野球部

2013.09.21

秋季リーグ戦 9月21日 神宮球場

中軸の集中打に零封リレーで白星発進/東大1回戦

TEAM
東大
早大 ×
○吉永、竹内、横山―土屋
◇(二塁打)吉永、中村(三塁打)小野田

 秋季リーグ戦(リーグ戦)開幕から遅れること1週間。ワセダも今季初戦となる東大戦を迎えた。3季ぶりの優勝を目標に掲げるワセダは、2回に東大のミスに乗じて先制。6回には4番・小野田俊介(社3=東京・早実)、5番・武藤風行(スポ3=石川・金沢泉丘)の連続適時打で2点を追加した。投手陣では開幕投手を任された吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)が8回を無失点に抑える。最後は横山貴明(スポ4=福島・聖光学院)が締めて東大打線を完封し、今季初勝利をつかんだ。

4番として仕事を果たした小野田

 稲穂打線は2回に捕逸、失策から2点をつかんだが、以降は5回まで走者を出せずにいた。しかし6回は1死から3番の中村奨吾(スポ3=奈良・天理)が左越え二塁打を放って得点機を演出すると、打席には小野田。「中村を返すということを強く意識していた」と語る4番は、5球目を中越え三塁打と今季のチーム初適時打を記録する。足のケガから夏季オープン戦では欠場する試合も多かったが、復調をアピールする一打となった。この回は続く5番・武藤も鋭い中前適時打を放って1点追加。中軸の集中打で投手陣を援護した。終盤の8回には再び中村の出塁から1死二、三塁の好機をつくる。ここで代打として登場した河原右京(スポ2=大阪桐蔭)がきっちり中犠飛を放ってダメ押しの5点目。勝利を決定づける1点となった。

 自身初となる開幕投手を任された吉永は、初回の攻撃を3人で終わらせる好調な立ち上がり。2回以降は走者こそ許したが、8回まで三塁を踏ませない投球を見せる。「走り込みと投げ込みのバランス」(吉永)に意識を置き、直球の球威を向上させてきた夏季練習の成果が見えた開幕戦だった。さらに守備陣も吉永をもり立てる。5回1死一、二塁から、右飛でタッチアップした二塁走者を小野田が三塁で刺して併殺とし、ピンチの芽を摘んだ。5点差で迎えた9回裏はまず竹内諒(スポ1=三重・松阪)がマウンドへ。そして2死となった後に副将の横山が登板。4年生の貫録を見せ、零封リレーを完成させた。

8回を無失点に抑えた吉永

 開幕戦を勝利で飾り、東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)も「ほっとしたものがあります」と安堵(あんど)の表情を浮かべる。春季不調だった吉永が好投し、ケガから復帰した小野田も攻守に躍動して、戦力はそろってきた。しかし「何がなんでも優勝」(東條)という目標に向けて、これで満足してはいけない。2回戦でも投手陣は完封、打撃陣は大量得点を目指して、最高の形での勝ち点奪取を果たしてほしい。

(記事 三尾和寛、写真 盛岡信太郎、荒巻美奈)

コメント

岡村猛監督(昭53二文卒=佐賀西)

――試合を振り返って

リーグ戦初戦ということで、選手も最初は少し堅くなっていましたけどね。まあ1勝したということで、あしたはリラックスしてやってくれると思います。

――先制点は相手のミスから得た得点でしたが、6、8回にはクリーンアップがつないで追加点を挙げました

まあ、得点するのは相手のミスを含めての野球なので、打って必ず取らないといけないというわけではないと思っています。安打が出なくてもどうやって点数を取るのかということになってくるので、(先制点については)あまり気にしていません。

――先発の吉永選手(健太朗、スポ2=東京・日大三)はベンチから見られてどうでしたか

まあ制球も安定していたので、安心して見ていました。

――9回には竹内選手(諒、スポ1=三重・松阪)がリーグ戦初登板でした

最後デッドボールが頭部に当たりましたけど、落ち着いて投げていたと思いました。これからまた登板の機会があったら、思いっきり腕振って投げてほしいと思います。

――あすに向けて一言お願いします

あしたまた、全員で勝利をもぎ取りたいと思います。

東條航主将(文構4=神奈川・桐光学園)

――まず東大相手に1勝となりました

とにかく開幕戦取れて、ほっとしたものがあります。

――試合に臨む前にチームに何か声をかけましたか

今までやってきたことをしっかりやろうということをまず一番に挙げて、先制点を取られようと先制点を取ろうとやることは変わらないので、雰囲気だけは悪くならないように一体となって戦おうということを話しました。

