メニュー

ラクロス部

2013.10.14

第26回関東学生リーグ戦 対明大 10月13日 埼玉・文教大第三運動場

最終戦は敗戦 ブロック2位でファイナル4へと進む

前半 後半
早大
明大
▽得点者
鳴澤、溝本、西村、名児耶

 関東学生リーグ戦(リーグ戦)ファイナル4に向け、全勝を目標に歩んできた早大。この日は、同じくいまだに負けなしで勝ち進んできた明大との一戦が行われた。初戦で当たる予定だった両校だが、雷の影響で順延となっていたため、強豪・明大との試合が早大にとってリーグ戦の最終戦となった。序盤から明大に主導権を握られると、1-4の3点ビハインドで前半を終える。後半開始直後に加点に成功したが、前半で開いた点差を縮めることができず、4-7で試合終了。全勝でのファイナル4進出は叶わなかった。

相手のパスをカットしようするG水谷主将

 前半開始間もなく、明大に連続得点を許してしまう。相手の積極的なパスをブロックできず、ディフェンス陣に緊張が走る。油断が許されない展開で迎えた中盤、点差を縮めたい早大は、一瞬の隙を見てゴール前へと突き進む。MF鳴澤眞寿美(社3=福島・富岡)がゴール左前からフリーシュートを決め、1-2と点差を縮める。だが、再び明大にボールを奪われると、勢いそのままにゴール前へ詰め寄られ失点。ここでタイムアウトを挟む。気持ちを切り替え、チャンスをつかみたい早大。相手ゴールへ接近しパスを回すが、惜しくもゴーリーに阻止される。AT西村佳那子(スポ4=東京・西)が果敢にシュートを狙うも、手強い相手ディフェンスを破ることができず、1-4で前半を終える。

 3点ビハインドで迎えた後半。この差を縮めたい早大は速攻に出る。鳴澤がゴールをめがけてボールを運び、チャンスが訪れる。迫りくる相手ディフェンスを潜り抜けたMF溝本ほのか(政経3=埼玉・早大本庄)がゴール右上をめがけてシュート。これが得点へとつながり、2-4へ。次いで、MF名児耶優希(スポ4=東京・大妻女)がパスカットに成功し早大に主導権が移るが、明大の守備は堅い。その後は、明大に3連続得点を奪われる展開。だが、中盤に差し掛かると、再び早大にボールが移る。鳴澤が中心となってパスを回すと、西村がゴール裏から回り込んで追加点。さらに名児耶がパスを受けショットを決めたが、追撃はここまで。4-7で試合は終了し、強豪を相手に惜しくも敗戦となった。

DFながら前線にボールを運び好機を演出したDF佐藤美

 「リーグ戦全体を通して内容はよかった」と振り返る川上順久女子部ヘッドコーチ(平10理工卒=東京・早大学院)。ブロック戦の最終戦で黒星を喫したが、強豪相手に勇猛果敢に臨めた試合だった。「一から出直してファイナル4を勝ち進んでいきたい」と水谷主将も語るように、目線はすでに先を向いている。試合を重ねるごとに成長をしてゆく早大。どこまで突き進むことができるか――。まずは関東制覇に向けて、し烈な戦いがここから始まる。

(記事 久良佳菜子、写真 荒巻美奈)

コメント

川上順久女子部ヘッドコーチ(平10理工卒=東京・早大学院)

――試合を終えての感想を

厳しい試合になるとは思いましたが、ディフェンスからオフェンスにかけて相手が想定以上で自分たちのやりたい攻めができませんでした。

――この明大戦は初戦に予定されていたものですが順延でファイナル4が決定した後に迎えることになりました。どのように臨まれましたか

ファイナル4が決まった中での試合だったので冷静にと。ただどういう試合運びをしていくかは難しいところでしたね。

――良かった点と課題となった点は

攻められる時間が思ったよりは短かったのはよかったです。ただもっと気持ちを全面に出してプレーできるようになることが課題だと思います。

――ブロック戦全体を振り返って

きょねんは全勝で、ことしはきょう1敗してしまいましたが、リーグ戦全体を通して内容はよかったと思います。次のファイナル4の試合が楽しみな状態だなと思います。

――ファイナル4以降の試合に向けてどのような調整をしていきますか

もう一段個人のレベルを上げていく必要はあると思います。次を勝って去年以上の成績を収めたいと思います。

G水谷菫主将(スポ4=東京・青稜)

