競走部

2012.11.04

第44回全日本大学駅伝対校選手権 11月4日 愛知・熱田神宮西門前〜三重・伊勢神宮内宮宇治橋前

健闘の3位入賞!

 先月行われた出雲全日本大学選抜駅伝(出雲)では6位と悔しさの残る結果に終わったワセダ。この日は1区こそ12位と出遅れたが、2区で8人抜きの快走を見せた大迫傑(スポ3=長野・佐久長聖)や6区で自身初となる区間賞を獲得した前田悠貴(スポ4=宮崎・小林)らの活躍で3位入賞。昨年の同大会と同じ順位とはなったが、内容、順位ともに出雲でのそれを上回る結果となった。

初駅伝となった柳

 1区では柳利幸(教1=埼玉・早大本庄)が先頭と58秒差の12位と出遅れたが、2区の大迫が期待に応える快走を見せる。区間賞には8秒届かなかったものの、従来の区間記録を上回る好タイム。出雲駅伝では区間10位と苦しんだエースが圧巻の8人抜きで、一気に4位まで順位を押し上げた。4区で区間賞に19秒と迫る好走を見せたのは山本修平(スポ2=愛知・時習館)。4位でタスキを受け取ると、6キロ地点で山梨学院大をかわし3位に浮上した。

 しかし5区で再び4位転落と、一進一退の展開が続くなか、6区前田にタスキが渡る。出雲では先頭との差を詰めることができず、「いまひとつだった」と語った前田。この日は1キロ地点で前を走る日体大をとらえると、その後も先頭との差を3秒縮め、3位でタスキリレー。見事区間賞を獲得した。続くアンカー平賀も粘りの走りを見せたが、順位を上げることはできず、3位でゴール。東洋大、駒大という二強には及ばなかったものの、見事入賞と健闘を見せた。

快走した大迫

 不甲斐ない結果に終わった出雲から一か月足らずで迎えた今回の全日本駅伝では、本来の力を取り戻しつつあることをはっきりと示したワセダ。しかし、今年度の学生三大駅伝で少なくとも一冠、を目標に掲げるワセダにとって、残された舞台は箱根駅伝のみとなった。今シーズン最後のレースとなる箱根に向けて、どれほどの仕上がりを見せられるか。2か月後、強さに磨きのかかったワセダの走りに期待したい。

(記事 平岡櫻子、カメラ 浜雄介、大道瞳)

区間結果

1区(14.6キロ):柳 44分15秒(区間12位)

2区(13.2キロ):大迫 37分25秒(区間2位)

3区(9.5キロ):佐々木 27分42秒(区間3位)

4区(14.0キロ):山本 40分42秒(区間2位)

5区(11.6キロ):高田 34分53秒(区間6位)

6区(12.3キロ):前田 35分30秒(区間1位)

7区(11.9キロ):市川 36分03秒(区間10位)

8区(19.7キロ):平賀 58分38秒(区間4位)

早大 5時間15分08秒 第3位

コメント

渡辺康幸駅伝監督(平8人卒=千葉・市船橋)

——3位という結果になりましたが、いかがですか

力負けですね。やっぱり上の二つが非常に強かったということですね。

——2区の大迫傑選手(スポ3=長野・佐久長聖)と6区の前田悠貴選手(スポ4=宮崎・小林)が区間新の好走でしたが

やっぱり二人だけでは勝てないので。1年生から4年生まできちんとみんなが力を出し切ったかと考えると、まだまだ半分の選手が力を出していないので、だから3番なのかなというのはありますね。

——レース全体を振り返っていかがですか

1区で出遅れたというところではちょっと厳しかったのですが、そういうオーダーを組まざるを得なかったチーム事情があったりだとか、あくまでも優勝を狙う中でこのオーダー編成だったので、悔いはないですね。

——収穫はありましたか

課題もかなり見つかりましたので、箱根に向けて山の強化だけじゃなくて、今度は10人になりますから、きちんとチームの層を厚くして、2カ月間準備したいですね。

——箱根に向けて意気込みをお願いします

もちろん総合優勝を目指して1年間やってきてますから、それが叶うように頑張りたいです。

相楽豊コーチ(平15人卒=福島・安積)

——きょうのレースを振り返っていかがですか

出雲で失敗した反省を生かして、自分たちの力を出すレースはできたと思います。ただ、それでも駒大、東洋大に力が及ばなかったんだな、と思いました。

——2区では大迫選手が力走を見せました

彼も出雲で失敗した反省を生かして、主力としてやるべきことをやってくれたと思います。そういった部分ではとても良かったと思いますね。ただ、大迫のような選手もいれば今回力を出しきれなかった選手たちもいるので、そこは箱根に向けた修正点だと思います。

——前田選手の区間新記録についてはいかがですか

勝負を決める大事な区間での起用を考えていたんですが、結果的に後半の柱としてしっかり結果を残してくれて次につながる走りだったと思います。

——初駅伝となる柳利幸選手(教1=埼玉・早大本庄)を1区で起用したのは、やはり勢いを重視してのことでしょうか

そうですね。練習でも大きなブレーキをしない選手なので、1区向きかなと思いました。あとは、やはりどうしても経験不足というのは出てきてしまうので、他大の選手と一斉にスタートできる1区なら大丈夫かな、というのが起用した理由です。

——この全日本はチーム力が試される場だったと思いますが

人数、区間、距離など全てにおいて本当の意味で箱根の前哨戦、という位置づけで捉えていました。だから、きょう自分たちの全てを出しても二強に遠く及ばないということが分かったので、あと2カ月でしっかり力を付けていきます。

——力を出せた、という部分に関してはある程度満足はしているということでしょうか

そうですね。やりたいことはできたと思います。それでも相手が強いということを知れたのが一番大きな収穫ですね。

——箱根に向けて克服すべき課題は何でしょうか

きょうスタートラインに立てなかった志方(文典、スポ3=兵庫・西脇工)などの主力選手の復調、あとはいま5番手から10番手にいる選手たちの力の底上げですね。

1区:柳利幸(教1=埼玉・早大本庄)

——きょうのレースを振り返っていかがですか

自分の走りができなかったのでチーム全体に迷惑をかけてしまいましたし、渡辺さん(康幸駅伝監督、平8人卒=千葉・市船橋)から期待されていた(トップと)30秒以内ではなく、2倍近くかかってしまったので、課題が浮き彫りになりました。

——1区に抜擢されてスターターとしてのプレッシャーもあったと思いますが

初めての大学駅伝で全日本の1区を任されたことはプレッシャーを感じましたし、そういう期待もされているんだという気持ちもあったので期待に応えたかったですね。

——きょうの調子はいかがでしたか

そんなに悪くはなかったのですが、前日の調整、試合に臨むまでの運び方がまだまだ経験不足だと感じました。

——エース大迫選手にタスキを渡されましたが、どのような思いで渡されましたか

できればもっと前の方で渡して駒沢大学や東洋大学と競れる位置できたかったです。結果12位で渡してしまったのですが、大迫さんがそこから4位まで順位を上げるというすごい走りを見せてくれたので、これに応えるには次の箱根駅伝でチームに上位でタスキをつなぐことが自分の役割だと思います。

——今後に向けて抱負をお願いします

三大駅伝も残るは箱根だけなので、そこで自分の力をしっかり出して、チームの優勝、王座奪還につなげられればと思います。

2区:大迫傑(スポ3=長野・佐久長聖)

——3位という結果はいかがですか

やはり上位二校のチームは強かったので、実力的にはこの順位は妥当な結果だと思います。

——出雲に比べて結果、内容ともに良かったのではないでしょうか

そうですね。みんなの実力や調子が上がってきているので、箱根駅伝はもっと良い結果が出るんじゃないかなと思います。

——ご自身の走りを振り返っていかがですか

今回は前半抑えめに入ったので、それが後半失速せずにいけることにつながったんじゃないかと思います。

——従来の区間記録を上回る好タイムでした

タイムはあまり意識してなかったんですけど、落ち着いて走れて、それで記録もついてきたので、個人としてはまずまずの結果だったなと思います。

——出雲後のチームの雰囲気はいかがでしたか

みんなで「頑張っていこう」という意識でやってきたので、雰囲気自体は非常に良かったと思います。

——来季駅伝主将に就任することが決まりましたが、心境の変化などはありましたか

やはりいまからチームを見ていかなければいけないと感じるようになったので、来年に向けて、いまのチーム状況や自分ならどうするかということを考えてやるようになりました。

——残すは箱根のみとなりました、抱負をお願いします

やはり駒澤さんと東洋さんは強いので、その2校に対抗できるように頑張りたいと思います。

3区:佐々木寛文(スポ4=長野・佐久長聖)

——きょうの走りはいかがでしたか

自分の求められていた走りというのができなかったので、非常に悔しいです。

——どのような内容を求められていたのでしょうか

なぜ僕が3区に回ったのかというと、1区の柳が初出場ということで、その負担を考えると2〜4区でいかに主導権を握れるかということが渡辺監督、相楽コーチの意向でした。2区の大迫が良い流れできていたので、しっかりその流れを引き継いでもっと(前に)つければ良かったのですがそれができなくて、勢いを止めてしまったことが本当に恐縮です。

——今回のレースでロード勘は戻りましたか

レース全体を通して、僕の中であまり良い結果を残すことはできなかったので、自信にはならないですね。

——タイムや区間順位に関してはいかがですか

タイムというよりも、やはり順位が大事でした。僕がすべきだったことは、どれくらいのタイムを出すというよりも、先頭との差を縮めることだったので本当に悔しいです。

——原因は何だとお考えですか

いろいろあると思うのですが、いままでレースに出られていなかったというのも1つの原因だと思いますし、他の部分でももっと準備できたのかもしれません。ただ完全に僕の力不足だと思います。

——きょうのレースを箱根にどうつなげていきたいですか

今回は練習も順調に積めて臨んだので、僕にもそれなりにいけるという自信というか気持ちはあったのですが、実際に走ってみて、やはりまだまだ力の差というものを痛感しました。本来の調子を取り戻せるように箱根に向けてやっていかなければいけないと思います。

4区:山本修平(スポ2=愛知・時習館)

——総合3位という結果を受けていかがですか

悔しいです。

——出雲より内容も良かったのではないでしょうか

そうですね、力は出し切ったと思います。相手が強かったととらえてまた次、実力をつけて挑戦したいです。

——渡辺監督や相楽コーチからは何か言葉をかけてもらいましたか

まだお話しいただいてないんですけど、多分、こんなので満足するなと言われると思います。

——大会前のチームの調子はいかがでしたか

出雲でふがいない結果になってしまったので、また気を引き締めてリベンジしたいという気持ちになり、しっかり修正はできていたと思います。

——レースプランは

1区が1年生で思い切っいかせて、2〜4区でしっかり主導権を握りたいと考えていたんですけど、そこでうまく流れをつかめなかったのがまだまだでした。

——山本選手自身の走りはいかがでしたか

もう少し(トップとの差を)詰めていられれば後半の選手がしっかり勝負できたんじゃないかと思うので、結果的に数秒は詰めたんですけど、ちょっとまだまだ納得のいくものではなかったです。

——地元の大会でしたが

そういった意味ではこの全日本大学駅伝は僕にとってすごく大きな大会なので、しっかり走りたいなと思っていたんですけど、応援してくれた方も多かったのでこんな結果で残念です。

——チームに足りないところはどこでしょうか

他のチームに比べて選手層が少し薄いので、毎日の練習で危機感を持っていかないといけないですね。

——あとは箱根を残すのみとなりました

箱根が一番の目標でやっているので、もちろん他の二つを落としてしまったのは悔しいんですが、箱根はしっかり勝って終わりにしたいです。

——走りたい区間はありますか

特にないですが、チームでリベンジしたいなと思います。重要区間を任せられると思うので、しっかり走って優勝したいです。

5区:高田康暉(スポ1=鹿児島実)

——きょうのレースを振り返っていかがですか

悔しいです。

——区間6位でしたが

ただ悔しいですが、次のレースにつながる課題もありました。

——チームとしては3位という結果になりました

優勝を目指していたので…。

——次のレースへの課題を教えていただけますか

最初から全体的にハイペースで押せるようにならないといけないと思いました。

——箱根に向けて抱負をお願いします

しっかりチームとして勝てるように自分のやるべきことをしていきたいです。

6区:前田悠貴(スポ4=宮崎・小林)

