野球部

2013.09.13

夏季オープン戦 9月7日 早大東伏見グラウンド

横山が完投勝利果たす

TEAM
早大
HONDA
 投打の柱の存在感が光った試合だった。早大は夏季オープン戦(オープン戦)で社会人チームのHONDAと対戦。都市対抗野球で優勝経験のある名門チームとの一戦で先発・横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)が9回を1失点に抑える好投を見せる。打線も江塚諭(スポ4=静岡・掛川西)を中心につなぐ野球を展開し、見事5ー1で勝利を飾った。

 きょうも江塚のバットが火を噴いた。初回、2死二塁の好機で打席に立つは前日のオープン戦で本塁打を放ち波に乗る江塚。甘く入った2球目を鋭く振り抜いた。打球は相手投手の足元を抜け、中堅へコロコロと転がってゆく。江塚の適時打で早大が先制点を手にした。2回に1点を返され追加点が欲しい早大。その反撃の口火を切ったのもまた江塚のバットだった。6回、江塚が初球を捉え三遊間を抜けていく左前安打で出塁する。その後、四球を挟む3連打でこの回一挙3得点。9回の攻撃ではここまで無安打の中村奨吾(スポ3=奈良・天理)からも適時打が飛び出し、5—1。早大が2桁安打の猛攻を見せ、調整具合の良さをうかがわせた。

制球の安定感が光った横山

 『らしさ』が光る投球だった。早大の先発を任されたのは横山。持ち前の打たせて取る投球でHONDA打線を手玉に取る。見せ場は3回。2死一塁の場面で迎え撃つは相手の4番打者。一塁走者に盗塁を許し、さらにピンチを広げられる。しかし、ここでも横山は冷静だった。低めを丁寧に攻め二ゴロに打ち取る。きょうだけで築いたゴロの数は15。安定感のある制球を武器にオープン戦初の完投勝利を挙げた。

 横山と江塚。投打の中心を担う2人が試合をもり立てた。ここまで投手陣の出来は上々。打線も少ない好機をものにする勝負強さが目立つ。熾烈(しれつ)なレギュラー争いもそろそろ終盤戦。早大の熱い夏は、まだまだ終わりそうにない。

(記事 小川朝煕、写真 山辺剛士)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください