メニュー

バドミントン部

2014.06.16

関東学生選手権 6月12日 東京・葛飾区総合スポーツセンター

古賀・齊藤ペアが4回戦進出!

 全日本学生選手権(インカレ)の出場権をかけた関東学生選手権がついに開幕。Aブロック男子ダブルスに早大からは4組が出場し、古賀輝(スポ3=埼玉栄)・齊藤太一(スポ3=福島・富岡)が4回戦進出を決めた。

 シードのため2回戦から登場した古賀・齊藤ペア。この日の初戦では神奈川大を相手に強気な攻めでストレート勝ちを収めた。迎えた3回戦では、2回戦と同様プッシュを多用した積極的な攻撃で相手を追い込み、第1ゲームを奪う。さらに第2ゲームではラインぎりぎりを狙ったショットが決まるなど緻密さも加わり、相手に連続得点をほとんど許さない。試合のペースを握ったまま第2ゲームも獲得し、3回戦を制した。

順調に上位進出を決めた古賀・齊藤(上)ペア

 同じくシードの和田治久主将(スポ4=埼玉栄)・堀ノ内俊佑(法4=埼玉・早大本庄)ペア。2回戦ではミスが目立ちファイナルゲームまでもつれたが、勝利をもぎ取った。3回戦の相手は帝京大。第1ゲームは相手の繰り出す鋭いプッシュに翻弄(ほんろう)され連続失点を喫し、劣勢が続いた。第2ゲームでは序盤はシーソーゲームに。しかし流れを呼び寄せることができない。最後まで粘ったが結果は12―21で敗北。惜しくも4回戦進出はならなかった。またルーキーの富岡寿将(社1=熊本・八代東)・江藤怜央(スポ1=神奈川・生田)ペアと松本康平(スポ1=埼玉栄)・中里裕貴(スポ1=埼玉栄)ペアは共に最終ゲームまで競ったが、攻め切ることができず1回戦で敗退となった。

惜しくも3回戦敗退となった和田主将(左)・堀ノ内ペア

 ことし初の個人戦は明暗が分かれる結果に。ルーキーたちは涙をのみ、また4年生コンビも今大会でのダブルスのインカレ出場権を逃してしまう。一方古賀・齊藤ペアは順調に4回戦へ駒を進めた。勝ち進んだペアはもちろん、惜しくも敗退となったペアも、この試合で見えた課題をもとにさらなる飛躍が期待される。

(記事 又坂美紀子、写真 高畑幸、又坂美紀子)

結果

▽男子ダブルス

▼4回戦進出

古賀輝・齊藤太一組

▼3回戦敗退

和田治久・堀ノ内俊佑組

▼1回戦敗退

富岡寿将・江藤怜央組

松本康平・中里裕貴組