野球部

2013.10.13

秋季リーグ戦 10月13日 神宮球場

好機生かせず痛い黒星/立大2回戦

TEAM
早大
立大 ×
●吉永、吉野和―土屋
◇二塁打 中澤彰、東條 ◇三塁打 小野田 ◇本塁打 小野田(1号ソロ)

 優勝戦線に残るため、負けの許されない戦いが続く。立大に連勝で勝ち点を奪いたい早大は、先発マウンドを吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)に託す。4回表に小野田俊介(社3=東京・早実)の一発でリードをもらった吉永だったが、その裏に3点本塁打を献上。打線も幾度となく得点圏に走者を進めるが適時打は出ず。最後までリードを保たれたまま敗れ、勝ち点を懸けた戦いはあすへ持ち越しとなった。

今季初本塁打を放つ小野田

 再三の好機を生かせなかった。初回、きのう本塁打を放つなど大活躍の1番・中澤彰太(スポ1=静岡)が中前二塁打で出塁。土屋遼太(教3=東京・早実)がきっちりと送り、1死三塁の得点機を演出する。しかし後続が倒れ先制とはならなかった。迎えた4回、先頭の4番・小野田が振り抜いた打球はライナーで左翼線ポールに直撃。貴重な先制点をもたらした。小野田は6回にもあわや観客席という鋭い打球の三塁打を放ち、追加点にも貢献。小野田の活躍むなしく打線は5度の得点圏で無安打と課題を残し、4回に逆転を許した立大に追いつくことはできなかった。

 気の緩みが原因だった。今季ここまで思うような投球ができていない先発の吉永は、3回まで立大打線を無安打に抑え上々の立ち上がりかに思えた。しかし先制点をもらって上がった4回のマウンドに落とし穴があった。先頭打者に内野安打を許すと、続く打者にも左前打を打たれ無死一、二塁。見かねた岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)がマウンドに駆け寄るも、4番・岡部通織に直球を運ばれ3点本塁打で逆転を許す。変化球主体の投球で後続を打ち取り調子を取り戻したかに思えた吉永は、8回、先頭打者に右越本塁打を献上しノックアウト。試合もこれがダメ押しとなり、痛い黒星を喫した。

逆転の本塁打を打たれうつむく吉永

 打線のつながりでつかんだきのうの勝利から一転、きょうの試合はまとまりを欠いた内容だった。リーグ制覇に向けて勝ち点を奪取したいのは立大も同じである。あすの3回戦は双方持てる全ての力を注いでの総力戦になるだろう。きょう見つかった投打の課題をいかに修正し、あすにぶつけるか。いまこそ早大野球部の底力を見せる時である。

(記事 山辺剛士、写真 浦井拓也、高田麻里)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――敗戦ということですが、いまのお気持ちは

悔しい。一言、悔しい。

――本塁打を打たれた場面についてですが、無死一、二塁でマウンドへ向かわれました。どういった話をされましたか

おそらく打ってくると思うので、簡単にバントしてくると思って投げないようにと、厳しくいこうと。そう言ったんですけど、本塁打を打った相手がいいバッティングをしたということですね。

――きょうの試合では打線がつながらないという印象がありましたが、選手の皆さんにはどういった声かけをされましたか

これまでどうやったら得点できるかということを考え、練習や話をしてきましたのでね。それがなかなか実戦の中では簡単にいかないということですね。もっと練習をするしかないですね。

――中村奨吾選手(スポ3=奈良・天理)が不調のように思えましたが、岡村監督はどのように見られていますか

不調というかね、チャンスでたまたま回ってきて打点が挙げられないというだけなので、あまり不調だとは思ってないんですけどね。これからだと思います。

――あすはもう負けられない試合です。一言お願いします

とにかく先行してね、リードしながら試合を進めていきたいと。初回から攻めていきたいと思います。