メニュー

卓球部

2014.07.06

第84回全日本大学総合選手権団体の部 7月5日 東京・墨田区総合体育館

専大を破り準決勝進出

 決勝トーナメントに挑んだ早大は朝日大、近大と戦い、それぞれ団体戦スコア3―0、3―1で勝利。準々決勝では強豪・専大と激突した。苦境に立たされるが、4番手の上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)が王凱から勝ち星を挙げる。そして5番手の山本勝也(スポ3=石川・遊学館)も激闘を制し、準決勝進出を決めた。

不安定さが課題として残る大島・上村(左)組。ダブルスの活躍が優勝のカギを握る

 決勝トーナメント1回戦・朝日大戦で早大が見せたのは勝負強さ。トップの竹岡純樹(スポ1=青森山田)は第4ゲームを無得点で終えたが第5ゲームで勝ち切り、3番手の大島祐哉(スポ3=京都・東山)・上村組は第3ゲームで何度かジュースになりながらもストレートで逃げ切った。2回戦・近畿大戦で見せたのは攻撃力。1戦目をフルゲームの末に落としたが、続く2戦目以降は焦ることなく圧倒的な強さで試合をものにした。多少のミスで失点はしたものの、それ以上に積み重ねた得点。大島・上村組の8連続ポイントは圧巻の一言だ。

 そして迎えた準々決勝・専大戦。トップは圧勝したが、良い流れを継続できず2番手、3番手と敗戦。悪い流れの中、4番手として試合に臨んだのは、ダブルスで負けたばかりの上村だった。「全然勝てる気がしなかった」(上村)と語るように、第1ゲームは苦戦を強いられた。しかし、周囲からの「もっといろいろ打ち分けろ」というアドバイスで見違えるように戦況が良くなっていく。打つコースに偏りが出ていたが、意識的に打ち分けることで自分のペースに持ち込むことができた。戦術転換が功を奏し、見事第4ゲームを手中に収める。全てを決める5戦目に挑んだのは、山本勝。第1ゲームを落とし、第2ゲームではゲームポイントを先制されたがそこから驚異的な粘りを見せた。15―15になったところから一気に3連続ポイント。17―15でこのゲームを制すと試合の流れは決まった。続く2ゲームも連取し、試合終了。準決勝進出決定と同時に、山本勝は拳を天に突き上げ満面の笑みを見せた。

ポイントを決め、ガッツポーツする山本勝。最後に専大戦を白星で締めた

 準決勝で対戦するのは強豪・明大。「明大に当たって勝たなくては優勝はない」(大島)。栄冠にたどり着くためには、遅かれ早かれ倒さねばならない相手だ。春季関東学生リーグ戦で敗れ、優勝の夢を断たれた悔しさもある。負けるわけにはいかない。「挑戦者の気持ちで向かっていくだけ」(山本勝)。決勝へ駒を進めるのは、果たして──。

(記事 目黒広菜、写真 石川諒)

結果

▽男子決勝トーナメント

1回戦 対朝日大 ○3―0

○竹岡3―2英田理志

○大島3―0能戸大夢

○大島・上村組3―0英田・稲熊宏晃組

2回戦 対近大 ○3―1

●上村2—3江藤慧

○山本勝3―0西浦功一

○大島・上村組3―0江藤・白根亮太組

○竹岡3―0花岡大靖

準々決勝 対専大 ○3―2

○大島3—0久住昭博

●竹岡0―3田添健汰

●大島・上村組0―3田添・東勇渡組

○上村3―1王凱

○山本勝3―1厚谷武志

コメント

大島祐哉(スポ3=京都・東山)

──専大戦を終えて、いまのお気持ちはいかがですか

僕がダブルスで負けてしまって、チームとしては少し苦しかったんですけど、上村(慶哉、スポ1=福岡・希望が丘)と(山本)勝也(スポ3=石川・遊学館)が勝ってくれたというのは大きかったです。僕としてもすごく応援して、勝ってくれたので。僕が勝たなくても勝てるんだというのは、いまのワセダのチーム力でもあると思うので、それは良かったと思います。

──春季リーグ戦の時と比べてチームの成長は感じますか

そうですね。一人一人の技術であったりメンタルであったり、いろんなところで成長が見えるので、やっぱりあしたメイジにチャンスはあると思っています。みんながいいプレーできればいいと思います。

──準々決勝で対決した専大は油断のできない相手だったと思いますが、1番手としてどのような気持ちで試合に臨みましたか

やはり相手がエースだと思っていつも入っています。結果として相手はエースではなかったんですけど、しっかりとここで流れを作れるように入ることが僕の役目だと思っているので、そこの気持ちが一番大切だと思っています。

──ダブルスではストレートで敗れてしまいましたが、振り返っていかがでしたか

きょうは朝から長い間試合をしてきて、僕としては少し集中力が欠けてしまったかなというところがあったので、そこが良くなかったですね。やはり集中力が欠けて凡ミスが出てしまったので、そこを相手に詰められてしまいました。あしたはもう本当に2試合しかないので、そこに全力で迎える準備をしないといけないなと思います。

──ダブルス後の上村選手、山本勝選手の2試合は、どのような気持ちで見ていましたか

これで負けてしまったら、やっぱりエースに責任が問われるところが、絶対にあると思うので。みんながエースとして慕ってくれて、試合に出させてもらっているので、やっぱり2点を取らないと、言われても仕方ないと思っています。だからここで二人が勝ってくれたというのは、僕としてもあしたからもう少しダブルスで緊張せずにできるかなというところはありますね。

──エースとして、きょうの試合全体を振り返ってみていかがでしたか

僕のシングルスは2回とも安定してできていたと思うんですが、ダブルスの面では少し不安定なところがあるので、あしたそこをうまく修正できればと思います。優勝を目標にしているので、あしたが勝負なので。もうダブルスで負けられないというところまで来ているので、きょう終わってからもダブルスの調整をしましたし。ダブルスが優勝のカギにはなってきますね。

──あしたの準決勝の相手はメイジですね

もうメイジに当たって勝たなくては優勝はないと思っています。ここで当たるか決勝で当たるかのところだと思うので。この夜どんな準備をして、あしたを迎えられるか。やっぱりメイジということを意識しては駄目だと思います。強いメイジだとは思わずに、一戦一戦いつも通りのプレーができればと思います。勝たなきゃというプレッシャーを感じるのは僕たちではなくメイジだと思うので。そこをうまく自分たちの方に流れをつかめればチャンスは絶対にあると思っているので、頑張ります。

山本勝也(スポ3=石川・遊学館)

──きょうの試合を振り返っていかがでしたか

1試合目は負けてる状態で回ってきて、すごい緊張した場面でも自分の実力を出すことができて良かったと思います。最後の試合も後がない状態で回ってきて勝つしかなかったので力が入ってしまったのですが、勝つことができて良かったです。

──第2セットはジュースと競った展開でしたが

このセットを落としていたら0―2になっていて、何がなんでも欲しいセットだったので、守りに入らず常に強気の気持ちを忘れずにいきました。

──第4セットは序盤リードしてから終盤追いつかれる展開でしたが

リードしてから心のブレがあって凡ミスを連発してしまってそれから相手の展開になって悪い流れだったんですけど、最後まで思い切りいけたのが良かったと思います。

──専大戦の相手の印象はいかがでしたか

大学入ってからやったことがなくて、いやらしいタイプだと思ってたんですけど、予想通りの展開になったと思います。

──リーグ戦でのけがの影響はありましたか

もう大丈夫です。

──あすに向けての意気込みをお願いします

明大は春に負けている相手なので、挑戦者の気持ちで向かっていくだけだと思います。

上村慶哉(スポ1=福岡・希望が丘)

──きょうの試合を全体的に振り返ってみていかがでしたか

初めに出た近大戦では責任感とかあまり感じていなくて、ちょっと集中力にムラがあって簡単なミスとかサーブミスとかたくさん出て。でも専大戦の4番ではしっかり集中して自分のプレーをすることができたので良かったと思います。

──ダブルスについてはいかがでしたか

悪くはなかったのですが、相手も勢いがあって強くて。前回は勝ってたんですけどやっぱり相手も研究していて、こっちの好きなようにさせてくれ
なかったので、また作戦を立てたいと思います。

──専大戦のダブルスは苦戦されていましたが、研究されたというのが大きいのでしょうか

そうですね。前回結構簡単に勝っていたので、ちょっと研究されてきたかなと思います。

──ボールをうまく返せない場面が多く見受けられましたが、原因は何でしょうか

サーブレシーブから先手を取られてこっちがずっと攻められる状態で、なかなか打ち返すことができなくて相手も良いボールを打ってきて、それで取れなかったんだと思います。

──シングルスについてはいかがでしたか

きょうはチキータレシーブが結構調子良くて、というか練習してきて結構力が付いてきて、そんなに下がらずにできて、サーブも効いて全体的に相手より上回ってたかなとちょっと思います。

──専大戦はダブルスで負けてしまいそのままシングルスに挑みましたが、どのように気持ちを切り替えていきましたか

相手の方がやはり格上ですし、こっちは思い切っていくだけだなと思ってました。あとは、向こうは試合してない状態で僕はダブルスをやってから試合だったので、こっちの方が有利かなと(笑)。

──1ゲーム目は苦しい展開でした

そうですね。相手も強くて全然勝てそうにないと思ったんですけど、途中から良いボールが入り出して、良いリズムで自分の攻撃が展開できました。

──2ゲーム目からどういったところを修正していきましたか

打つコースが相手のバックに集まっちゃうんですよ。無意識にやってると。だから後ろから先輩やコーチに「もっといろいろ打ち分けろ」と言われて、冷静にすぐ打ち分けることができて、そこの戦術転換が良かったです。

──あすの準決勝は明大と対戦します。気を付けていきたいところや力を入れていきたいところがあれば教えてください

相手の方が格上ですし、立ち向かっていくというか挑戦者の気持ちでやるだけだと思うので、最高のプレーができるように準備して、あとは思い切ってやるだけだと思います。

──最後に意気込みをお願いします

優勝します。

竹岡純樹(スポ1=青森山田)

──きょうの試合を振り返ってみていかがでしたか

全体的にちょっと下がり気味だったので、あしたは自分のプレーを前でしていきたいと思いました。

──朝日大戦の4ゲーム目は1点も取れずに落としてしまいましたが、原因は何でしょうか

3ゲーム目を取って、4ゲーム目は僕がリードしていたんですけど、硬くなったのもありますし大事にいきすぎて相手に攻め込まれて出だしが離されちゃったので、もう出だし離されちゃったら勝負にならないので、ちょっと諦めも入りました。

──5ゲーム目に入るまでにどのように気持ちを立て直していきましたか

競って負けても0点で負けても負けは負けなので、そこは2対2になったということでただ気持ちを切り替えてやるだけでした。

──あすの準決勝は明大と対戦します。気を付けていきたいところや力を入れていきたいところがあれば教えてください

多分1、2番で左2人が出てくると思うので、バックハンドで先手を取ることを心掛けていきたいと思います。

──意気込みをお願いします

明大は強いですが、勝って優勝したいと思います。