バレーボール部

2013.12.14

天皇杯全日本選手権1回戦 対創造学園高 12月11日 東京体育館

初戦を突破し、サントリーへの挑戦権を獲得

 日本一に輝いた全日本大学選手権(インカレ)から3日。余韻に浸る間もなく天皇杯全日本選手権(天皇杯)が開幕した。初戦の相手は創造学園高。大学王者として何としても負けられない試合は、貫禄を見せつけるようにワセダが圧倒する。第2セット途中から徐々にレギュラーメンバーをベンチに下げ、控え選手に経験を積ませる中で1セットは落とすもののセットカウント3-1(25-14、25-21、26-28、25-10)で勝利を収め、2回戦進出を決めた。

大学王者の力を見せつけた吉村主将のスパイク

 気の緩みは見られなかった。磐石の布陣を整え、全力でぶつかったワセダは高校生を相手にも全力のバレーを披露する。七里幸洋(社4=大阪・清風)のパワー溢れるスパイクで主導権を握り、センターからの速攻が次々と決まる。実力差を見せつけ、第1セットを奪うと第2セットからは徐々にメンバーを変更。「らいねんのためにこういった大きな舞台で試すことも必要なのかなと思って、僕ら4年とスタッフの方々で話してらいねんのメンバーを中心にやっていこうというのは決めていました」(吉村)。加藤久典(スポ1=東京・早実)をはじめとする1年生に加え、今季はピンチサーバーとして活躍しながらも来季はアタッカーとしての成長が期待される太田義樹(商3=京都・洛南)らが出場。試合で練習の成果を試すことを待ちわびていたように思い切りの良いプレーを続ける。

高さを生かしたクイックで得点を重ねた加藤

 しかし、第2セットこそ奪ったものの、第3セットで試練が待ち受けていた。4年生を含む普段のスターティングメンバーは専田和也(スポ3=神奈川・弥栄)の除いた全員がベンチに下がり、下級生のプレーを見守る。そんな中、奮闘するも創造学園高の反撃を受け、接戦に持ち込まれてしまう。セット終盤に4連続ポイントで差を広げられるが負けずと4連続ポイントで追いつきジュースへ。意地でも落としたくなかったが最後は立て続けにミスで崩れ、1セットを奪い返されてしまった。第4セットはいつもの布陣に戻したワセダが再び猛攻。開始早々の5連続ポイントを皮切りに得点を重ね、最後は意気消沈する相手に7連続ポイントで試合終了。無事、1回戦を突破した。

 1セットこそ落としたものの、余裕を持った試合運びで勝利をつかんだワセダ。2回戦で待ち受けるのはVリーグの名門・サントリーだ。大学王者のワセダにとっても格上の強豪。易々と勝たせてくれる相手ではないだろう。しかし、サーブで崩し、磨き上げたコンビプレーで得点を重ねていくワセダのバレーを出すことができれば互角以上に戦うことはできるはずだ。「チャレンジャー精神を持って自分たちがやってきたことを出し切るだけ」(吉村)。一年間の集大成として力を試す絶好の機会。金星へ向け、気合は十分だ。

(記事、写真 中澤佑輔)

セットカウント
早大 25-14
25-21
26-28
25-10

1 創造学園高
スタメン
レフト 吉村康佑(スポ4=長崎・佐世保南)
レフト 専田和也(スポ3=神奈川・弥栄)
センター 濱松啓陽(スポ3=佐賀商)
センター 福山汰一(スポ2=熊本・鎮西)
ライト 七里幸洋(社4=大阪・清風)
セッター 山口頌平(スポ1=長崎・大村工)
リベロ 本間隆太(スポ4=神奈川・弥栄)
コメント

吉村康佑主将(スポ4=長崎・佐世保南)

――インカレ後すぐの大会ということでコンディションを整えるのが難しかったと思いますがいかがですか

インカレが終わって1日しか練習していないので、体力的にも疲れている部分はメンバーにあったんですけど、優勝したのでそれが自信になってコートの中できょうは出ていたので良かったと思います。

――いまこのチームでバレーをやっていて、すごく楽しいのではないですか

コートの中に入っていても楽しいし、試合の中で相手と戦っていく中で自分たちの技術アップにもつながっているのですごく楽しいです。

――高校生を相手に戦うのは難しい面もあったと思いますが

練習試合とかも何度かやらせていただいていたのでどういったチームかというのはわかっていました。勝つことは絶対だったんですけど、とりあえず自分たちのバレーをしっかりやろうということでそれがしっかりできていたので良かったです。

――メンバーを変えながらの試合でした。

僕と本間(隆太、スポ4=神奈川・弥栄)と七里(幸洋、社4=大阪・清風)という大事な部分が抜けるのでらいねんのためにこういった大きな舞台で試すことも必要なのかなと思って、それは僕ら4年とスタッフの方々で話してらいねんのメンバーを中心にやっていこうというのは決めていました。

――創造学園高のすごいと思ったところは

ディフェンスがすごく良くて、僕らもワンタッチとか取られていたしすごくブロックとディグの関係がしっかりできていたので見習わなければいけないなと思いました。

――あすはサントリーと対戦します

チャレンジャー精神を持って自分たちがやってきたことを出し切るだけだと思うので勝つか負けるかは別にしてワセダらしいバレーボールをやってそれを応援してくださっている方々に見せられたらいいと思います。

――具体的にどんなことをやりたいというのはありますか

どんどんがんがんサーブで攻めてブロックが決まる度にみんなでよろこんで、自分たちの持ち味であるサーブとブロックというのはサントリーさんにもすごく効くと思うのでそれが出せるように頑張っていきたいと思います。

――勝ちたいという気持ちは

勝ちたいですよ、それは。でも相手はVリーガーなのでそう簡単には勝たせていただけないと思うので。逃げに回ったら絶対勝てないし、チャレンジして全部ぶつかっていくしかないです。日本一になったという自信があるのでそれを強みに頑張りたいと思います。