――きょうの試合を振り返って、率直な感想を

明大は練習試合で今まで勝てていませんでした。(きょうも)負けてはしまったんですけど、春に比べると(力の差が)詰まっていたという印象でした。

――前半は明大が優勢でしたが、ディフェンス面を振り返っての印象はいかがでしたか

そうですね。ボールを長く持たれるシーンが多かったんですけど、ディフェンスが悪かったという印象はなかったです。

――後半は早大が連続得点を決める場面がありましたが、パスからシュートへと上手く展開できた印象ですか

前半はボールを持たせてもらえなかったんですけど、そこからしっかりとディフェンスから(攻撃へと)少しずつつながったのかなと思います。

――次に向けての目標をお願いします

次に負けたら終わりになってしまうんですけど、2週間近くあるのでそこで詰めて、一から出直してファイナル4を勝ち進んでいきたいと思います。

AT西村佳那子副将(スポ4=東京・西)

――明大戦にどのような意気込みで臨みましたか

すでにファイナル4に進むことは決まっていたので、基礎で圧倒したいという話をしていました。

――試合を振り返っていかがですか

パスのクリア部分が上手くいかず、課題が明確になったのでそこは良かったです。次回までに改善します。

――明大ボールの時間が長かったように感じました

それは想定内でしたが、私たちの時間をもう少しコントロールして長くできたはずでした。チャレンジしようとしすぎて、逆にディフェンス時間が長くなってしまって、(プレーの)精度が低かったです。

――ご自身のゴールシーンを振り返って

落ち着いてフェイクを入れてシュートを打てたのは良かったんですけど、なかなかボールが触れなかったです。

――ブロック戦を終えて

きょねんは全勝でリーグが1位通過だったのですが、ことしは2位になってしまいました。最終的な目標が日本一で、それを達成しないと引退できないなという気持ちです。

――ファイナル4では慶大、また明大と再び対戦することになると思いますが

主に気持ちの問題で、今季は早慶戦に一度も勝っていなくて、明大にも勝てていないので、格上の相手にいかに挑めるかということがきょうの課題でした。またこれからも課題になっていくと思います。まずは気持ちで負けないということをチームで確認したいと思います。

MF名児耶優希(スポ4=東京・大妻女)

――この試合を振り返ってみていかがでしたか

課題が明確になった試合だと思います。ボールをうまく運べなかったですね。前半は1回しかちゃんと攻撃できなかったです。ボールさえ運べたらというのがあります。あと、課題の他にも自分たちが通用するところが見つけられたので、そこは良かったと思います。

――ボールを運べなかった要因はどこにあるのでしょうか

低いラインで相手がプレッシャーに来る中で、広い視野を持ってプレーできなかったことですかね。

――通用すると感じたところはどこですか

もう、ボールを奪いにいくところですね。相手が引いて守っていた感じだったので、そこは通じたのかなと思います。

――この試合に向けて意識してきたことはありますか

いつも通りやって全勝で突破しようという意気込みでやっていました。

――得点シーンを振り返ってみていかがでしたか

珍しくしましたね(笑)。普通に一対一を仕掛けたら抜けたので、相手のディフェンスを崩せた得点だったと思います。

――リーグ5戦を振り返って、チームの調子はど変わっていきましたか

だんだん良くなってると思います。何がよくなってるかは分からないんですけど、最初のころに比べたらチームのレベルが格段に上がってるのを実感しています。

――ファイナル4に向けて意気込みをお願いします

課題を克服して絶対勝ちます。

MF鳴澤眞寿美(社3=福島・富岡)

――きょうは雨で延期となった明大戦ですが、どのような準備をされてきましたか

雨で中止となった期間から約2か月きょうのために準備期間がありましたが今のところ1番強いチームと当たるわけで、ファイナル4が決定しながらも現時点でどれだけ戦えるのかが分かる最初で最後のチャンスだったのですごく緊張していましたが、やってきたことは8割は出せたかなと思います。

――きょうの試合自体は

指導者からの話にあったように気持ちの部分でまだまだ日本1への想いとか絶対に勝つという気持ちの問題と。あとは技術的なところでもまだまだだなと。点数でいえば50点くらいの試合だったかなと思います。

――攻められる時間が多かったようですが、どのように戦っていましたか

組織的な守備というところもあったので、それがどれだけ通用するかということと。ともにその時間が続くと勝てないなということが分かったので1つのボールの大切さとルーズボールの処理の大切さというのを感じました。

――得点シーンを振り返って

あれは良いタイミングで仲間がパスを出してくれたので決めれたので、ほんとにラッキーシュートだと思っていてまだまだ個人力が足りないなと感じています。

――きょうでリーグ戦は最後でしたが全体を振り返って

昨年と同じ相手と当たって全勝で終われなかったのは残念というその一言に尽きるのですが、幸いにもファイナル4という舞台を手に入れることが出来たので今回はしっかり勝ちたいと思います。

――次はファイナル4となりますが、どのように戦おうと思っていますか

勝つしかなくて、負けたらシーズン終了で。私は4年生じゃないから来年はあるといってもそういう気持ちでは全然なくて。全部勝つ、それだけです。