メニュー

庭球部

2014.08.11

関東学生選手権 8月7日 埼玉・秩父ミューズパーク

ワセダ勢3人が女子シングルスでベスト4入り

 本戦5日目を迎えた関東学生選手権(夏関)。女子シングルスでは宮地真知香(社3=福岡・折尾愛真)、細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)が準々決勝を突破した。女子ダブルスでは細沼・林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)組が準決勝に進出するも、慶大の強敵を相手に敗退。梶谷桜舞(スポ3=東京・富士見丘)・吉冨愛子(スポ3=愛知・椙山女学園)組の準決勝も行われたが中断試合となり、決着は翌日に持ち越されることになった。

接戦を繰り広げた細沼

 早慶対抗試合で活躍を見せたルーキー細沼は、準決勝で寺見かりん(山梨学院大)と対戦した。序盤は緊張も手伝い「あまり自分のペースに持っていけなかった」と、1-3でリードを許してしまう。しかし5ゲーム目に6回に及ぶジュースを制すと、キープに成功。ゲームカウントを2-3とした。ここで一気に流れをつかんだ細沼は鋭いストロークでコースを狙う。7-5で第1セットを奪取した。第2セットは互いにブレークする展開。しかし3-3で迎えた7ゲーム目、相手のミスを誘うとラブゲームでキープ。「先輩方の応援にとても励まされた」と気力を振りしぼり、準決勝進出を決めた。

 この日、細沼は女子ダブルスにも臨んだ。準々決勝では慶大の下級生ペアを相手に6-3、6-1。ストロークとボレーのかみ合ったプレーで快勝した。準決勝はまたしても慶大ペアとの戦い。「インカレ(全日本学生選手権)や関東学生トーナメント(春関)で優勝した経験をもつ実力のあるペアだったので、こちらは挑戦者として思いっきりプレーしようと思った」(林)と、相手にリードされるも食い下がる。林のスマッシュとボレーでポイントを重ね、5-4とチャンスをつかんだ。しかし10ゲーム目ではミスが続き、決め切ることができない。タイブレークに突入し、粘りを見せた細沼・林組。しかし相手の強気なプレーに押され、第1セットを落としてしまった。続く第2セットでも流れを引き寄せることはできず、1-6で敗退。ベスト4という成績で今大会を終えた。

果敢に相手を攻める林・細沼(左)組

 あすの女子シングルス準決勝は吉冨と宮地のワセダ対決、そして細沼と坂本君佳(慶大)との早慶対決が行われる。快進撃を続ける細沼は「決勝で先輩と同士打ちをするところまで勝ち進まなければならないと思っている」と、勝利への意欲をのぞかせた。女子ダブルスでは中断試合の後、決勝戦も予定されている。梶谷・吉冨組と西本・池田組の対戦を見ることはできるだろうか。

(記事 山本葵、写真 松下優、三田侑実)

結果

▽女子シングルス

準々決勝
○宮地真知香(6-3、1-6、6-4)松本千広(亜大)
○細沼千紗(7-5、6-3)寺見かりん(山梨学院大)

▽女子ダブルス

準々決勝
○細沼千紗・林恵里奈(6-3、6-1)安形玲耶・村瀬早香(慶大)
○梶谷桜舞・吉冨愛子(6-2、6-4)佐野真代・森美咲(明大)
準決勝
●細沼千紗・林恵里奈(6-7(5)、1-6)西本恵・池田玲(慶大)
△梶谷桜舞・吉冨愛子(6-4、3-0日没順延)尾崎仁美・岡田優里(山梨学院大)

関連記事

それぞれの持ち味が光り、優勝へ大手(08/11)
大城が岡村との同級生対決を制す(08/11)

コメント

林恵里奈(スポ2=福井・仁愛女)

――きょうの準々決勝を振り返っていかがでしたか

相手もこちらも2年生と1年生のペアで。私はシングルスで負けてしまい、残っているのがダブルスだけだったので、絶対に勝ちたいという気持ちで試合に臨みました。ファーストセットから細沼(千紗、スポ1=東京・富士見丘)と息も合っていて、自分がストロークの時はしっかりとラリーをして、チャンスがあったら細沼に決めてもらうというかたちでポイントを取って。逆に私が前衛の時は細沼が良いストロークを打って、自分がボレーを決めるということがしっかりできていて、二人でポイントを取れたので良い内容だったと思います。

――準決勝は西本恵・池田玲組(ともに慶大)との対戦でした

相手はインカレ(全日本学生選手権)や春関(関東学生トーナメント)で優勝した経験をもつ実力のあるペアだったので、こちらは挑戦者として思いっきりプレーしようと二人で話し合って試合に臨みました。ファーストセットはゲームが離れても頑張って食らいついたのですが、タイブレークからセカンドセットにかけては相手の方が終始強気でストロークやポーチで攻めてきて。それに対して自分たちが引いてしまった部分が多かったかなと思います。

――今回ダブルスを組んだ細沼選手の印象は

とても元気がいい選手です。自分が先輩なので引っ張っていかなければならないと思っていて、積極的に声を掛けることは意識していたのですが、それにしっかりついてきてくれたので組みやすかったです。

――2週間後からインカレが始まります

今回の大会ではシングルスもダブルスも自分の中ではあまり納得できていなくて、特にシングルスは自分のテニスができないまま終わってしまいました。インカレまで残された時間は少ないですが、この短い期間にどれだけ調子を上げられるかがカギとなってくると思います。しっかり練習を積んで、良い状態でインカレを迎えたいと思います。

細沼千紗(スポ1=東京・富士見丘)

――きょうのシングルスを振り返って

シングルスは同士打ちになるかなと思っていたのですが、昨日先輩が負けてしまって。そんな相手に自分が勝てるのかと不安で試合中も緊張していて、あまり自分のペースに持っていけませんでした。暑さと疲れもあって思うように自分のプレーができなかったですが、先輩方の応援にとても励まされたので勝つことができました。

――ダブルスは2戦ともに慶大ペアとの対戦でした

周囲の応援にも熱が入っていて、流れが相手に向かいそうな場面もありましたが、先輩が私のことを引っ張ってくれて、良い流れで1試合目を終えることができました。2試合目は対戦前から自分自身が名前負けしてしまった部分もあって、タイブレークでもチャンスはあったのですが相手の勢いに押されてしまい、セカンドセットもそのまま流れをつかむことができずに終わってしまいました。

――今大会では林選手(恵里奈、スポ2=福井・仁愛女)とペアを組まれましたが、いかがでしたか

ペアとしての練習をあまりできないまま大会に臨んだのですが、先輩が引っ張ってくださって、安心してプレーすることができました。練習不足という穴を埋めることができたと思います。

――1年生で単複ともにここまで勝ち進みましたが、いまはどのような気持ちですか

まさかここまで勝ち残れるとは思っていなかったので、正直驚いています。

――あすの準決勝に向け意気込みをお願いします

ダブルスは負けてしまいましたが、シングルスは決勝で先輩と同士打ちをするところまで勝ち進まなければならないと思っているので、あすの準決勝は絶対に勝ちたいです。