メニュー

水泳部

2014.07.02

関東学生リーグ戦 6月29日 神奈川・日体大健志台プール

王者・日体大と互角の熱戦!

TEAM 1P 2P 3P 4P
日体大
早大
▽得点者
武田2、戸張2、深田2、深川2

 日大にまさかの敗北を喫し関東学生リーグ戦(リーグ戦)2位が確定したワセダ。一夜明け、この日は優勝を決めている日体大との一戦に臨んだ。試合は3点ビハインドで迎えた第4ピリオドにワセダが猛攻を仕掛け、8-8の同点でゲーム終了。攻守がかみ合い、引き分けへと持ち込んだ。

 前日の嫌な空気を断ち切るためにも先制点が欲しいワセダ。しかしなかなか好機を演出できず我慢の時間帯が続く。相手に押されながらもGK高島丈司(社2=東京・明大中野)の好セーブなど守備からリズムをつくり、流れを渡さない。両チーム無得点のまま迎えた第1ピリオド中盤、均衡を破ったのは戸張真寿主将(スポ4=埼玉・秀明英光)の豪快なミドルシュート。待望の1点を手にしたワセダはそのまま守りきり、1-0で第1ピリオドを終えた。

好セーブを連発した高島

 しかしここから王者・日体大の反撃が始まった。第2ピリオド途中で3連続失点をし、一挙に逆転を許す。第3ピリオドでは選手層の差が露呈。次々と選手を交代する日体大に対し、ワセダは一度も交代することなく同じメンバーでの戦いに。「体力的に少し厳しいなと思った場面もあった」(戸張)とスタミナの消耗が響き泳ぎ負けてしまう。主導権を握られる苦しい展開の中、少ない得点機にゴールを決め5-8と3点差で第4ピリオドに望みを託した。

 勝負の最終ピリオド。高島が1対1のピンチをしのぐと、そこからカウンターを仕掛け武田望(スポ4=富山北部)がゴールを陥れる。さらに1点を加え、7-8の1点差に。試合終了時間が迫る中、武田から好パスをもらった深川幹徳(スポ2=福岡工)が相手を背負いながらのバックシュート。鋭い一投がネットに突き刺さり、土壇場で同点へと追い付いた。このまま一気に勝ち越したいワセダだったが、タイムアウト後のチャンスを生かせず逆にカウンターを受ける。残り時間14秒、この絶体絶命の窮地で高島がファインセーブ。「調子が良かった」と話す守護神の活躍により価値ある引き分けをもぎ取った。

深川は同点に追い付くシュートを決め会場を沸かせた

 昨年度全日本学生選手権(インカレ)覇者と互角の激闘を繰り広げたワセダ。実り多きリーグ戦は今戦をもって終幕となる。「2位という結果には誰も満足していない」(深川)。この順位に甘んじることなく、選手たちは決戦となるインカレを見据えている。「必ず日体大を倒して優勝したい」(戸張)。収穫と悔しさを糧に、大舞台での逆襲を図る。

(記事 谷田部友香、写真 角田望)

関連記事

まさかの敗戦、最終日を前に優勝消える(6/28)

「我慢強さ」で筑波大を振り切る(6/24)

日大に我慢の勝利、上位リーグへ弾み(6/16)

コメント

中嶋孝行監督(平13教卒=福岡工)
――日体大には前回は2点差で敗れています。きょう同点に詰められた要因は何でしょうか
前回も似たような流れで、最後のピリオドにうちが盛り返しました。それを一回やっているという経験が彼らの中であって、最後まで諦めなければ、緊張を保って最後までやればなんとかなるという意識が選手の中にあったんじゃないかと思います。
――日体大相手にロースコアゲームに持ち込みました
それもありますね。うちは前回9点取ってますし、10点くらいはなんとか取れるというのは分かっています。第2ピリオドで失点が増えて、相手がカウンターでどんどん抜けてきていたのでそこらへんが狙われていたのかなと。まあうちが攻めているからこそああやってインターセプトからのカウンターにいかれたというのがあったので、ある程度意識して抑えられればまたうちに流れがくるなというのがわかっていたので、その辺をみんな意識していたのかなと思います。
――これまでは体力も課題としていました。きょうは最後まで泳げていたのではないでしょうか
そうですね。でも体力はあっても1試合丸々というのはけっこうつらいところもあるので、できれば交代させてやりたいというのはありますけど、うちはきょう交代をしてないんですよね。そこはチームとしての実力差があるなと思いますね。
――対照的に、日体大は交代を積極的に行っていました。早大も底上げを目指すのでしょうか
底上げもそうですけど、ここからの2か月をどう過ごすかというのがすごく課題で、毎年(関東学生)リーグ戦2位で、インカレ(日本学生選手権)も2位でという流れの中で、でもインカレでは春より差がついているよね、というのを感じるので、その辺みんなわかっているはずなので、一回練習の中身やスケジューリングを考えなければならないと思います。
――オフェンスでは、少ないチャンスの中で良く決めていたのではないでしょうか
そうですね。決定率に関しては良かったと思います。とはいえ向こうが決めていないというのもあったので…。でも、歯車はうちにとって良いかたちで回っていたのかなと思います。キーパーの高島(丈司、社2=東京・明大中野)もよく止めていましたし、きのう負けたのがチームとして何かのきっかけになったのかなと思いますけどね。だからきょう勝てなかったのも、何かのきっかけになるかもしれないですね。ここで勝っていたら彼らが満足して終わるんじゃないかなという気もしますから。いま考えれば、ですけどね。
――きのうの敗戦をきょうにつなげられたということでしょうか
きょうのために、ということではないですけど、きょうにちゃんとつなげてくれたのかなと思います。
――このリーグ戦、思っていたような戦いができましたか
リーグ戦に関しては、思ったよりディフェンスは意識を持ってやってくれているなというのは感じました。春はけっこう流れも悪くて、ディフェンスもみんなバラバラでやりたいようにやっている印象だったんですけど、このリーグ戦に関してはディフェンスの意識を持ってやってくれていましたし、研究もみんなしていたと思いますし意識はだいぶ違ったかなと思います。
――2位という結果はどう評価されますか
ここ4年くらい2位が続いているんですけど、意外とことしが一番きつかったかもしれないです。いままでは点を取れる選手が2、3人いましたけど、ことしは得点王がいるわけでもなく、みんなまとまってやってくれているなというのはありましたけど、こいつに頼れば…というのがあったわけではないので。そこはきついところがあるなというのはありました。接戦もこのチームでは多かったですし。
――インカレに向けて一言お願いします
毎年言ってますがインカレは何とか勝ちたいですし、(日体大相手に)何とかロースコアでやりたいなと思います。
――きょうもロースコアゲームに持ち込みました。あとはどのようなところだと思いますか
体力に関してもパワーに関しても、正直ただの数値でいえば向こうが上だと思うんですよね。そこはやっぱり詰めなければいけないですし、あとはもっと研究なり相手を知ることが大事だと思うので、資料もある程度揃ったでしょうから、そこらへんも考えて、戦術も考えてやらなきゃいけないなと思います。

