野球部

2013.09.01

夏季オープン戦(二軍戦)  8月23日 東京・学習院大グラウンド

好機を生かせず、課題多く残る

TEAM
早大
学習院大 ×

 夏季オープン戦(オープン戦)3戦目、早大は学習院大グラウンドでの試合に臨んだ。投手陣は序盤から立て続けに失点し、試合を作ることができなかった。また打線も再三の好機を生かすことができず得点には結びつかない。終盤には粘りを見せたものの、1-8の大敗に終わった。

 投手陣は4人の継投となった。先発の尾高純一(政経1=東京・早実)が打ち込まれ、早くも3回途中で降板すると、救援陣も相手の勢いを止めることができない。打者一巡の猛攻を受け5失点するなど、序盤で大きく引き離される展開に。5回以降は立ち直り、学習院大打線を無失点に封じ込めたが、序盤の大量失点が悔しい結果となった。

前回に続き大量失点を喫した尾高

 打撃では初回、連打で無死二、三塁と絶好の得点機を迎えたが、あと一本が出ず無得点に終わる。その後も毎回のように安打を放つものの、決定打を欠き1点が遠い。打線が見せ場をつくったのは8回。四球と盗塁で2死二塁とすると、丸子達也(スポ2=広島・広陵)が適時打を放ち、ようやく初得点を決めた。しかし反撃はここまで。打線がつながらず、課題の残る試合となった。

 何度も得点圏に走者を進めたにもかかわらず、わずか1得点に終わった。勝負所で力を発揮できるか、これが勝敗の分け目となったと言える。今後の試合ではピンチで粘り、好機でしっかり得点を決めるチーム作りが求められる。

(記事 三上雄大、写真 伊能由佳)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください