軟式庭球部

2013.08.06

第67回全日本大学対抗選手権 8月3日 山形市総合スポーツセンターテニスコートほか

『雑草魂』で圧倒

 全日本大学対抗選手権(インカレ)が山形市総合スポーツセンターテニスコートで開幕した。インカレは相手の3ペアに全て勝利しなければならない殲滅(せんめつ)戦のトーナメント方式で行われる。2連覇を狙う男子部は王者らしく終始安定した戦いぶりを見せ、ベスト8まで進出。2日目の準々決勝に駒を進めた。

 早大は初戦で筑波大と対戦。1番手の船水雄太(スポ2=宮城・東北)・九島一馬(スポ2=宮城・東北)組と2番手の小栗元貴(スポ3=奈良・高田商)・髙月拓磨(スポ3=香川・尽誠学園)組は相手に一度も隙を見せずストレートで勝利。3番手で出場した桂拓也主将(スポ4=奈良・高田商)・内山睦基(スポ4=奈良・高田商)組が序盤に相手に付け込まれ1ゲームを落としてしまうもその後は安定したゲーム展開をして快勝した。続く関西学院大戦も不安を感じさせないプレーで試合の主導権を握りベスト16まで勝ち上がった。

レシーブする髙月

 続く4回戦は大体大と激突。ここで初めて早大は苦戦を強いられる。1番手の船水・九島組は2ゲームを先取するも続く第3ゲームで相手のサーブに苦戦。ストレートでこのゲームを落としてしまう。しかし、その後は船水の安定したストロークと九島のボレーやスマッシュがさく裂し4-2で勝利し、2番手の小栗・髙月組は初戦に続きストレートで快勝した。続く3試合目で大体大も意地を見せてくる。一進一退の攻防となる接戦となったが、桂・内山組は終始落ち着いていた。「先輩たちを見ていて負ける気がしなかった」(小栗)と4年生らしい堂々とした戦いぶりで4-3で辛勝、準々決勝に進出した。

縦横無尽に動いた九島

 1日目を終え、振り返ってみれば1つの試合も落とさない王者の強さで相手を圧倒した。ことしのチームのスローガンである『雑草魂』の言葉のように王者だからといって油断はせず、真っ向から向かってくる相手に雑草のように粘り強くぶつかっていった。『雑草魂』で2年連続の頂へ――。ことしの早大の真価が問われるのはこれからだ。

(記事 近藤廉一郎、写真 和泉智也、山口智子)

結果

▽2回戦
早大○3-0筑波大
船水・九島○4-0岩谷・古屋
小栗・高月○4-0榎本・牟田
桂・内山 ○4-1池田・石原

▽3回戦
早大○3-0関西学院大
船水・九島○4-0藤木・植木
小栗・高月○4-0中田・樫本
桂・内山 ○4-1岡田・藤岡

▽4回戦
早大○3-0大体大
船水・九島○4-2野末・久木
小栗・高月○4-0松田・小西
桂・内山 ○4-3門・大西