――チームの雰囲気はいかがですか

勝っていたんで悪くはなかったんですけど、もっと良くなると思うんで、そこは帰ってもう一回話し合いたいなと思います。

――具体的にどういったことが足りないのですか

出てた野手がピッチャーに打たされたというか、自分のスイングができていなかったときなどに、それをカバーする声というか雰囲気がなかったので、ミスではないんですけど自分たちの形でできなかったときに自分たちの雰囲気に持ってこれるように、ということを話したいと思います。

――夏の練習であったりオープン戦での成果は出ていると感じましたか

序盤の3回で主導権を握って、自分たちの流れに持ってくるという試合の流れを読むことはできていたかなと思います。

――ご自身の結果を振り返っていかがですか

先頭の先頭出れたので、良かったところはそれだけです。後は…頑張ります(笑)。

――守っている時でも打席に入るときでも何か意識していることはありますか

とにかく練習通りということしか頭においていないです。

――個人的な目標はありますか

個人的にベストナイン狙いたいんですけど、自分の結果がチームの結果に比例するのかなと春戦って感じたので、個人の結果にもこだわって優勝につなげていきたいなと思います。

――あすへの意気込みをお願いします

連勝で勝ち点取りに行って、明大戦につながるような戦いをしたいなと思います。

――夏の練習であったりオープン戦での成果は出ていると感じましたか

序盤の3回で主導権を握って、自分たちの流れに持ってくるという試合の流れを読むことはできていたかなと思います。

小野田俊介(社3 =東京・早実)

――開幕戦に5-0で勝利しました。振り返って

慌ててスイングをしている部分があるので、もっと地に足着けてどっしりとした戦いをしたいと思いました。

――けがをされたと伺いましたが具合はいかがですか

足をけがしてしまったんですが、開幕に向けてリハビリをしてきたので問題なくやれています。

――適時打を放った打席ではどのようなことを考えていましたか

やはり中村(奨吾、スポ3=奈良・天理)が塁に出て盗塁したりする中で自分が返すというのが、今シーズン一つのかたちになると思うので中村を返すということを強く意識していました。

――打った感触としてはいかがでしたか

合わせてしまった部分があったので、風に助けられたかなという感じです。

――久しぶりの実戦だったと思いますが全打席を通して感覚はいかがでしたか

決して良くはないと思うんですがシーズンを通して調子を上げていけたのが春のシーズンだったので、春の経験を生かしてこれからの戦いに向かっていきたいと思います。

――具体的にうまくいかなかったのはどこですか

タイミングがまだうまく取れていない感じがあるので、帰って練習します。戦っていく中でどんどん戻ってくると思うので、その辺りはそこまで心配していないです。勝てて良かったというのがきょうは一番でした。

――あすに向けて個人的な目標はありますか

先制点を僕が挙げるということが目標です。

吉永健太朗(スポ2=東京・日大三)

――きょうの試合を振り返って

春に先発を外されてしまって、なかなか登板機会を得られなかったので、先発ができたこと、そして勝つことができたことが良かったです。

――開幕先発は初ということになりますが、どのような気持ちで臨みましたか

いつも通りに、力まずに投げるということを考えて投げました。

――直球の球威が春に比べてもあったように見えます。夏の練習の成果が出たということでしょうか

きょねんの夏は走りこみが中心だったのですが、この夏は走りこみと投げ込みのバランスを意識して練習に取り組みました。その成果が出たのだと思います。

――変化球を使っての緩急も効果的でした。新しく覚えた球種などはありますか

新しく覚えたということはありませんね。どちらかと言うと各球種の精度を高めることを考えました。

――きょうは普段とは違う赤いグラブを使っていましたが

今まで使っていた黄色いグラブで負けが込んでいたので、ゲンを担ぐというわけではないのですが、きょうはこのグラブで臨むということは決めていました。

――打撃の方でも長打が出ました。打順も9番になりましたが、何か変わったことはありますか

特にはないですが、どちらにしても下位打線でしっかり繋いで、チームを勢いづけるということを考えています。

――次の登板はおそらく明大戦ということになると思います。意気込みをよろしくお願いします。

前回の登板では初回でノックアウトされて悔しい思いをしたので、今度こそ勝ちたいと思います。