野球部

2013.10.12

秋季リーグ戦 10月12日 神宮球場

全員野球で立大に先勝!/立大1回戦

TEAM
立大
早大 ×
○有原、横山―土屋
◇二塁打 小野田、有原、中村 ◇本塁打 中澤彰(1号ソロ)

 明大戦で勝ち点を落とし、優勝へ向けて負けることの許されなくなった早大。この日はその明大を破り波に乗る立大との対戦となった。試合は序盤に3点を先制すると、投手陣が奮闘。好調の立大打線を相手にリードを守りきり、初戦を白星で飾った。

適時打を放つなど好調を維持する武藤

 絶対に負けられない――明大戦から大きくオーダーを組み替えた打線が、初回から機能した。1番に抜てきされた中澤彰太(スポ1=静岡)が右前打で出塁すると、2番の土屋遼太(教3=東京・早実)が犠打できっちりと送る。迎えた2死二塁の好機で打席には4番・小野田俊介(社3=東京・早実)。右翼線へはじき返した打球は適時二塁打となり先制点を奪う。さらに続く武藤風行(スポ3=石川・金沢泉丘)もベンチの期待に応える中前適時打を放ち、いきなり2点を挙げ主導権を握った。追加点のほしい3回にはまたしても中澤彰。変化球を叩くと鋭い打球は右翼スタンドへ突き刺さり、貴重な3点目。「力むことなく気楽にいけた」(中澤彰)と語る1年生が、思い切りのいい打撃でチームに勢いをもたらした。

 この重要な一戦に先発したのはエース・有原航平(スポ3=広島・広陵)。150キロを超える直球と、低めに集められた変化球で凡打の山を築く。無死一、二塁とされた4回にはけん制球で二塁走者を刺すなど、相手に流れを渡さない。勝負どころで制球がさえ7つの三振を奪った有原は、6回途中を1失点に抑えマウンドを譲った。ここでバトンを受け取った横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)も、粘りの投球を見せた。毎回のように得点圏に走者を背負うものの要所を締める。追い上げる立大打線を零封し、最後のリーグ戦に燃える4年生が気持ちでチームを勝利に導いた。

再三のピンチを無失点で切り抜けた横山

 熱戦を制し、勝ち点獲得に王手をかけた早大。しかし「あした勝たないと意味がない」(岡村猛監督、昭53二文卒=佐賀西)という言葉通り、立大に立ち直る機会を与えないために何としても2連勝でケリをつけたい。立大も優勝争いの一角として全力で臨んでくるだけにあすも厳しい戦いが予想される。きょうのような全員野球で勝利し、また一歩優勝へ前進できるか。

(記事 伊藤広真、写真 小川朝煕、平岡櫻子)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――貴重な一勝でしたが、振り返ってみて

春はここから連敗のトンネルに入ってしまいましたからね。そこから切り替えて一つ勝てたので、またあした頑張りたいと思います。

――前回からスタメン、そしてオーダーも変えられました

オーダーもクリーンアップ以外は変えました。選手たちにもある種の刺激になってくれればいいかなと思ってのことです。変えた1、2番がある程度機能したんでね、良かったかなと思います。

――1番に起用された中澤彰太選手(スポ1=静岡)は2安打1本塁打と大活躍でした

まあ、1年生ですからね。失敗を恐れずに、思いきりやってほしいなと思ってました。それがいい結果に出たのではないでしょうか。

――先発の有原航平選手(スポ3=広島・広陵)は6回に1失点はしましたが、先発の役割を果たしました

やはりこれまでは立ち上がりが不安な部分が投手陣にあったので、有原が投げれば立ち上がりが安定すると思って投げさせました。試合自体も落ち着きますし、先に点を取ってこちらがリードすると。まあ、いい進め方だったんじゃないかと思います。

――あすへ向けてお願いします

あした勝たないと意味がないのでね。あしたも全力で頑張ります。

東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)

――きょうの立大戦にはどのような気持ちで臨みましたか

先週立大が明大に勝って、ワセダの自力優勝が復活したということで、とにかく6つ勝つしかないということを頭に入れて、その頭として立大に勝とうという話をして入りました。

――先々週明大戦で勝ち点を落としましたが、どう気持ちを切り替えましたか

春と違ったのは、負けを想定しているという言い方は変なんですけど、負けた中でどう戦うかというのを考えることができたことです。自分たちに流れがきていない時にどう流れを持ってくるかということを常に頭において練習してきたので、それを発揮する時がきたと思っています。ミスは多いチームなんですけどそれがかみ合えば伸びしろのあるチームだと前向きにとらえて、前に前に進んでいこうという話をしました。

