野球部

2013.09.29

秋季リーグ戦 9月29日 神宮球場

攻守かみ合い重要な1勝もぎ取る/明大2回戦

TEAM
明大
早大 ×
○有原、横山―土屋
◇三塁打 武藤 ◇本塁打 東條(1号ソロ)

 明大に先勝を許し、優勝戦線に残るためには負けは許されない明大2回戦。ワセダの先発を任された有原航平(スポ3=広島・広陵)は8回途中1失点の好投を見せる。一方の打線も初回に東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)の先頭打者本塁打で先制すると、4回の好機でも武藤風行(スポ3=石川・金沢泉丘)が右翼への2点適時三塁打を放つなど3点のリードを奪い4-1。ワセダが1勝1敗のタイに持ち込んだ。

決勝の勝ち越し打を放った武藤

 ワセダの攻撃は主将の一発で鮮やかに幕を開けた。初回、東條主将が先頭打者として振り抜いた打球は大きな放物線を描き左翼席へ。「勇気をもらった」と岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)も絶賛するようにチームを勢いづける一振りとなったはずだ。幸先よく先制したが、その後はエンジンがかかり出した明大の先発・山﨑福也の前に3回まで走者すら出せず、追加点が奪えない。流れを変えたいワセダは同点とされ迎えた4回、先頭の白澤俊輔(スポ4=鹿児島・神村学園)が四球で出塁。続く中村奨吾(スポ3=奈良・天理)も死球で出塁し好機を広げる。1死一、二塁の得点機で打席に立つのは前日猛打賞の武藤。2球目を右翼線へと運ぶと、これが三塁打となり2点の勝ち越しに成功した。さらにその直後、大野大樹(社4=東京・早実)が初球スクイズを見事に決め、きっちりと走者をかえし3点差。前日は中村の本塁打による1点のみと精彩を欠いた打線が要所で得点を奪ってみせた。

 今季初の先発となった有原は3回まで毎回先頭打者に安打を許すなど再三ピンチを背負う。それでも「粘り強く投げられた」と本人が振り返るように、2回に守備のミスなどで1点を失った以外は本塁を踏ませず。持ち味の直球はこの日も最速150キロを超え、変化球を交えながらの緩急をつけた投球が効果的となった。8回、2死から連打を許したところでワセダは継投策に打って出ると、守護神の横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)がマウンドに送られる。一発が出れば同点の場面であったが、明大の4番・岡大海を併殺打に打ち取り火消しに成功。盤石の投手リレーで失点は2回に許した1点のみと好守が光った。

エースの役割を果たした有原

 秋季リーグ戦初黒星を経て、「流れを持ってこれるように自分たちの野球をやっていこう」(東條主将)と臨んだこの一戦。前日の反省を生かし、攻守にわたり明大に一矢報いることができただろう。しかし勝ち点奪取のためにはさらに総力を挙げての戦いが求められる。雌雄を決する勝負の3回戦――。春の王者から全力で勝利をつかみにいく。

(記事 荒巻美奈、写真 井上雄太、山辺剛士)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――勝利おめでとうございます。一言お願いします

