メニュー

ソフトボール部

2014.08.10

第29回東日本大学選手権 8月8日 東京・滝ガ原運動場

完封勝利で初戦突破!

TEAM
早  大
東京国際大
(8回タイブレーク)
○常盤―山岡
◇(二塁打)武内、高橋あ

 息もつかせぬ投手戦だった。真夏の猛暑と雨が入り混じるなか、東京・滝ガ原運動場にて東日本大学選手権が開幕。初戦で東京国際大と対戦したワセダは、走者を出すものの相手投手の前になかなか得点を奪えない。しかし延長タイブレークの末8回に福井小夏(スポ4=富山・富山中部)の犠飛で1点を先制した。投げては先発の常盤紫文(スポ2=千葉・木更津総合)が要所を締める投球で8回を投げきり完封勝利。見事初戦を突破し、2回戦へと駒を進めた。

 「緊張と不安だらけでした」と振り返った常盤だったが、それを感じさせないめりはりのある投球を披露した。2回には圧巻の三者連続三振。しかし、4回にピンチを迎える。2本のバント安打などで1死満塁、そして対するは5番打者。ふらっと上がった打球は前進守備の内野の頭を越えるかと思われたが、二塁手の高橋映(スポ4=愛知・東海学園)がこれを好捕。続く打者も三振に仕留め、相手に得点を与えない。7回にも左翼手の石川沙恵(社3=静岡・常葉菊川)がダイビングキャッチで常盤を援護。「みんなに助けてもらいました」(常盤)。バックに助けられながら、幾度もピンチを乗り切った常盤。大事な初戦を完封勝利で飾り、チームに勢いをつけた。

4回のピンチを切り抜けると、常盤からは笑顔がこぼれた

 その常盤を援護したい打線だったが、なかなか波に乗れなかった。3回、先頭の武内有紀(スポ2=埼玉・星野)が二塁打を放つも、後続が凡退。5回には二塁打と単打で無死二・三塁の好機を演出したが、ここでも得点を奪えない。延長タイブレークのため無死二塁から始まった8回、ようやく待望の瞬間が訪れた。相手の失策で好機を広げたのち、代打・福井の名が告げられる。ファールで粘り6球目、放った打球はレフトへ。タッチアップで三塁走者が生還し、ようやくワセダのスコアボードに「1」が記入される。激しい投手戦の均衡を破るこの1点は、そのまま決勝点となった。

決勝の犠飛を放つ福井

 初戦特有の緊張感もあるなか、見事な勝利を収めたワセダ。収穫が多くあった一方で、得点圏に走者を置いた場面での打撃など課題も見つかった。目指すのは、頂点のみ――。ワセダの戦いはまだ始まったばかりだ。

(記事 中丸卓己、写真 平岡櫻子、山形真代)

コメント

福井小夏(スポ4=富山・富山中部)

――延長の末、接戦を制しましたが今の気持ちをお聞かせください

勝ててよかったです。

――重要な場面での代打出場でした

途中でもう言われていたので、「次、チャンスの場面で代打あるよ」って。準備していたので緊張はなかったんですけど、打ちたいっていう気持ちで打席に立ちました。

――どういった指示が出ていたのでしょうか

「ミートして思い切り振り抜け」と言われていました。ミートはできなかったんですけど、振り抜けたので結果として外野まで飛んだのかなと思います。

――今大会への意気込みをお願いします

絶対に優勝したいです。

常磐紫文(スポ2=千葉・木更津総合)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

緊張と不安だらけでした。

――トーナメントの初戦ということでしたが緊張はありましたか

緊張はありました。(相手が)いいチームだと聞いていたし、練習試合でも負けていたので緊張しました。

――先発するにあたって意識したことは

ボールにメリハリをつけることです。ドロップだったら落として、ライズだったら上げたり、スライダーだったら曲げたりするメリハリを意識しました。

――8回完封勝利でしたがよかったことは

精神的に成長したなと自分でも感じられる試合でした。

――4回に一死満塁のピンチがありましたが、あの場面を振り返って

あんまり覚えていないです(笑)。集中していたんだと思います。

――試合後半ではピンチの場面が続きました

みんなに助けてもらいました。みんなの声掛けとかに助けてもらったから、抑えられたんじゃないかなと思います。

――あしたに向けて意気込みをお願いします

あしたは投げるかわからないんですけど、試合に出られたらきょうみたいなピッチングができたらいいなと思います。