——区間賞、区間新記録おめでとうございます。きょうの結果はいかがでしたか

ありがとうございます。監督からも区間賞を狙っていけと言われていたので、狙い通り獲れて良かったなと思います。

——区間新記録は狙っていたのですか

いや、とりあえず東洋大と駒大に勝つことだけを考えていました。

——1年生からタスキを受け取りましたが

1年生が頑張ってくれたので、少し遅れはしましたけど、自分が取り返すつもりで走りました。

——レース展開について事前に考えていることはありましたか

日体大がすぐ近くにいたので、そこはまずとらえて、そこからは自分のペースで走り切れるようにということを考えていました。

——出雲と比べて変化はありましたか

出雲に比べて全日本は距離が長く、その方が戦えるとは思っていたので、きょうは自信を持ってやれたかなと思います。

——チームとしての成績はいかがですか

出雲は6位で、全然自分たちの力が出せなかったので、きょうは3位ですけど出雲よりはだいぶ上向いてきたかなと思います。

——箱根に向けて抱負をお願いします

やはり東洋大や駒大がしっかり力を出すと厳しい戦いになってくると思いますが、自分たちがどれだけプラスアルファ、100パーセント以上出せるか、というのをしっかり突きつめて2カ月間やっていきたいと思います。

市川宗一朗(スポ4=愛知・岡崎)

——タスキをもらった時はどんな状況でしたか

東洋大と駒大が見える位置で前が頑張ってくれたので良い位置でもらえたのですが、その流れにちょっと乗り切れなかったかなというのはあります。

——どのように走ろうというプランでしたか

もともとは自分のペースで落ち着いて入っていきたいなと思っていたんですけど、見える位置だったので少し追ってしまって若干突っ込んでしまったところはありました。

——それまでの調子はいかがでしたか

2週間前の10000TTではまだ出し切れなかった感じがあったので絶好調とまではいかなかったんですけど、調子は上がってきていると思っていたので、その割に走れなかったことはまだまだ力不足だなと感じています。

——結果は3位と出雲よりも良い成績でしたが

優勝を狙っての3位だったのでやはり全然だめだったなと思います。でもこれがチームの状況でもあると思うので、もう一回切り替えて、箱根につなげられたらなと思います。

——今シーズン初めての駅伝でしたが、振り返っていかがですか

今シーズン、トラックからハーフマラソンも含めて調子が良くなくてなかなか結果に結びついていなかったので、今シーズン最初の駅伝で流れを変えていきたいなと思っていたのですが、練習はできていてもそれを結果につなげられていないというのが本当にもどかしいです。

——4年生になり駅伝の経験を積まれて、慣れや変化はありましたか

駅伝は自分の力を出し切るのが大事だなと感じたので、どんな状況でも落ち着いて自分のレースができるようにしていかなければならないなと特に今回のレースで一番感じました。残る駅伝は1つしかないので、走るからにはしっかり優勝に貢献できるように力をつけていかないなと思いました。

8区:平賀翔太(基理4=長野・佐久長聖)

——きょうの試合を振り返っていかがですか

優勝を目指してやってきて、結果的に優勝できなくて本当に悔しいです。

——出雲駅伝での6位から今回は3位という結果でした

出雲に比べればチーム全体的に、内容も良くなってきていると思います。

——ご自身の走りを振り返って

前半は結構良い感じに走れていたのですが、後半はタイムが伸びなかったので、まだまだ課題はありますね。

——単独走という展開になりましたがペースについては

無理のあるペースではなかったと思いますが、後半は少しペースが落ちてしまったので、まだ力が足りなかったと思います。

——区間順位はどう捉えていますか

もうちょっと上の順位を走っておきたかったです。

——佐々木寛文駅伝主将も戻り、チームの雰囲気はいかがですか

徐々に良くなってきていると思うので、ここからまた箱根までしっかりと練習してやっていきたいです。

——箱根に向けて意気込みをお願いします

大学で走れる駅伝は最後なので何としても優勝してやるという気持ちで走りたいと思います。