きょうは絶対に負けられない試合でしたので、とにかくみんな一丸となって戦ってくれたと思います。

――初回、東條主将(航、文構4=神奈川・桐光学園)が先頭打者本塁打で流れを引き寄せました

そうですね。滅多にないことなので。ただ東條の一発でチームが勇気をもらったと思っています。

――きのうの試合で課題として挙げられていたクリーンアップで走者を帰すという点に関しては、うまくいったのでは

とにかく、クリーンアップの前に塁をためて(走者を)帰すということができましたので、非常にいいパターンで点数が取れたと思います。

――先発の有原選手(航平、スポ3=広島・広陵)は何度もピンチを切り抜け、1失点と好投されました

ちょっとケガ明けということもあったのですが、前半は走者を背負いながら辛抱強く、粘り強く投げてくれたと思います。

――5回の守備で2死一、二塁のときにマウンドに向かわれましたが、どのような声をかけられましたか

落ち着いて、逃げずに攻めていこうと。とにかく攻めろと話しました。

――8回のピンチでは横山選手(貴明、スポ4=福島・聖光学院)が見事抑えました

変えるタイミングがワンテンポ遅れた気もしましたが、横山がよくダブルプレーに抑えてくれたので、あのピンチをしのげたと思っています。

――継投のパターンとしては理想のかたちであったということでしょうか

走者のいないところで横山を出したかったんですけれどね。ちょっと(8回表の)直前の攻撃でミスが重なったので、嫌な雰囲気がありました。ああいう攻撃でミスをすると、自分たちの首を締めるということだと思います。それを横山が断ち切ってくれました。

――勝ち点獲得、そして優勝のためにはあす勝たなければなりません。意気込みをお願いします

(目標であった)10連勝はできなかったですけれど、勝ち点5を取りにあしたまたチーム一丸となって戦って頑張りたいと思います。

東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)

――きのうの敗戦からどう気持ちを切り替えてきょうの試合に臨みましたか

きのうは一本が出なかったんですけど、チームの雰囲気としても先制されて取り返そうという雰囲気が出てかたちがつくれていて、流れは五分五分かなと感じていたのでとにかくもう一度ワセダに流れを持ってこれるような試合にしようと話していました。

――チームとしてどのような戦い方を目指していましたか

とにかく流れを持ってくるように、負けで始まったんですけど五分五分だなと思っていたので流れを持ってこれるように自分たちの野球をやっていこうと話していました。

――勝てた要因は何だと思いますか

ミスは一個出てしまったんですけど要所要所でしっかり守りができていたので、自分たちのプレーができたのかなと思います。

――山﨑福也投手に対して打線で対策などはあったのですか

チームとしてはとにかく低めの見極めをしっかりするということがあって、個人個人で(山﨑)福也の球を見ているので今までやられてきたことを同じミスをしないように、しっかり各自で対策をたてて足元ぶち抜いていこうという話はしました。

――有原選手の好投を後ろから見ていていかがでしたか

前半はちょっといらいらしている部分があったのかなと思ったんですけど、後半はクールにしっかり投げてくれていたのでああいうピッチングしてくれたら本当に安心だなと思いました。

――先頭打席で本塁打が出ましたが

びっくりしました。

――先制点をもたらす本塁打となりましたが、ベンチの雰囲気などは変わりましたか

みんな予想外のことが起きたので、ラッキーぐらいには思ってたんじゃないかなと思います。

――複数安打となりましたが調子は良いのですか

きのうもそんなに自分の中では悪くないなと思っていたので、しっかり気持ちで負けないように攻めていこうと思っていました。

――チームの雰囲気は完全に良くなりましたか

そうですね、でももっと一丸になれると思うのでうるさくやっていこうと思います。

――あしたへの意気込みをお願いします

あした勝たないと本当にきょう勝った意味がないので、あした勝ってメイジから勝ち点あげたいと思います。

横山貴明(スポ4・福島=聖光学院)

――8回、ピンチの場面での登板になりました

点差はまだあったので、たまらないようにということだけを気をつけました。あのような場面で出ることはいつも想定しているので、あそこで抑えるのが自分の仕事です。今日は良い仕事をしたと思います。

――岡大選手の打席について

岡のときはインコースをせめて行きました。どんどんかぶさって、ふみこんでくるので思い切っていきました。

――ゲッツーをとろうという意図で

そうですね。その前にショートとも確認していて、ピッチャーゴロはセカンドにまわそうと話していました

――久しぶりの登板でしたが

実践から遠ざかっていたのでちょっと不安な気持ちもありましたが、いつもどおりの調整で臨みました。

――コンディションとしてはいかがですか

冬場に増やした体重をしぼってみたところ体が動くようになった感じがあったので、シーズンに向けて4キロくらい減らしました。体も動くようになり、今良い状態だと思っています。

