ア式蹴球部

2013.08.25

第27回関東大学女子リーグ戦 8月25日 埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

関カレ開幕!白星発進

 ついに今夏も関東大学女子リーグ戦(関カレ)が開幕した。前回王者として臨む早大は、昇格組の順大と対戦。試合はゴールがなかなか決まらない時間が続いたが、前半アディショナルタイムにMF大宮玲央奈(スポ4=浦和レッズレディースユース)が先制点を挙げる。後半にもFW瀬口七海(スポ3=兵庫・日ノ本学園)、DF千葉望愛(スポ4=浦和レッズレディースユース)が追加点を決め、3―0で快勝。盤石な試合運びを披露し、関カレ4連覇へ向け好スタートを切った。

ゴールを決め喜ぶ瀬口と大宮(左)

 前半開始から早大は多くのチャンスを演出しながらも、ゴールに結び付けることができない。18分、MF高木ひかり(スポ2=静岡・常葉学園橘)が相手を交わして打ったシュートはバーに阻まれ、28分のFW山本摩也(スポ2=スフィーダ世田谷)のシュートも再びバーを直撃。逆に35分には、CKからミドルシュートを打たれてヒヤリとするシーンも。「本当にチャンスはたくさんあったのに点が奪えなかった」(瀬口)とゴールを奪えない焦りが少し見える中、迎えた前半アディショナルタイム。瀬口のパスに抜け出した大宮がGKとの1対1を制し、待望の先制ゴール。そのまま1―0で前半を終えた。

DFながらハットトリックを達成した大島茉

 迎えた後半は、順大に隙を見せない一方的な試合展開となる。64分、交代で入ったFW杉森愛希(スポ1=東京・十文字)がゴール前でボールを奪うと、パスを受けた瀬口の豪快なミドルシュートはゴールネットに突き刺さり、観衆を沸かせた。83分のMF渡井汐莉(スポ4=鹿児島・鳳凰)のロングシュートは惜しくも枠を捉えきれないが、終了間際の88分には、CKに「絶対決めようという気持ちでいた」と語る千葉望がヘッドで合わせ、リードは3点に。危ない場面もつくらせず、着実にリードを重ね、3―0で開幕戦勝利を収めた。

 手堅い勝利でひとまず好スタートを切った早大だが、DF千葉梢恵主将(スポ4=宮城・常盤木学園)は「一戦も落とさずに、無失点で全勝で優勝したい」と力強く語った。目の前の一つ一つの勝利を積み重ねた先に、関カレ4連覇、そして全日本大学女子選手権の舞台は見えてくる。関東女王のタイトルは今季も譲らない。

(記事 石原瑞季、写真 芦川葉子)

関東女子リーグ戦
早大 1-0
2-0
順大
【得点者】(早)45大宮 64瀬口 88千葉望
コメント

DF千葉梢恵主将(スポ4=宮城・常磐木学園)
――ついに関カレが開幕しました。チームとしてはどう臨まれましたか
もちろん優勝を目指していて、負けることなく一戦も落とさずに全勝で優勝したいというのと、あと無失点で優勝するという目標を持っています。
――千葉梢主将は選手宣誓も行っていましたが
緊張してしまって、噛んだ時に真っ白になっちゃって(笑)。これでミスってしまったので、プレーで取り返そうって思いました(笑)。
――試合を振り返っていかがですか
前半結構引き気味になってしまって、そこから相手に蹴られて相手のペースにもなってしまった場面があったかなと思います。前半終わってハーフタイムに言われて、後半は改善できたかなと思うんですが、ゲーム中になるべく自分から声を掛けて改善しなきゃなと思いました。
――完封で勝利を収めましたがCBとして守備面はいかがですか
足の速い選手がいると聞いていたので、カバーをしっかりしようと話していて、そこは良かったと思います。あまりフリーでボールを蹴れなかったので、フィードに関してはあまりできなかったです。
――次節の東京国際大戦に向けて、意気込みをお願いします
きょうは前半で自分たちで雰囲気やゲームをどうしていくかっていうことを変えることができなかったので、次にこういう状態になった時には、前半のうちに修正するとか、しっかり自分たちの中で変えていきたいです。
――今季、公式戦はここまで負けなしです。意識していますか
負けてないんですけど、失点している試合もありますし、無敗というよりは悔いの残る試合もあるかなと思います。あんまり意識していないですね。引き分けを負けと同じように考えているので、引き分けでもみんな落ち込むし、やっぱり勝ちしかないって思います

