メニュー

軟式庭球部

2014.08.10

第68回全日本大学対抗選手権 8月6、7日  熊本県民総合運動公園

好プレーで3連覇に王手!

 3連覇を懸けて挑んだ全日本大学対抗選手権が熊本県民総合公園で行なわれた。大会1日目は、途中雷雨によって試合が中断されたが、東北学院大、千葉商科大、九産大を相手に全試合3ー0のストレート勝ちを果たし、前回王者の意地を見せつけると2日目の準々決勝に向けて順調な滑り出しを見せた。

 初戦の相手は東北学院大。いずれのペアも立ち上がりから危なげないプレーで勝利をものにすると、3連覇に向けて大きく弾みをつけた。続く3回戦での千葉商科大との戦いでは、1番手で登場した吉田雄紀(スポ4=香川・尽誠学園)・安藤圭祐(スポ2=愛知・中京)組が1、2ゲームでジュースに持ち込まれるも、吉田の鋭いコースへのシュートで相手を打ち負かしストレートで勝利をつかむ。すると続く2番手、船水雄太(スポ3=宮城・東北)・九島一馬(スポ3=宮城・東北)組も自らの攻撃で相手のミスを誘うプレーで勝ちを手にする。3番手、小栗元貴(スポ4=奈良・高田商)・髙月拓磨(スポ4=香川・尽誠学園)組の試合では、途中雷雨の影響で試合中断となったが、天候に関係なく「チーム一丸となっていい雰囲気を出せた」(高月)というように、ダブル前衛を相手にボールに長短をつけた攻撃で相手を苦しめ、ベスト16を決めた。

高い打点から鋭いショットを放つ吉田

 続く4回戦においてもワセダの勢いは止まらない。吉田・安藤組が粘りのあるプレーで応援席を盛り上げると、続く船水・九島組、小栗・高月組もコースの鋭いサービスや、チャンスを逃さない正確なスマッシュで相手を翻弄(ほんろう)し、隙を与えない攻撃で2日目の準々決勝へと駒を進めた。

縦横無尽に動いた九島

 ベスト4を懸けた対戦相手は東日本大学対抗競技大会の決勝で悔しくも敗れた中大。激しい攻防戦が繰り広げられることだろう。しかし、「チャレンジャー精神を忘れない」(吉田)プレーで向かっていく、という選手たちの意気込みにますます期待がかかる。3連覇達成という悲願を胸に、ことしのチーム全体のテーマである『本気』を見せる戦いはいま始まったばかりだ。

(記事 渡部歩美、写真 近藤廉一郎、山口智子)

結果

▽2回戦
早大○3-0東北学院大
一次戦
吉田・安藤○ 4-1 佐藤・佐々木
船水・九島○ 4-0 相澤・富沢
小栗・高月○ 4-1 永澤・齋藤

▽3回戦
早大○3-0千葉商科大
一次戦
吉田・安藤○ 4-0 吉野・山科
船水・九島○ 4-0 佐藤・島崎
小栗・高月○ 4-1 陶山・日高

▽4回戦
早大○ 3-0九産大
一次戦
吉田・安藤○ 4-0 四方田・野原
船水・九島○ 4-0 吉川・松尾
小栗・高月○ 4-0 三宅・土井

コメント

高月拓磨主将(スポ4=香川・尽誠学園)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

最初は天気が良くて、後半天気が悪くなってしまい雨が降ってきて中断するというやりにくい状況の中での試合となってしまったのですが、チーム一丸となっていい雰囲気でできたと思います。

――3連覇の懸った全日本大学対抗選手権(インカレ)でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

全日本大学王座決定戦(王座)で優勝したといっても、東日本大学対抗競技大会(東日本インカレ)も負けたし関東学生春季リーグ戦も負けているので、インカレで優勝してこそワセダが覇者と言えると思うので、チャレンジャーということを意識して、向かっていく気持ちで臨んでいこう、というのがみんなの思いです。

――ご自身の調子はいかがでしたか

あまり良くはないのですが、調子がいい悪いなどと言い訳は言っていられないので、一試合一試合全力を尽くしていこうと思っています。

――コートを広く使っている印象を受けましたが、どのようなゲームプランでしたか

小栗が好きなように攻めて、相手の浮いたボールを僕が叩くっていう2人で一本のプレーを心掛けてやりました。

――雨で中断されましたが、チームで話し合いなどはされましたか

雨でボールが吹くので、天気良くて思い切り(ラケットを)振っていくテニスとは変えていこうという話はしました。

――チームの雰囲気に変化はありましたか

みんなリラックスしていい雰囲気でできたと思います。

――2日目に向けて意気込みをお願いします

インカレ3連覇するので、応援よろしくお願いします。

小栗元貴(スポ4=奈良・高田商業)

――きょうの試合を振り返って

僕たちが目指しているのは優勝なので、一つ一つの試合は油断はできないですけど、最終日につながる試合ができればと思いながらチームが一つになりながらやっていました。

――アベック3連覇の懸った今大会ですが

3連覇がかかっているということもありますが、4年生ということでこの大会が集大成となるので、3連覇ということは意識せずに、チームが一つになって試合を締めくくれたらなと思っています。

――順調に勝ち進みましたがその点に関しては

最終日の1試合目は東日本インカレで負けている中大と対戦するので、意識しないとは言えないんですけど、その試合を乗りきって、3連覇できたらなと思います。

――雨で一時中断しましたが、気持ちの面で途切れたりということはなかったですか

雨が降ることは予想していたので気持ちの面で途切れることはありませんでした。あすからも雨が降ることがあると思うので、そこで油断せずに気持ちを切らせずにいきたいと思います。

――最終日の1試合目がカギとなるとおっしゃいましたが最終日に向け意気込みを

東日本インカレのときはダブル前衛のペアに3本回されているので、そのペアに僕たちが勝ってその試合を乗りきり、優勝に貢献できればと思います。

九島一馬(スポ3=宮城・東北)

――試合を振り返って

ここのコートで合宿をやっていたので環境的な面では心配なくできました。台風の影響も心配されましたが、僕の試合の時はあまり激しく降らなかったので悪くないコンディションでした。1、2年の時よりは1日目は結構楽にできたかなという感じです。

――試合前に意識した点はありますか

いままではやっぱり、ワセダの代表で出ているというプレッシャーがすごく大きかったです。でもことしからは3年として軸になっていかなければならない試合になってきたので、そういう時にこそ勝ち負けを意識するのではなくて自分のやることをお互いしっかりやろうということをペアと話しました。気負ってプレーすることはなくなりました。

――ご自身の調子はいかがでしたか

サーブとレシーブにあまりミスがなかったので、そこから自分たちのペースで試合を進めることができました。

――収穫はありましたか

リードしてから少しもたつく場面があるというか1点が取り切れないところがあったので、そこはもう一回ペアと話し合って、流れのままに点をしっかり抑えられるようにしていきたいと思います。

――王座優勝以降、インカレに向けて特別にやってきたことは

関東大学春季リーグとか東日本インカレで負けてしまって、後衛は特に問題なくやっていたので前衛の試合に出ているメンバーで何が悪かったのかというのを練習の合間に話し合ったりして、全体的に悪かった部分を少しずつでも補強できたかなと思います。

――インカレの目標を教えてください

全勝です。

――あすに向けて意気込みをお願いします

あすは1回戦から中大と当たりますが、東日本インカレとかで負けている相手なので、朝から自分のやれる力を全部出していっていい戦いができればいいと思います。