――きょうは打順の組み替えがあり、東條主将は7番での出場でしたが

びっくりしたのと、正直悔しかったのはありました。

――やはり1番で打ちたかったですか

そうですね、全然聞いてなかったのでびっくりしたんですけど、中澤彰がよく打ってくれたなと思います。

――7番打者は役割など変わってきますか

試合前に岡村監督からは、「打順はいろいろ変わっているけど各自に期待するものはいつもと変わらないから、いつもと同じようなバッティングをしてくれ」という話があったので、特に意識しないようにして打席に入りました。

――中澤彰選手は本塁打を放つなど活躍を見せましたが、何か声はかけましたか

本当にでき過ぎ、という話はしました(笑)。でもまだ勝ったわけじゃなかったので、ホームランの後の打席が大事だよという風には言いました。

――守備では記録に残らない失策が多かったように思われますが

多かったですね。二遊間で3つぐらいあったと思うんですけど。そういった有原がイライラするようなエラーばかりしてしまったんですけど、よく我慢して投げてくれたなと思います。

――優勝争いが混戦になってきましたが、その点はいかがですか

とにかくあと5つ連勝すれば優勝はかなり近づいてくると思うので、他のチームを気にするんじゃなくて自分たちがしっかり勝つことを頭においてやりたいと思います。

――最後にあすへの意気込みをお願いします

とにかくあした勝てるように、一戦必勝で頑張ります。

横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)

――長いイニングの登板となりました

コントロールが悪くてピンチの連続だったんですが、なんとか粘れて追いつかれなかったので良かったです。ランナーをためないようにとそれだけを思ってたので。

――ご自身としては満足の行く内容でしたか

そうでもないですが、結果としては良かったと思っています。

――明大打線に粘られる場面も多かったです

コントロールが良くないということもありましたが、ピンチの時に気持ちががーっとなって立て直すことができたのでなんとか逃げ切れました。

――死球も出ていましたが、後半立て直してきた印象でした

本当に今日はコントロールが悪かったです。それでも、キャッチボールの度に修正してマウンドに上がっていったので、ちょっとずつ良くなっていった実感はありました。

――春季は立大2回戦で先発し2失点でしたが、何か意識したことなどはありましたか

高めにいくと長打が出てしまうので、そこは気をつけましたね。なるべく低めに低めに。

――チームとしても大事な一戦で勝つことができました

このカード落としたら優勝がなくなってしまって、消化試合になってしまうので。4年生としても何としても勝ちたいという気持ちが強かったです。そのなかで良い働きができたんじゃないかと思います。

――横山投手としても、先日プロ志望届を出されて、今までとは違う気持ちで試合に臨まれたのでは

そうですね。きょうもアピールのチャンスだったので、もう少しコントロールの良いピッチングができたらよかったなとは思いますね。

――優勝を見据えて今後の試合への意気込みをお願いします

中継ぎになると思いますけれど、任せられたところはしっかりリードを守りきれたらと思っています。

有原航平(スポ3=広島・広陵)

――きょうの投球を振り返って

きょうは優勝争いもかかった大事な試合だったので、とりあえず0点に抑えようという気持ちで投げました。6回で降りてしまいましたが、横山さん(貴明、スポ4=福島・聖光学院)が抑えてくれると思っていたので、勝ててよかったです。

――初回は2三振を含む三者凡退に抑えましたが、飛ばしていましたか

学生コーチの村山(拓也、スポ4=東京・早実)から飛ばしていくように言われていたので、初回は少し力を入れました。

――4回には守備陣の乱れがありましたが

いつも守備に助けてもらっているので、今度は自分がカバーしようと思って抑えました。

――三振が多かったが、意識していましたか

意識はしていないです。たまたま良いコースにいったんだと思います。きょうは特に真っすぐがよかったです。

――今季初めて第一戦の先発を任されたことについて

もともとそのつもりで準備してきました。春も第一戦で投げていたので、特に変わりはないです。

――6回のピンチでの降板となりましたが

明日も試合がありますし、横山さんの調子が良くていつも抑えてもらっているので、横山さんに代われば大丈夫だと思っていました。

――きょうの反省点はありますか

調子はよかったのですが、当たり損ないにしてもヒットを多く打たれてしまったので、次はヒットを少なく抑えられるようにしたいです。

――次の試合にむけての抱負をお願いします

落とせない試合が続きますが、絶対勝ちます。