MF大宮玲央奈(スポ4=浦和レッズレディースユース)
――きょうの試合を振り返って
開幕戦で本当に大事な試合でここからスタートだと思っていたので勝ててよかったです。
――得点シーンを振り返って
前半攻めているなかで全然得点が取れなくて、なんとか取ろうと時間を気にしながらやっていたんですけど、七海(瀬口七海、スポ3=兵庫・日ノ本学園)が良いボールをくれて決められました。
――普段よりも先制点の時間帯が遅かったです
ちょっとずつ噛み合わないところがあったんですが、攻撃の形としては良い形が出来ていたので決定力という点では課題になりますがそんなに悲観することもないかなと思います。
――ついに関カレが開幕しましたが、チームとしての意気込みは
4連覇がかかっているので絶対に1つも落としたくないですし、チームみんなで、出られていない選手いるので選手たちみんなで全勝して優勝したいです。
――ゴール前で滑ってしまう選手が多かったように見受けられましたが、やりにくかったですか
基本的に天然芝に慣れていないというのがあるんですけど、ここの天然芝は特に緩いというか柔らかい、ちょっと柔らかめかなと個人的に感じました。それで結構すぐにえぐれます。
――順大の印象は
スカウティングもしていたんですが、上手い選手が最初は出ていなくて途中から出てきて、蹴るかなと思ってきたら結構繋いでくるチームでことし上がってきたチームですが侮れないなと思いました。
――次節東京国際大戦にむけて
気を引き締めて、全部開幕戦という気持ちで絶対落とすことなく全員で勝ちきりたいです。

DF千葉望愛(スポ4=浦和レッズレディースユース)
――きょうの試合を振り返って
きょうは開幕戦ということでみんな気合が入っていました。順大とは1回練習試合をしていて侮れないということでしっかりミーティングとかをしてやっていこうということだったんですけど、前半前線で決めるところでしっかり決めきれなかったしDFラインも後退し気味で前半は辛い戦いになってしまいました。でも終了間際に1点決めてくれてそれで流れが良くなって、後半は前半からしっかり修正できていて2得点取れて勝てて良かったです。
――ポジション的に貴重なゴールだったと思うのですが、得点シーンを振り返っていかがですか
CKはすごく練習していて、絶対決めようという気持ちでいて今回CKが多くて決めたくて、梢恵選手(DF千葉梢恵、スポ4=宮城・常磐木学園)が自分に決めさせようと凄く良い球をくれたので良い点だったと思います。
――ついに関カレが開幕しましたが、チームとしての意気込みは
始動してからチームはどんどん良くなっていると思いますし、8月に合宿を行ってからチームとして作り上げられているような感じもしますしきょうも戦っていてインカレ優勝に向けて一歩ずつ進んでいるなと感じました。
――合宿を通してみえた課題などは
課題としてはやっぱりシュートまでいくんですが、きょうもバーとか多かったように決め切るところで、良かったところは走り込んでいたので大分みんな走れるようになっていたしそれを乗り越えてチームとして団結してきているのかなと思います。
――順大の印象は
中盤の選手がすごく技術のある選手が多くて全体にみんな足が早いので裏へのボールなどはすごく注意していました。
――次節の東京国際大戦に向けて
きょう出た課題をしっかり克服して良かったところを伸ばして、次も相手は侮れないのでしっかり戦っていきたいと思います。

FW瀬口七海(スポ3=兵庫・日ノ本学園)
――開幕戦での盤石な勝利となりました、感想をお願いします
初戦だったので前半からしっかり攻めて自分たちのサッカーがしたかったんですけど、なかなか点を取ることができなくて、でも3点を奪って勝てたことは良かったと思います。
――前半はチャンスが多いもののなかなか先制点が奪えませんでしたが
緊張は無かったんですが、落ち着いて決めるべきところで決めきれなくて、本当にチャンスはたくさんあったのに点が奪えなかったので、そういう部分は今後改善していきたいと思います。
――順大の印象は
前からどんどん来るし、人数をかけてボールに向かってくるので、自分のプレーをやりにくかったです。もっと周りを使ってプレーできたら良かったのかなと思います。
――後半に豪快なミドルシュートを決められました、試合を通してご自身の調子は
あまり自分のプレーをさせてもらえなかったので、この反省点は次に生かしていきたいです。これから(関カレは)もっと厳しい戦いになっていくし、自分ができることは少しずつレベルを上げていって、改善できるところは改善していきたいです。
――今節で見られた課題は
個人としては、得点を取れるところで取りきれなかった場面があったので、そこは改善していきたいと思います。
――次節は昇格組の東京国際大との試合になります
どのチームも前からどんどん来るプレスだったり、自分のやりたいプレーをさせてもらえる相手はいないと思うので、そういう相手に対してもできることはしっかりやって得点を取りきり、勝てるようにやっていきたいと思います。
――関カレでの目標をお願いします
FWとしては、得点を多く取れるように頑張りたいです。チームとしての目標はもちろん優勝ですね!