卓球部

2014.03.15

第66回 東京選手権 3月14日 東京体育館

大島・山本勝組が順調な滑り出し

 大会2日目、男女シングルスが開幕し、単複両方で熱い戦いが繰り広げられた。ダブルスでは大島祐哉(スポ2=京都・東山)、山本勝也(スポ2=石川・遊学館)組があすへと駒を進めたが、坂口紳悟(社2=東京・早実)・藤原康明(社2=埼玉・狭山ヶ丘)組は4回戦で敗退。女子シードの中尾優子(人4=岐阜・富田)・小道野結(スポ2=神奈川・横浜隼人)組もフルゲームまで競った末敗れ、4回戦で姿を消した。シングルスには多くの選手が出場し、4選手が勝ち残った。

優勝が期待される大島・山本勝(右)組

 きょねんの今大会で準優勝した大島・山本勝組。第1シードとして5回戦から出場した。2ゲーム目を落としたが、2人の力強いバックドライブが冴えて流れを取り戻し、ゲームカウント3-1で勝利。続く6回戦では息の合った積極的な攻撃で連続得点を挙げていく。相手に一瞬の隙も与えることなく、ストレートで下した。堂々たる戦いぶりで「全部勝つ」(山本勝)という目標に向けて順調なスタートを切った。

 女子シングルス3回戦で中尾が対戦したのは、ダブルスで敗れた李施恩(韓国大宇証券)。マッチポイントに持ち込まれても、粘りのプレーで追い上げを見せる。しかし一歩届かずゲームカウント1-3で敗北。中尾は試合後「勝てるチャンスがあったので悔しい」と同時に「1回戦から思い切って試合ができた」と語った。中尾は単複両方の試合を終え、4年前の東京選手権から袖を通し続けたエンジのユニフォームを脱ぐこととなった。

ワセダとして出場する最後の試合を終えた中尾

 シングルスでは山本勝、小道野、高橋結女(スポ2=新潟産大附)、佐藤風が3回戦を突破した。大会3日目のあすにはスーパーシードが登場する。きょうよりも厳しい戦いとなるだろう。またダブルスは決勝まで行われることになっている。大島・山本勝組は、きょねんの自分たちを超えられるか。二人の戦いに大注目だ。

(記事 田中みずき、写真 山口智子、豊田光司)

結果

▽男子ダブルス

4回戦

●坂口・藤原組1―3三部・及川組(青森山田高)

5回戦

○大島・山本勝組3―1藤田・沼田組(日鉄住金物流)

6回戦

○大島・山本勝組3―0桑田・横山組(明大)

▽女子ダブルス

4回戦

●中尾・小道野2―3李・李組(韓国大宇証券)

▽男子シングルス

1回戦

●坂口2―3大塚(流山アストロズ)

2回戦

○山本勝3―0近藤(埼玉工大)

3回戦

○山本勝3―0坂本(鶴岡東高)

▽女子シングルス

1回戦

●栗原1―3原(桜の聖母学院高)

○中尾3―0三輪(希望が丘高)

○森3―1田松(龍谷大)

2回戦

●森0―3平(正智深谷高)

○中尾3―0延利(アスモ)

○小道野3―0村上(岩国商高)

○高橋3―2笹岡(新潟産大附高)

○佐藤風3―0加藤(高岡龍谷高)

3回戦

●中尾1―3李(韓国大宇証券)

○小道野3―1南(神戸松陰女学大)

○高橋3―2阿部(四天王寺高)

○佐藤風3―0大野(朝日大)

コメント

中尾優子(人4=岐阜・富田)

――今大会を振り返っていかがでしたか

この大会がワセダのユニフォームを着て出場する最後の大会だったので情けない試合をしたくなくて、思い切っていい試合をしよう、と臨みました。結果はダブルスもシングルスも同じ相手に負けてしまって、どちらも勝てるチャンスがあったので悔しいです。でも、いつも負ける時は、思い切ったプレーができずに負けてしまうのですが、今回は思い切ったプレーができたのではないかな、と思います。

――後悔する点などはありましたか

もうちょっと勝ちたかった、という思いはありますね。特にダブルスはパートナーもいるのでもっと勝てたかな、と思うのですが、気持ちの面では、1回戦から思い切って試合ができたのですっきりしています。

――ワセダでの4年間を振り返っていかがですか

最初にワセダのユニフォームを着たのが高校3年生の時のこの東京選手権で、ユニフォームを着られたことがすごく嬉しくて、それからもう4年経って、今はもうこのユニフォームを着られないと思うと名残惜しいです。会場を見ていてもエンジのユニフォームはすごく目立つし、OBの方もすぐ見つけてくださるし、伝統が詰まっているので、とても思い出深いですね。この4年間は本当に早くて、私にとってはすごく濃い4年間でした。

