野球部

2013.11.29

冬季オープン戦 11月17日 早大東伏見グラウンド

中村ワセダ初陣を勝利で飾れず

TEAM
拓大
早大

 新チームとなり、先日中村奨吾(スポ3=奈良・天理)の主将就任が発表されたワセダ。来季の賜杯奪還に向け、初陣となる拓大との冬季オープン戦(オープン戦)に臨んだ。先発の竹内諒(スポ1=三重・松阪)が立ちあがりを攻められ3点を失う。5回に2点を返すも終盤に追加点を許し、2-5で敗戦。中村ワセダは黒星スタートとなった。

 鮮烈な印象を残すことはできなかった。先発の竹内は秋季リーグ戦で初登板を果たすと、秋季新人戦では好投。来季以降さらなる活躍が期待されるルーキー左腕だ。この日は初回から無死一、二塁のピンチをつくる。それでも続く打者を三振に斬って取り、立ち直りの兆しが見えたかに思えた。しかし、その後は2本の適時打を許しこの回2失点。ボールが先行し自らを追い込んでしまった。2回にも追加点を奪われ、降板した竹内。球威のある直球を投げ込んでいただけに、制球面での課題が浮き彫りとなった。

2回3失点と先発の役割を果たせなかった竹内

 つながりは欠いたものの、随所に良さが見られた。早大打線は序盤から走者を出しながらも、得点圏であと一本が出ない展開が続く。5回に敵失が絡み2点を返したが、その後も拓大投手陣を捕えることはできなかった。そんな中、重信慎之介(教2=東京・早実)が三塁打を含む2安打。中村主将も持ち前の力強いスイングで三遊間を破るなど、各選手が鋭い当たりを見せたことは収穫だろう。

 新主将の背中に光る背番号『10』には初々しさと頼もしさがあった。4季ぶりのリーグ戦優勝へ向け、中村にかかる重圧は大きい。厳しい寒さの中でもベンチからは活発な声援が飛び交っていた。選手全員が支え合い、この重圧をはねのけてくれることだろう。まずはオープン戦で新たな課題を見つけ、冬場の鍛錬に備えてほしい。

(記事 市川祐樹、写真 荒巻美奈)

※オープン戦は即日に掲載できないこともあるので、ご了承ください