戸張真寿主将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――きょうの日体大戦を振り返って

相手のミスに助けられた場面もあったので、ディフェンス面を主に改善させていかないといけないなと思ったことと、ただ4年間で日体大と引き分けたという経験もなかったので、それに関しては素直に嬉しいかなと思います。

――きのうの日大戦で惜しくも破れ2位が決まってのきょうの試合でしたが、きょうはどのような気持ちで臨まれましたか

順位は決まってしまって消化試合といえば消化試合だったのですが、日体大と公式戦をできる機会もこの試合とあとはインカレ(日本学生選手権)だけで機会も少ないので、とにかく勝ちにこだわる試合をしたいなと思って全力で臨もうという話を試合前にしていました。

――チームとしてきょうはどのような戦い方ができたと思いますか

チームとしては、大事な場面で決めるべき選手が決めれて、それで3点ビハインドで迎えた4ピリオド目で良い試合の流れで最後までいくことができたのかなと思います。

――ご自身のプレーに関してはいかがですか

いや、正直前半で結構もう体力的に少し厳しいなと思った場面もあったので、体力や最初から全力でいけることを4ピリオド続けることが課題かなと思いました。

――改めてきょうの日体大戦、どのように評価されますか

現時点では80点くらいかなと思いますね。やはり勝てなかったのは悔しいですし。でも課題も見えましたし、次へつながる試合にもなったので80点くらいの好評価をつけたいなと思います。

――最後にインカレに向けて

インカレは日体大とは決勝まであたらないので、決勝戦できょう以上の試合をして、必ず日体大を倒して優勝したいなと思います。

深川幹徳(スポ2=福岡工)

――きょうの試合を振り返って

引き分けだったんですけど、自分のミスで取られた点が1点あって、結果論ですけどそれがなかったら勝てたのでもったいなかったです。

――前日に優勝の可能性が消えてしまったのですが、モチベーションを保つのに難しい部分もあったのですか

でも、きのう負けたことで気持ち的に逆に吹っ切れて試合に臨めました。

――失点をしたピリオドと無失点で終えたピリオドで違いはありましたか

やはり相手も力を入れて攻めてきていましたし、少し疲れてしまったというのもありました。

――同点に追い付いた自身のゴールもありました

良いパスが来たので、練習のときと同じように決めるだけでした。決めれて良かったです。

――試合を通して選手交代が一度もありませんでした。体力という面ではどうでしたか

第3ピリオドのときがつらかったですね。やっぱりそういうときにスタメンと交代できる選手が必要だとも思いました。

――日体大相手に引き分けという結果でした。気持ちとしては勝ち切れなかったと感じているのでしょうか

そうですね。自分たちのミスもあったので、勝たないといけない試合だったと思います。

――きょうでリーグ戦が終了しましたが、全体を振り返って

2位という結果には誰も満足していないですし、これからもっと練習してインカレ(日本学生選手権)に向けて頑張りたいと思います。

高島丈司(社2=東京・明大中野)
――きのう悔しい負けかたをして、順位が決まって臨んだ試合でした。どのような思いを持って臨みましたか
普通にやることをやろうと思っていました。
――同点に持ち込みました。振り返っていかがでしたか
きょうはきのうに比べると調子が良かったのですが、、今後インカレ(日本学生選手権)では一発勝負になってくるのでそういうところで日によって調子の波があるといけないと思うので、できるだけぶれが少ないようにしていきたいと思います。
――調子のムラはご自身で大きいほうだと思いますか
大きいほうだと思います。
――チームのディフェンスで良かったところは何でしょうか
全体的に、ちゃんとディフェンスに帰ってくる意識とか、カウンターを受けないという意識を峻也さん(瀧川、スポ2=京都・鳥羽)を中心に言っていたので、良かったと思います。
――関東学生リーグ戦を振り返っていかがでしたか
東日本リーグ戦から比べたら大分修正できた点もあって、収穫も多かったと思うので、インカレ(日本学生選手権)もこの調子でチームとして連携を高めて臨みたいと思います。
――インカレの目標を
優勝します。