――後輩に伝えたいことはありますか

私たちは目標にしていたリーグ戦とインカレでの優勝ができなかったので、まず後輩たちにはその優勝を果たしてもらいたいです。学年が上がるにつれてワセダの良さが分かってくると思うし、OBの方々にどれだけ応援していただいているかということもわかってくると思うので、それを感じ取ってもらいたいな、と思います。

大島祐哉(スポ2=京都・東山)

――きょうのダブルス2試合を振り返っていかがでしたか

全日本を終えてからナショナルトレーニングセンターに行っていたりしたので、ダブルスの練習はあまりしていなかったんですけど、2年間組んでいるので、やることは分かっていますし。逆にやっていなかったということで新鮮味もあったので、調子が良かったと思います。個人が持っている課題を少しずつ直せてきているので、ダブルスとしてもそれが結果に出ているのかなと思います。

――改めて、全日本での初のランク入りを振り返っていかがでしたか

全日学では目の病気だったりとか調子が良くなかったのでランクに入れなかったんですけど、全日本でこうやってランクに入れて、卓球している上で全日本でランクに入るというのは1つの目標だったのでそれを達成できたのは本当に良かったんです。でもやっぱりもっと勝ちたいというのは思いました。ベスト8とかベスト4に入れるように、この1年また頑張っていかなくてはならないと思います。

――神奈川選手権では優勝されるなど、その後も調子は良いのですか

基本的に調子は悪くないですし、この大会で本当に優勝目指して流れに乗っていければいいなと思っています。この大会を僕はすごく大事にしています。

――3年目を迎えて気持ちの変化などはありますか

やっぱりきょねんと違って学年も上がってワセダの中でも中心になってきていますし、後輩たちにもいい姿を見せられるようにしたいと思っているので、そうできるようにやっていかないといけないと思います。

――あすはダブルス決勝戦まで行われますが、それに向けて意気込みをお願いします

新入生も入ってきてダブルスをまた勝也と組むかどうかはまだ分からないんですけど、今大会できょねん準優勝しているので、優勝できるように、あしたどれだけ気持ちを持っていけるかだと思います。

――シングルスに向けても意気込みをお願いします

今年度としては本当に最後の試合なので、また4月から年度が変わるので、ここで優勝するかしないかというのは大きなことだと思います。優勝して、今年度を終わりたいと思います。

山本勝也(スポ2=石川・遊学館)

――ダブルスはいかがでしたか

あまり練習はできていかなったのですが、調子が良く、2試合とも良い試合ができたと思います。

――ダブルス1試合目を振り返って

最初の試合は入り方が重要という点で少し難しいため、ラリーを続けようと思っていました。入りが上手くできたので、競った場面でも思い切ってやれたかなと思います。

――ダブルス2試合目を振り返って

相手は全日本選手権でも活躍しているペアだったので、もっと競るかなと思っていたのですが、自分たちの調子が良かったと思います。

――シングルスはいかがでしたか

自分の調子は良くもなく悪くもなく、といった感じでした。試合の入り方に気を付けていて、そこまで良いプレーがあったというわけではないですけれども、勝てて良かったと思います。

――今大会の目標を教えてください

ダブルスはきょねん準優勝だったので、優勝を目指したいと思います。シングルスはスーパーシードの強い選手にあたるところまでいって、そこから頑張りたいと思います。

――そろそろ3年目を迎え、新入生と練習を共にしていると思いますが、どういった雰囲気ですか

新入生とは2月から一緒に練習していて、雰囲気も変わりました。良い雰囲気でできていると思います。

――あすへの意気込みをお願いします

ダブルスは全部勝つこと、シングルスは日曜日まで残れるように頑張りたいと思います。

佐藤風薫(スポ1=岡山・就実)

――きょうの試合を振り返ってみていかがでしたか

自分のペースで試合を持っていくことができて、いつもより攻撃が入っていたので、そこが勝因につながったと思います。

――きょう良かった点、悪かった点はありますか

良かった点は、自分から攻めていくことができたので、そこが良かったかなと思います。悪かった点は凡ミスが多かったなって思えて、簡単なミスが結構目立ってしまったかなと思います。

――あしたに向けての意気込みをお願いします

あした戦う相手が昔からやったことのある相手なので勝って、次につなげたいと思います。