メニュー

軟式庭球部

2014.08.10

第68回全日本大学対抗選手権 8月6、7日 熊本県民総合運動公園

完勝で3連覇へ前進

 全日本大学対抗選手権の幕が開けた。1年間の集大成となる大会であると同時に、3連覇の期待が懸かる今大会。女子部は2回戦から登場し、履正社医療スポーツ専門学校にストレートで勝利。続けて行われた3回戦も立大を相手にストレート勝ちを収め、余力を残しながら勝利をものにした。頂点の座をつかむため、着実に駒を進めている。

 2回戦は履正社医療スポーツ専門学校に対して、1ゲームも落とすことなく完璧な滑り出しを見せる。迎えた3回戦は立大と対戦し、1番手は加瀬祐佳(スポ3=東京・文大杉並)・脇田愛(社4=岡山・就実)組。調子が上がり切らないまま甘い打球を打ち込まれ、1-0から1-3まで一気に追い詰められてしまう。しかし踏ん張りを見せてファイナルゲームに持ち込むと、ここで前回女王の意地を見せる。脇田が積極的なアプローチで次々とボレーやスマッシュを決め、最後は7連続得点で勝利を決めた。

加瀬は主軸として堂々としたプレーを見せた

 この勢いに乗るように、2番手の小林奈央(スポ3=香川・尽誠学園)・大槻麗女子主将(スポ4=広島翔洋)が圧巻の試合展開を繰り広げる。小林がストロークやロブで相手を揺さぶり、大槻が浮いたボールを叩き込むかたちなどで4-0のストレート勝ちを収めた。順調に2本を先取すると杉脇麻侑子(スポ1=東京・文大杉並)・佐々木聖花(スポ1=東京・文大杉並)組が3番手として出場。1年生ながら大役を任されたが、「負けても先輩たちがいると思ったし、後ろを向けば仲間がいる」(佐々木)とルーキーらしく思い切りの良いプレーを見せた。また高校時代からペアを組んでいたこともあり、抜群のコンビネーションで得点を重ねていく。4-0で完勝し、無事3回戦突破を決めた。

1年生ながら鋭いフォアハンドを打ち込む佐々木

 関東学生春季リーグ戦は惜しくも2位に終わったが、全日本大学王座決定戦では4連覇を達成してチームは勢いに乗っている。あとは「コートに出ていない人の分までコートの上で恩返し出来るように頑張りたい」(大槻)と語るように、積み重ねてきたものをどこまで出し切れるか。泣いても笑ってもあすが最後。全力プレーで最高の笑顔をつかみ取りたい。

(記事 細川香衣、写真 和泉智也、菅麻衣子)

結果

▽2回戦
早大○ 3-0 履正社医療スポーツ専門学校
一次戦
加瀬・脇田○ 4-0 紙岡・千葉
小林・大槻○ 4-0 谷口・橋本
杉脇・佐々木○ 4-0 酒井・松田

▽3回戦
早大○ 3-0 立大
一次戦
加瀬・脇田○ 4-3 中山・竹武
小林・大槻○ 4-0 加藤・田野倉
杉脇・佐々木○ 4-0 上野・高坂

コメント

大槻麗(スポ4=広島翔洋)

――きょうの試合を総括して

雨とかで中断もあったのですが、自分のやり切ることが出来たので良かったなと思います。1番手の加瀬・脇田ペアがゲームカウント1-3まで追い詰められた中でもそこから巻き返して勝てたということが特に良かったかなと思います。

――雨ということで特別な対策などは

雨の中だと前衛がどう動いていくのかという点が特に重要になってくるので相手の特徴を見極めていくようにということをペアとも話していたのでそこを意識しました。

――とにかくボールに食らいつく姿が印象的でした

後衛をかなり走らせてしまっていたので、前に落ちるボールは全て取りに行くぞという事を決めて攻めていけたので良かったと思います。

――小林選手とのコンビネーションは

私にミスが出たとしても小林がしっかりと打ち込んでくれるので、気持ち的にも安心して出来ていると思います。団体戦でしか組んだことのないペアですが色々話し合ってきたので悪くないと思います。

――全日本大学王座決定戦(王座)で優勝してからチームの雰囲気は

初めて王座で2連覇を達成して、1年生も優勝ということを味わうことが出来ました。その点では、王座でいい流れを掴めたと思います。練習でも以前より活気が出るようになり、そこが変わった点だと思います。

――最後の全日本大学対抗選手権(インカレ)の団体戦となります

今までやってきた仲間と、試合に出ていない選手の分も全部出し切って、コートに出ていない人の分までコートの上で恩返し出来るように頑張りたいと思います。

――あすに向けての意気込みは

3連覇目指して頑張ります 。

脇田愛(社4=岡山・就実)

――きょうの試合を総括して

試合の入りがそんなに良くなく相手の速いボールに中盤まで苦しんだのですが、後半は相手のミスもありながら、競り始めてからはしっかり自分たちで話し合いながらできたので、ペア間で笑い合ったり励まし合いながら試合ができたのが勝因だったかなと思います。

――調子はいかがでしたか

全体的には良いとは言えなかったのですが、きょうの試合の終わり方からそんなに調子も悪くないかなと感じたので、最後は気持ちだったり一本の集中力で調子はどうにでもなるかなと思います。

――尻上がりにボレーが決まっていった印象を受けましたが

最初は相手のボールが速すぎて動体視力も合ってなかったのですが、だんだん目が慣れてきたり、後輩の後衛にもアドバイスをもらいながら助けられて、それがヒントになりラケットにボールが当たり出しました。

――最後の全日本インカレとなりますがどのような意気込みで臨まれましたか

エースという訳ではないので、出るか出ないか分からない状態ではあったのですが、選手としてコートに立ったときはしっかりチームを盛り上げるようなプレーを心掛けて、その他にも自分の態度だったり、点が決まったときの声出しなどでチームを盛り上げることができれば良いなと思います。自分の役割を最後、このチームに還元できれば良いかなと思っています。

――あすに向けて一言

明日どのような結果になるか分からないですが、やり切って絶対に3連覇したいと思います。

佐々木聖花(スポ1=文大杉並)

――初めてのインカレで3番手を任され、プレッシャーを感じることは

すごく緊張して、自分のプレーがなかなかうまくいかなかったです。でも2試合目に入ってからはしっかり集中して、負けても先輩たちがいると思ったし、後ろを向けば仲間がいると思って頑張れました。

――2試合それぞれを振り返って

1試合目はちゅうちょしながらだったんですけれど、2試合目は自分たちのテニスをして、自分たちのペースで攻めていけたと思います。

――2試合ともストレート勝ちを収めましたが、満足のいく試合はできたか

全部全力でやっているんですけれど、ミスが出たりだとかうまくいかないこともありました。100%とはいかないですけれど、初戦とかで初めての割にはうまくやれたかなと思います。

――ペアの杉脇の存在は

すごく心強いです。高2の冬から組んでいて、お互いが信頼できるのが分かります。

――あすへの意気込みは

このチームでできる最後の団体戦で、3連覇が懸っているので、最後まで諦めないで頑張りたいです。