野球部

2013.09.13

夏季オープン戦 9月8日 早大東伏見グラウンド

投打ともに順調な仕上がりを見せる

TEAM
中大
早大 ×
 1カ月にわたる夏季オープン戦(オープン戦)もいよいよ大詰めを迎える中、ワセダは中大と対戦した。試合は序盤に先制点を奪うと、終始相手をリードする展開。8回にも打者一巡の猛攻で8-2の快勝を飾り、好調ぶりを示した。

 試合が動いたのは2回。2死を取られるも石井一成(スポ1=栃木・作新学院)から怒涛(どとう)の4連打で先制点を奪う。さらに東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)の押し出し四球もありこの回2点を挙げ、試合の主導権を握る。その後点を取り合い1点差に迫られた8回、ワセダがまたしても集中打で畳み掛けた。上位打線の演出した好機で下位打線が相手を突き放す。続く好機でもしっかり走者を帰したワセダはこの回5点を奪い、相手に引導を渡した。

猛打賞と活躍した石井

 野手陣の奮闘に投手陣も応えた。先発した高梨雄平(スポ3=埼玉・川越東)はコースを丁寧につき打たせて取っていく。再三走者は背負うものの味方の好守もあり、6回まで三塁を踏ませずリードを守り続けた。2点を返され、迎えた9回に満を持して登板したのは吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)。力強い投球できっちり三者凡退に締めくくった。

 この日打線の起爆剤となったのは合計7安打を放ち6打点を挙げた下位打線。中軸だけではなく、チーム全員で勝ちにいくきょうのような野球ができれば、秋季リーグ戦でもおのずと勝ち点を重ねられるだろう。オープン戦も残すところ3試合。良い形で勝利を収めたきょうの勢いを失うことなく、さらに調子を上げていくことができるか。

(記事 伊藤広真、写真 高田麻里)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください