メニュー

庭球部

2014.08.12

関東学生選手権 8月8日 埼玉・秩父ミューズパーク

単複ともに決勝の舞台へ

 本戦6日目となり、いよいよ大詰めとなる関東学生選手権(夏関)。女子シングルス準決勝は吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)と宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)のワセダ対決、そして細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)と慶大選手の早慶対決となった。両試合でレベルの高い戦いが繰り広げられる中、吉冨と細沼が熱戦を制し、決勝へと駒を進めた。また、女子ダブルス準決勝に登場した梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・吉冨組は実力の差を見せつけて勝利し決勝へ。しかし第2セット途中で悪天候に見舞われ、勝敗の行方は翌日へ持ち越されることとなった。

リズムをつくれなかった宮地

 昨年は決勝で激突した2人が、ことしは準決勝で顔を合わせることとなった。前回王者の宮地にとって、この戦いに勝利することが2連覇の絶対条件となる。「いまできることをしっかりやろう」(宮地)と臨んだ第1セット。序盤でポイントを稼ぎ試合を有利に進めたいところであったが、吉冨の鋭いショットに対応できず0-3。後半深い球と角度のある球を使い分けながら追い上げを図ったが、5-7でこのセットを落としてしまった。第2セットもリターンミスが重なりポイントを奪えない。本調子を取り戻せないままセットカウント0-2で試合を終えた。ストレート負けを喫した宮地。試合後、「ゲームを連取しにいくことができなかった」と悔しさをにじませた。一方、1年生ながらもベスト4まで勝ち進んだ細沼は坂元君佳(慶大)と対戦。接戦を繰り広げるも粘りを見せ、決勝進出を決めた。

 女子ダブルスでは梶谷・吉冨組が2試合に臨んだ。まず臨んだ準決勝では危なげなくポイントを重ねて勝利。ついに迎えた慶大との決勝、先に仕掛けたのは慶大だった。2ゲームを先取し流れをつくった慶大は、安定したプレーでその強さを見せつける。梶谷・吉冨組も負けじとセンターを狙った球を打つなどして巻き返しを図るも、やはり強豪ペアのカベは厚くポイントにつなげることができない。3-6で第1セットを取られてしまった。しかし第2セット、早大ペアは強気なプレーで反撃を開始。第1ゲームをラブゲームでキープし、第2ゲームも相手の隙を突いたショットでブレーク。攻撃の手を緩めることなくゲームカウント3-1でリードしたが、ここで雨天順延となった。

中断がどのように影響するか

 女子シングルスベスト4に3人もの選手が入るという圧倒的な実力を見せつけた早大。決勝の吉冨と細沼のワセダ対決は接戦が繰り広げられるだろう。女子ダブルスも実力者同士の戦いとなるため、軍配がどちらに上がるのかは予測できない。夏関最終日、勝負の行方に注目だ。

(記事 松崎はるか、写真 高柳龍太郎)

結果

▽女子シングルス

準決勝
○吉冨愛子(7-5、6-2)宮地真知香
○細沼千紗(2-6、6-1、6-4)坂元君佳(慶大)

▽女子ダブルス

準決勝
○梶谷桜舞・吉冨愛子(6-4、6-2)尾崎仁美・岡田優里(山梨学院大)
決勝
△梶谷桜舞・吉冨愛子(3-6、3-1雨天順延)池田玲・西本恵(慶大)

関連記事

今井がシングルスで初のタイトルを獲得!(08/12)
ワセダ勢3人が女子シングルスでベスト4入り(08/11)
それぞれの持ち味が光り、優勝へ大手(08/11)
大城が岡村との同級生対決を制す(08/11)

コメント

宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)

――全日本学生選手権(インカレ)前最後の大会でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

コートがクレーコートとなっていてハードコートとは違ったのですが、いまできることをしっかりやろうという気持ちで臨みました。

――きょねんの決勝と同じ吉冨選手(愛子、スポ3=愛知・椙山女学園)との戦いとなりました

準決勝までしっかりお互いが勝ち残ることができたので、それはワセダのチームとして良かったかなと思いました。

――出だしは調子が上がらずゲームを落としてしまいました

出だしが悪いことが多くてそこはずっと課題なのですが、団体戦などのことを考えると出だしで確実にゲームを取っていきたいので、試合の出だしにもう少し目を向けていきたいかなと思います。

――あと少しのところでファーストセットを落としてしまった後、セカンドセットはどのように気持ちを切り替えていきましたか

自分のやるべきことをやるしかないなと思っていたのですが、相手は調子が良かったのでゲームを連取しにいくことはできませんででした。

――きょうの試合を振り返って改善点があれば教えてください

いま出せるものを全部出しきるという感じが少し足りなかったので、良いプレーというのはあまりありませんでした。全体的な自分の感覚がまだ完全ではないと思うので、一つ一つ見直していくことから始めたいです。

――最後に間近に迫ったインカレへ向けて意気込みをお願いします

インカレはあまり勝っていないので、ことしは少しでも勝ち進めるように頑張ります。