野球部

2013.09.22

夏季オープン戦 9月14日 早大東伏見グラウンド

打撃陣が抑えられ完封負け

TEAM
早大
国士大 ×

 秋季リーグ戦(リーグ戦)が開幕し、いよいよ逆襲の秋へ向け最終調整に入った早大は東都リーグ戦2部の国士舘大と対戦した。先発の吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)が集中打を浴びて2点を失うと、この点差を最後まで埋めることができず完封負け。来週末の東大1回戦を前に、痛い連敗となった。

 鬼門の立ち上がりを攻められた。吉永は安打と犠打で1死二塁とされると、四球を与えさらにピンチを広げてしまう。この場面で一塁ベースにぶつかる二塁打を打たれ、一気に2点を失った。2回からは3イニング連続で三者凡退と文句なしの投球を披露。初回以外は完璧の投球内容であった。5回以降は何度も相手の出塁を許したものの、3人の投手リレーで無失点に抑えた。

立ち上がりを攻められた吉永

 投手陣を援護したい打撃陣は、前回の日大戦に続き打線がつながらない。2点差を5回に2死から土屋遼太(教3=東京・早実)が二塁打と四球で一、二塁と得点機を演出。しかし後続が邪飛に倒れ、1点が遠い。最終回には中村奨吾(スポ3=奈良・天理)が二塁打で好機をつくったにもかかわらず、またもや後続が抑え込まれ零封。夏季オープン戦(オープン戦)で初の完封負けを喫した。

 幸先の良いスタートを切ったオープン戦であったが、リーグ戦が近づくにつれ本来の力を発揮できていない試合が増えてきた。神宮では好敵手たちが覇権をめぐって熱戦を繰り広げている。あすでオープン戦も最後となるだけに、リーグ戦につながる一戦にしてもらいたい。

(記事 廣瀬元宣、写真 新田祐介)