メニュー

お知らせ

« 一覧へ戻る

2014.04.21

エース完封 打線も応えた

TEAM
立大
早大

 慶大から勝ち点を奪い勢いに乗る早大は、この日、府中市民球場で立大カードの初戦に臨んだ。先発・河合亮太(スポ4=茨城・茗渓学園)は制球、球威共に申し分なく、テンポ良く相手打者を打ち取り3安打完封。打線は7回に代打で出場した休波隼(スポ3=茨城・日立第一)が適時打を放ち、先制する。8回にも松本憲太郎(スポ3=福岡・筑紫丘)の適時打で1点を追加し、立大との初戦を白星で飾った。

  「きょうは最高でしたね」(河合)。その一言がこの日のエースの投球を物語っていた。先発の河合はキレのあるスライダーを織り交ぜながら相手打者をテンポ良く打ち取り、5回までは安打を1本も許さない。6回に初めて安打を打たれるが、連打は許さず相手に隙を与えなかった。終盤に入っても快投を続けた河合。9回を一人で投げ抜き3安打無失点で堂々の完封勝利を収めた 。

見事な投球を披露した河合

 力投する河合を援護したい早大打線だが立大先発・谷淳平(3年)を序盤は攻略できず、なかなか得点を奪えない。ついに先制点を手にしたのは7回だった。先頭の松本が内野安打で出塁すると続く河合が犠打を決め1死二塁の好機が演出される。ここで打席には野村裕之(人3=高知・土佐)に代わって、代打・休波。好投を続ける河合を「なんとか援護したいな、という一心でした」と打席の心境を振り返る。休波は高めに浮いた球を振り抜き、打球は中堅手の前に落ちた。これが適時打となり、早大は待望の先制点を奪う。8回にも2死一、二塁で松本が中前適時打を放ち追加点を奪った。

先制の適時打を放つ休波

 エース河合の好投に、早大打線も終盤に応えることができた。派手さはないが、粘ってつかんだ勝利。ことしの早大は守り勝つ試合が多いが、まさにこの日の試合はそれだった。次の試合への意気込みについて問うと河合は「次も勝つだけです」と一言で答えた。エースの背中は頼もしい。

(記事、写真 河島孝大)

コメント

河合亮太(スポ4=茨城・茗溪学園)

――きょうの投球を振り返ってみていかがでしょうか

そうですね、きょうは最高でしたね。気分の良いピッチングができました。

――きょうはどのような気持ちで試合に臨みましたか

最初から投手戦になると思ってたんですけど、まあそれで投手戦になって。慶大戦は調子が悪くて、さすがに立大はそろそろ実力出さないと勝てないな、と思って。そういう気持ちでやっていました。

――慶大戦との投球と比較してみてどのような違いがありましたか

まあ、なんか気楽に投げられたのと、その関東選手権が終わってちょっとモチベーションが下がってしまっていたんですけど、それがまあ慶大との試合であって。そこから2週間空いて、練習とかでもモチベーション上げて立大戦には臨めましたね。心の問題だと思いますね。そこが一番違ったのかと思いますね。

――制球、球威ともに完璧でしたが、その点振り返ってみてどうでしょうか

完璧、とまではいかないですけど、要所でしっかりコーナーに投げ分けられたんじゃないかな、と思いますね。

――次のマウンドへの意気込みをお願いします

次も勝つだけです。

休波隼(スポ3=茨城・日立第一)

――きょう好機の場面での代打でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

河合さんがずっと頑張ってくれていたので、なんとか援護してあげたいな、という、その一心でした。

――打った球は狙い球でしたか

よく覚えてないんで。来た球を打とうと思っていたので、まあその気持ちがヒットになってくれたのかな、と思います。

――打った感触はいががでしたか

ここ最近ずっと駄目だったので、久しぶりに良い感触で打てたと思います。

――次の試合への意気込みをお願いします

出番があるか分からないですけど、他の人が出てもチームで、全体で勝てるようになんとか頑張りたいと思います。

<< 一覧へ戻る