――夏季オープン戦では大学初完投をとげました

オープン戦では先発したんですが、リーグ戦では後ろで投げるように言われているのでそういう準備をしてきました。今日みたいな場面でしっかり抑えられるのが理想ですね。

有原航平(スポ3=広島・広陵)

――きょうの試合を振り返って

怪我で出遅れてチームに迷惑をかけていたので、絶対に勝とうという気持ちでした。ヒットを多く打たれてしまったんですけど、明治が良い打線だというのは分かっていたので、粘り強く投げられたのはよかったです。先頭打者の出塁が多かったので、そこは気をつけたいと思います。

――どのような気持ちで試合に臨んでいましたか

きのう負けているので、絶対に負けられないという気持ちでした。

――明治戦ということで意識していたことはありますか

いつも明治戦がヤマになっているので、勝って勢いに乗りたいと思っていました。

――8回の途中のピンチの場面での降板になりましたが

悔しかったですけど、横山さん(貴明、スポ4=福島・聖光学院)が抑えということもありましたし、リリーフに良い投手がたくさんいたので、切り替えて、横山さんが良いピッチングをしてくれるように応援していました。

――先発としての調整はもう大丈夫ですか

まだ本調子ではないのですが、試合は作れたので、大丈夫かなと思います。

――チームの雰囲気はどうですか

今まで、1試合目に負けて2試合目に勝つという流れがなかったので勢いがあります。きょう勝った勢いそのままに明日も勝ちたいです。

土屋遼太(教3=東京・早実)

――おめでとうございます。いまの気持ちはいかがですか

逆転チームになれたっていうのが成長したなと思います。

――1回戦に敗れてきょうを迎えましたが、どのような気持ちでしたか

春に比べて負けた後の雰囲気が悪くなかったので、「絶対いけるぞ」というみんなの気持ちが良かったかなと思います。

――有原投手は秋は初先発となりましたが、調子はいかがでしたか

良かったです。全体的に落ち着いて投げれていたので。

――序盤は毎回先頭打者を出すピッチングとなっていましたが、どのようにリードしていきましたか

低めに放ろうということで、熱くならずにやりました。

――5回二死一、二塁のピンチで菅野選手を迎えましたが、そのときはいかがでしたか

菅野選手も調子良くないと思ったので、逃げないでストライクゾーンで勝負していこうと思ってどんどん攻めていきました。

――8回のピンチには横山投手が登板されました

やっぱり4年生なので頼りにして思い切ったリードをしようと思って、そこも攻める気持ちでいきました。

――3回戦に向けて意気込みをお願いします

ここまできて1勝できたので、この勢いのまま勝ち点取りたいと思います。

武藤風行(スポ3=石川・金沢泉丘)

――2打席目の3点適時三塁打について、打った球種は何ですか

ストレートです。

――どんな気持ちで打席に入られましたか

ストライクが来たら打とうと思っていました。チャンスだったので、自分が決めてやろうという気持ちでしたね。

――打った瞬間の手応えはいかがでしたか

結構バットの先っぽの方に当たったのですが、良いところに落ちてくれてよかったです。

――大事な場面での決勝打を放ち、チームに貢献されました

そうですね。ただ途中で代わってしまったので、次はできるだけ最後まで出場して、より貢献したいです。

――きのうの試合でも3打数3安打という好成績でした。調子は良いですか

はい。しっかりとボールが見えているので、このまま好調を維持したいです。

――明治戦1勝1敗のタイに戻す大きな一勝を挙げ、チームの雰囲気はいかがですか

もともと結構雰囲気は良かったです。きのうも負けたのですが、悪くなかったので、このまま良い雰囲気で行きたいと思います。

――あすへの意気込みをお願いします。

勝ち点を獲れるように、頑張ります。