウンターを決められてリードはわずかに1点。流れを悪くすると、ゴール前でルーズになったボールを押し込まれ、痛恨の失点。5-5と並ばれ、勝負はペナルティースロー戦に持ち込まれた。

 互いに後のないペナルティースロー戦だが、早大は落ち着いていた。「こっちはシューターが多いので、心配ないかなと思っていました」(瀧川)。1投目、先攻の早大が確実に決めると、GK高島が左手で反応しゴールを守り、日体クラブの出鼻をくじく。これで流れに乗ると全てのシュートを決め、相手の4投目がゴールポストに阻まれて勝負あり。接戦を制した。

ペナルティースロー戦、好守を見せた高島

 試合後、選手たちが課題に挙げたのはミスの多さ。「ミスがとても多かったので、これから修正してインカレに臨まないといけない」(高島)。あすの1試合目は全筑波大戦。「ライバルなので、しっかりときょうの夜ミーティングしてあすに備えたい」(瀧川)とチームは意気込む。これまで幾度も熱戦を繰り広げてきた相手との試合は、チームの仕上がり具合の試金石となるだろう。本選出場を懸け、負けられない戦いがあすも続く。

※重大なファウルを犯した選手は、20秒間ディフェンスに参加できない。

(記事 森健悟、写真 谷田部友香)

コメント

瀧川峻也(スポ3=京都・鳥羽)
――試合を振り返っていかがですか
序盤はポンポンと点を取れたんですけど、自分たちの小さなミスによってカウンターをくらって点を取られることが何回もあったので、そこをあしたは修正していきたいと思います。
――ワセダがチャンスを多く作ったにも関わらず第2ピリオド終了時に同点。何が要因だったのでしょうか
何本も決められるシチュエーションはあったと思うんですけど、ボールハンドリングの問題だったりですね。
――今大会で目標としているところは
やっぱり1番、てっぺんを取るということと、あとは内容的な部分です。この日本選手権予選の内容が次の日本学生選手権につながると思うので。内容は重視しています。
――ペナルティーシュート戦になった際に焦りはありましたか
いや、別に不安ということはなかったですね。こっちはシューターが多いので、心配ないかなと思っていました。
――この夏に力を入れて取り組んでいることはありますか
個人的なこととしては、ディフェンスを中心にチームに対して指示をすることです。主にディフェンスの部分にかなり力を入れてきました。
――この試合でそれを発揮できた部分はありましたか
そうですね。まあいまの試合はほとんどマンツーマンディフェンスでしたけど。あとはカウンターのときのディフェンスは修正していかないといけないと思いました。
――あしたの1試合目は筑波大が相手です。意気込みをお願いします
筑波大は関東学生リーグ戦では勝っているんですけど、ライバルなので、しっかりときょうの夜ミーティングして、あしたに備えたいと思います。

深田隼輔(スポ3=鳥取中央育英)

――きょうの9-7での勝利という結果を振り返っていかがですか

最後の方に僕のミスから失点して同点に追い付かれたので、本当にペナルティ(スロー)はお願いしますという気持ちでした。

――日体大のレギュラーメンバーではない選手に苦戦を強いられましたが、その点についてはいかがですか

実力的には僕らのほうがかなり上だったんですけど、自分たちのミスからの結果なので、僕ら自身がしっかりしなければいけないなと思いました。

――ご自身は退水を多く誘発されていましたが、きょうの出来についてはどのように捉えていますか

そこまでは良かったんですけど、最後にヘマをしてしまったので、まだまだかなという感じです。

――スペイン遠征に行かれていましたが、いかがでしたか

すごく楽しかったです!(笑)海外の人たちはすごく大きかったりして、全然日本人と違うなというところがたくさんあってすごくためになる合宿でした。

――遠征で得たものはこの試合で生かせましたか

はい。フィジカルの面でも生かせて、その結果退水が取れたのかなと思います。

――あすに向けての意気込みをお願いします

僕らがミスをしなければ勝てる相手だと思うので、気を抜くことなくしっかりやりたいと思います。

高島丈司(社2=東京・明大中野)

――きょうの試合を振り返って

ミスがとても多かったので、これから修正してインカレに臨まないといけないなと思います。

――相手は日体クラブでしたが、どのような気持ちで臨まれましたか

日体クラブはどのような選手か全然分からなかったので、少しドキドキした気持ちでやっていました。

――序盤はワセダが攻めていましたね

そうですね。序盤は流れが良かったのですが、後半、退水が鳴ってからのディフェンスがあまりうまくいっていなくて、退水でのディフェンスが課題かなと思います。中が空いてしまっていたので。

――ゴールキーパーから見てチームの状態はいかがでしたか

きょうはとても悪かったと思うので、このままインカレ(日本学生選手権)へいったら結局決勝では負けてしまうだけだと思うので、あした以降も試合が続くのでそこからどんどん修正していけたらなと思います。

――ご自身の出来についてはいかがですか

自分としてもいくつかミスがあったので、そこをまず自分が改善していかないとダメかなと思います。

――ペナルティスローでは最初から止められていましたね

たまたま簡単な所に来たのでラッキーでした。

――最後にあしたの試合に向けてお願いします

あしたも勝ちます!