メニュー

卓球部

2014.07.14

平成26年度関東学生選手権 7月11日 埼玉・所沢市民体育館

ダブルスで小道野・高橋組が優勝!

  全日本大学総合選手権団体の部から1週間、個人戦である関東学生選手権が開催された。初日は、ダブルスが決勝まで行われる。早大は今年度に入り、多くのペアが一新。迎えた初めての個人戦で、小道野結(スポ3=神奈川・横浜隼人)・高橋結女(スポ3=新潟産大付)組が優勝、森美紗樹主将(スポ4=高知・明徳義塾)・小室奈緒(スポ4=栃木・真岡女)、大島祐哉(スポ3=京都・東山)・上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)組がベスト4と好成績を残した。

同士討ちとなった準決勝でプレーする4年生ペア森・小室(左)組

 

  一戦一戦を大事に戦い抜き、頂点に立った。女子部から多数のペアが出場する中で、森・小室組と小道野・高橋組がランク入り。準決勝ではこの2ペアの対戦となった。普段から練習しているだけに「他の選手とやるより返ってくるし、嫌なところを突かれる」(高橋)との言葉通り、互いに譲らない接戦となる。最終ゲームでは5連続得点を奪い、勢いそのままに緊迫の同士討ちを制した小道野・高橋組は決勝へ。中大ペアをサーブレシーブから崩し、終始優勢で試合を進める。2ゲームを奪い迎えた第3ゲーム、10―5の場面で高橋のフォアドライブが相手選手の間を抜けると、2人は笑顔でハイタッチ。「楽しんで伸び伸びできた」(小道野)と試合を振り返り、余計な重圧を避けるため言葉には出さなかった『優勝』に、ついにたどり着いた。

決勝戦を終え、笑顔を見せる小道野(左)・高橋組

  春季関東学生リーグ戦では見事、最優秀ペア賞を獲得した大島・上村組。今大会でも「優勝できる勢いはあった」(大島)との言葉通り順当に勝ち進み、準決勝で平野友樹・有延大夢組(明大)と激突した。第1ゲームは試合を優位に進め、10―6とゲームポイントを握る。しかし、ここから猛追撃を受けジュースにもつれると、14―16で落としてしまう。「そこで相手に勢いを与えてしまった」という大島。ゲームカウント1―2で迎えた第4ゲームは出足に4失点を許すと、相手のペースを崩せないまま敗退が決まった。優勝を目標としていただけに悔しい結果ではあるが、「いろんなことを試しながらやった」(大島)という今大会。秋以降のさらなる飛躍を期待したい。

準決勝で敗れベスト4に終わった大島・上村(左)組

  優勝した小道野・高橋組をはじめ、早大勢が大いに活躍した関東学生選手権1日目。ペアを組んでからまだ日は浅いが、それを感じさせない息の合ったプレーを見せた。特に関東学生リーグ戦(リーグ戦)でダブルスの比重が大きい女子が健闘したことは、大きな収穫と言えよう。今大会2日目からはシングルスのシード選手も多数出場し、熱戦が予想される。早大勢の活躍に目が離せない。

(記事 村上夕季、加藤万理子 写真 加藤万理子)

結果

▽男子ダブルス

ベスト4 大島・上村組

▽女子ダブルス

優勝 小道野・高橋組

ベスト4 森・小室組

※上位進出者のみ掲載